CHOCO★BLOGG 所変われば… パーセル配達! その2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

所変われば… パーセル配達! その2

前、ミクシィにアップしていた日記です。
アルゼンチン到着部分から、ブログに移しています。

これは、

所変われば… パーセル配達!

の続きです。



今日で、パーセルがグラスゴーを出てから、1週間。
ユーピーエスの航空便だから、1週間以内には着くはずだった。
多少遅れたとしても、さすがに今日くらいには…なんて思って、インターネットでトラッキングしてみたところ…

CUMBERNAULD, GB

TAMWORTH, GB

STANSTED, GB

LOUISVILLE, US

MIAMI, US

SAO PAULO, BR

BUENOS AIRES, AR

とすごいいちいちいろんなところを回って南下してきていた。しかも、当たり前なのかもしれないのだが、その土地土地で、いちいち到着スキャン、出発スキャンなどのチェックをされてた。

た、たかが、どうでもいい、私物一箱のために…!

ブエノスアイレスについてからは、アライバルスキャン、インポートスキャン、アンロードスキャンなど、10個くらい意味のわかんないスキャンを通り抜けていて、

今朝確認したときの最後のメッセージが

「ADDITIONAL CUSTOMS CLEARANCE PROCESSING IS REQUIRED FOR FORMAL ENTRY SUBMISSION」



な、なにそれえええ。怖いよぉおおお。なんかドラッグでも送ってるみたいじゃんよぉおおお。

でも、きっとオーラスまで物事は進んでいるので、今日の午前中にはどちらにしても、配達されてくるはず、と予想していた。

しかし。

今朝に限って、保安官は授業があり、大学へ…

(だいたいいつもは授業は夜なのに)

帰ってくるまでには来ないといいなぁ、

(インタフォンに出たところでスペイン語がわからないので…涙)

と思いつつしているところへ、ブザーがなった。

やっぱり、来てほしくないナァ、なんて思ってるときは、そう来るよな、普通。

でも、どうせパーセルなら、さすがのスペイン語難民の私にでもわかるだろうと、ヤケクソで、インタフォンにでる。

保安官の名前を確認されて、はい、と言ったまではいいものの、その後に続くセンテンスが長過ぎて、全然意味不明。つうかなんでパーセル到着ごときでそんな話が長いんだ!もしかして違うのかも…と思って、頭混乱したまま、インタフォンをぶちっときった。

こわいよー
はやくかえってきてー


と思っているうちに保安官が、管理人からゲットした不在届けを手に帰ってきた。

UPSが残したピンクの紙には、何故か

米ドル24.20チャージします

と書いてあった。なんだよ~やっぱり金とるのかよ~!

すぐさま保安官が各所に電話を入れると、

「洋服が、しかも古着が入っているのでお金がかかる」

という話だという。

2人とも、

????????

もういきなり意味がわからない。

何度か色んな関係箇所への電話のあと、とにかく、エセイサ空港まで、パスポートとその不在届けをもって、荷物をとりにこいと、いう事実が、相手側のメインの訴えであることが発覚。

でました!(実は結構、予測してあった)最悪のパターン!カスタムまでいかなくちゃいけないんだ!

アルゼンチンのバカー!!!

しかも、1日経つごとに、保管料が追加されて、どんどん超過金が増えてくという。仕方がないので今日いくことに… しかし、ブエノスアイレスの空港までは、ここからローカルバスで行ったら2時間くらい。そんだけ苦労していけば、2ペソくらいで超激安でいけるけれど、片道2時間、18キロの荷物をとりにいくのはつらすぎる。一度は、バスで行こうと家をでるが、バスはやめて戻ろうよ…と私がもちかけ、いったん家に帰る。

やっぱりお金を払ってでも、何か合った時のために、タクシーでいくことにする。

この国の人たちは100キロ以上だして、ぶんぶん飛ばすので、(いやぁ、単に高速とおっていくから、って話も…w)タクシーでいけば、空港まで30分くらい。しかも、用事が終わるまで空港で待ってくれる。もちろんお金はかかるんだけど。

意味のわかんないことで、たくさんお金を払って空港までいって、さらにお金をはらって既に130ポンドも払った箱をひきとりに空港までいくのだと思うと、なんだか腹がたってきてくやしくてしょうがない。しかも、自分には今収入はないし、これからも収入があるめどは当面全然たたないし、お金はあるっていったって、保安官だってまだ大学生だし、意味のわかんないことにお金を費やしたくはない。保安は、水曜日提出の課題があって、それをやんなくちゃいけないし、夜は7時から大学があるし…とかいろいろ思ってたら申し訳なくなってきたのと、なんでこんなことでお金とられるんだろうというので、むしゃくしゃしていて、くやしくて、ぶつぶついっていた。

それなのに、保安官は、まぁ、そう落ち込まないでよ、元気出しなよ、多少はお金はかかったって、荷物届いたんだから、今日とりにいくんだし、大丈夫!という。

「それはそうなんだけど、こういう意味のわかんないことにお金出したり、保安だって課題があるのに、時間を無駄にさせちゃって悪い気がしちゃってそれが一番むかつく」

といったら、

「そんなこといったら、僕だって、自分がゲームやって遊んでるときとか、テレビみてる間に、とんちゃんが台所で何か作ってたり、掃除してたりすると、自分がやってる分が足りないかもって、申し訳なく思う」

「そうなんだ…ありがとね」

と言ったら

「そうそう、いいじゃん、意味ないことに無駄遣いとかそんなの気にしなくていいんだよ~!僕たち2人、チームなんだから!」

と言ってくれた。

はっきりいって感動した!

チームかぁ…

保安官は、いろいろ一緒に2人で作っていくんじゃないか~
こんなことなんでもないよ~ 2人でひとつなんだからさ~

と前向きに話してくれて、私のイライラを受け止めてくれた。
しかも、押し付けがましいわけでなくて、なんてことなく、普通に、カラッと明るく。

この人ほんとに10歳も下なんだろうか(笑 自分どんだけ子供…(笑

保安官にあえてよかった。

とかのろけている場合じゃなく…

(いやでも本当に感動したの)


まだ続く。続きは、その3へ…


最後まで読んでくれてありがとう。
↓ポチっとしていただけるとやる気がでます。コメントも、気軽に残してくださると喜びます☆

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング
関連記事

テーマ : アルゼンチン
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

Secret

フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
249位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
9位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。