CHOCO★BLOGG 昨日の続き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の続き

えっ、昨日の続き!?マジ~?ウザ~っ!って自分で思わずつっこんじゃいましたが。。。

実はこの日記は、自分の個人的な、他の人の目からみたら、わずらわしいかもしれない経験も書いたし、公開しようかかなり迷いました。迷って迷ってその前に一晩寝たのですが、なんとなくけじめをつけるためにも、やっぱりアップすることにしました。今日は、昨日からの続きで、まとめみたいなことで、いつにもまして最強にダラダラやるので、たぶん目が疲れると思うし、ああ、また?もういいよ、うざい、って思う人は、ぜひスルーしてください。

(あ、てか、そんな人はもうとっくの昔に来てませんよね…笑?私ってバカ…)

昨日はお騒がせしました。
でも、なんか、書いてみてよかったなぁと思います。やっぱり自分の心の中でなんとなく色々思っていたこと、整理がついたし、読んでもらって、様々な視点から思ったことをコメントしていただいたりした中から、

別にみんながみんなそうなわけじゃないし、大丈夫。

もしかして、国民性とか、そういうの全然関係ないのかも。

(でも私、2000年に日本を後にするまで、どの国民がどうの、っていう先入観、全くなしで出たんですが、そのあと、自分の暮らしから、世界の国民性についてある程度ビルドアップしていったので、実際、ある程度のステレオタイプはある、と思ってます)

やっぱ、普段どおりにガンバろ~とか思いました。なんていうか、カッ!となるっていうか、それ違うんじゃないの?って思うところがあるっていうことは、もしかして自分にも引け目があるのかもしれません。というかそうだから、何か思うんだと思うんです。

例えば、楽観的に物事を書いている人たち(でもしかし本当に成功している人たち)に対して、攻撃しているような人たちをみて、なんだこいつら~!おまえらなにさま~!!って思うのは、

もしかして、自分がいつも楽観的で、おめでたいやつで、のほほ~んと毎日生きていることに、どこかで引け目を感じてるところがあるのかもしれない。日本人の悪いクセというのか、人と比較して、もっと頑張って、努力して、苦労して、ど根性で、人より秀でないといけない、ってどこかで思っているのかもしれない。

例えば、「この本書いてる人、頭悪いよ~全然勉強してないのに、ヘタなこといってんよ~」とバカにしている人には、自分が、ちゃんと日本で一流の大学行って勉強せず、なんとなくイギリスで三流大学行っちゃったことに対して、引け目があるのかもしれない。まともな知識が全然ないことに、劣等感があるのかもしれない…

などなどです。

色々な考え方ができます。ひとつのものごとは、色々な方向から見ることができます。

でも、これからも、自分がこれでいい、と思った道を、なんとなくでもいいんで、ジュンスカ(古)じゃないですけど、自分らしく歩いていこうと思います。別に人と同じでなくてもいいし、ぼんやりしてるよね、マイペースだね、って他人から言われたとしても気にすることないや。いわれたことないけど。。。どっちかっていうと、なんかテンション高い、パワー炸裂してる人に見られちゃうんだけど、なんでだろう?本人的にはすごい弱いんだけど。

ま、自分と、周りの人たちが幸せならそれでいんだからね。それで、他の人たちも巻き込んで幸せになったらいいのに、って思うのはまだ、凡人の欲で。ブッダレベルくらいまで行って初めて実際できることで。

アルゼンチン人が、ってなんでも一般化してしまうのも、スコットランドに住んでいるときからそうでしたが、気をつけて書きたいと思います。当たり前なんだけど、私が書いているのは「私が見たアルゼンチン」「私が見た日本」「私がみた色々」なわけで、それが本当なわけではありません。人によって見方はそれぞれだろうし、今日は雨降りだからやだな、って思う人もいれば、今日が雨降りでよかった、って思う人がいるのと一緒で。でも、自分が書いたことを目に留めてもらって、それに共感するでも、反論するでも、何かコメントをいただける、っていうのは幸せなことです。自分の成長に人が力を貸してくれてるんですから。

でも、私が言いたかった最大のポイントってのが実は、人の基本精神がポジティブか、ネガティブかっていうだけの違いで、すごい色々なことに影響を与えちゃう、ってことで。というのも、自分がそういう経験をしたので。スコットランドにいたときも、すんでいたグラスゴーがいやでいやでたまらないときがあって、もう日本に帰りたくて、でも帰るに帰れずに、毎日グラスゴーの文句を言っていた。本当に何もかもがいやで、文句ばかりでした。一緒に住んでいた自分の彼のこともいやでたまらなく、自分が嫌なんで、その彼のこともすごい嫌で、仕事もいやだし、周りの友だちのことですら嫌。毎日その彼に文句を言うわけです。今思えば、文句ばっかりいっていて、別に何も行動に移さないの。そして自分はすべて棚上げで、すべては人のせい。そして人のせいにしてばかり、文句をいってばかり、でますます自分が嫌になるという悪循環。。。何もかもうまくいかない生活に文句をいっていた自分、周りの人の弱点を見つけては、ちくちくたたいていた自分、人のことも自分のことも愛せなかった自分、そういう自らの態度が、生活を破綻させていたとやっと気づいたのは、悩みに悩んで、考えに考え抜いたあげくの果てに、ある時雲が晴れるように、自分の考え方がすっぱり変わったときでした。結局彼とは、散々なドラマの後に別れましたが、お互いその後成長して、別れたけれど意味のあった付き合いだと認めるところまでいけました。

運命みたいに、急に雲が晴れるような人生のステージがあって、まるで何かが自分に降りてきたように、ポジティブになってからは、グラスゴーのことも大好きになって、毎日の生活もいきいきしてきて、身のまわりに、もっと素敵な人たちが集まるようになってきて、びっくりするほど嬉しいハプニングがたくさん起きるようになったり、驚くほど人生がスムーズに進むようになったんです。そうなってからは、仕事仲間や友だちのことも、前よりずっとずっと大事にできたし、何よりも自分に自信がついて、毎日が安定して、楽しくなった。今まで、うまくいかなかった人たちと、楽しく話ができるようになったりさえしました。もしそれができなくても、嫌だな、と思う人たちから、少なくとも何か学び取れるようになった。さらには、何かワクワクすることが起きる前兆を、なんとなくつかめるようになった。だから、前向きな考え方って、考え方だけじゃなくて、実際に起きることも変えちゃうんだ、って体で理解できた。でも、そうやってポジティブな考え方に、自分の基本的なアティテュードを変えられたのは、それまでに、悩んで悩んで、一つ一つの事情について、じっくりと考え抜いたから、自分と向き合ってきた、その時間が合ってこそともいえます。そしてポジティブになれたあと、すべての回りの出来事、社会が悪い、人が悪い、私はアンラッキーだ、と思っていたことは、すべて自分が呼び寄せていたことなんだとわかりました。要は、自分の周りで起きているネガティブな出来事は、すべて自分のネガティブな考え方が引き寄せた投影だったんです。

そのあと、保安との恋愛が始まると、もっともっといい方向にすべてが進んでいって、驚きの連続でした。愛は人を変える、動かす、なんてキレイごとだと思っていたけれど、そうじゃなかった。でも、幸せをもっと大きくできたのは、まず、自分の感情の変化ありき。自分で、自分を変えよう、変わろうと、努力して、勇気を持って一歩踏み出して、考え方を変えたから。待ってるだけじゃ、文句いっているだけじゃ、ダメなんです。自分で気づいて、よし、今日でもう、昨日までの自分とはお別れ、ってきっぱりmove onしなくては、自分の努力なくして、幸せは降ってこない。私は、まず自分の改革があったから、保安と一緒になれたのであって、保安と一緒になったという出来事だけが私をポジティブにしたのじゃないということが、はっきりと言える経験をしました。

逆に言えば、毎日ポジティブに頑張って暮らしている人たちには、絶対幸せが来る、というかそれ自体が、もう幸せなことなんですよね。時々考えます。なんで自分は幸せなのか。自分が幸せだと信じ込んでいるから幸せなのか。自分の考え方が変わったからそう思うのか。昔みたいにネガティブに考えていたら、やっぱり不幸せなのか。

きっと、どっちもそうなんだと思います。

そういう経験もあって、なんか、後ろ向きばっかりに、悪い方向ばっかりに、ものごと見たり、考えたりしている人みると、なんとなく、イライラしちゃう。ばっかじゃないの、って昔の自分みるように、思っちゃう。もったいないなぁ、少しの気持ちの改革だけで、すごい楽しくなるのにって。。。でも、「日本の社会が」って一言で言っちゃうと、語弊ありまくりなんですが、それを前置きした上でいうと、「日本の社会や伝統」って、ネガティブにものごとを考えやすい場所だと、たぶんそうなんだと思うんです。ほんの少しながらですが、世界を見てきた後で、思うことです。

ラッキーな人は、そんなこと、最初からわかっているのかもしれません。例えば、それが、私がみたアルゼンチンの人たちだったりするわけで。だから、日本という社会とか、環境が、心が弱くて自信のない、ネガティブな人間を作りやすいところなのかも、って思ったわけなんです。全員がそうなわけじゃないんです。ただその傾向があるように感じるだけ。だって自分も紛れもなく日本人なわけで、ここまで気づくまで、すごい時間がかかったから。でも、気づこうとすらしていない人もいるし、気づくってなんのこっちゃ、って思う人だって世の中にはいるんだと思います。

そういえば、私最近、ツイッターをもうちょっと頑張ろう(?)ってやってるんですが、私がフォローしている人の中に、吉田戦車さんと、和田ラジヲさんと、本秀康さんと、田口ランディさんがいるんですね。そんで、田口ランディは、なんかだいたい暗いことばっかり言ってて、イライラチクチクするんです。だからもう、フォローやめようと思ってんだけど、いやだと思いながらも、心に響くところが無きにしも非ずで、少しほっておいてる。でも、いやぁな悪いエナジーばっかり文字から受け取れる。それはきっと意味あって、やっていること、たぶん彼女がやらなければいけない使命のようなものなんだけど、彼女は基本、世の中から、ネガティブなことばっかり探し出してるんです。ある時、吉田戦車、和田ラジヲ、本秀康と3人勢ぞろいで、なんとなくとぼけた、ゆる~い感じのコメントの中に、田口ランディがあって、こう、なんてか、ブスブスと、とげが刺さるような、や~な感じが特に目だって。前述の3人は、どちらかといえば、意識して世の中から面白いことをピックアップして人生楽しんでいる、いい例の人たちだから。

なんかうまくいえないんだけど、やっぱやだ、って思った。やっぱゆる~く自分のペースでいったもん勝ちで、明るく楽しく元気よく生きて行ったほうがよっぽど幸せで、何でもうまくいくんなら、そうやってまだできてない人たちに、伝えたい。もちろん、世界の暗いところや、自分のネガティブな部分、社会の病んだところに、焦点をあてて、それを考えることはとても大事なこと。でも、ネガティブな感情というのは、ネガティブを呼ぶんです。その代わり、ポジティブなことはポジティブを呼び続けるので、できるだけポジティブに生きていくことによって、他の人も巻き込めて、結果的に幸せの輪が広がる、本当にそんなことありえない、って気づくまでは思っていたけど、結構世の中ってシンプルで、この方法、通用する。

(それでも、やっぱり、悩むときも、落ち込むときもありますけど、意識改革の後、そういう時の立ち直りも早くなりました)

だから、本当は自分のブログに書いても、ここに読みに来てくれるような人たちは、そんなこととっくにわかっているので、仕方ないのに、なんかそういうことがいいたくて。ほんとに、少しの気持ちの持ち方の違いや、物事を見る角度がちょっぴり違うだけで、すべてのことがうまくいくようになるんです。ホントに魔法みたいで、不思議なんだけど。私、ネガティブな気分にいたときに、周りの友だちで、それを教えてくれようとした人がたくさんいたけれど、言われても、なんのことか、はっきりとわからなかった。幸せもののたわごとだよ、と思っていた。結局のところ、自分がそういう時期を、自分の体験として経験するまで、頭ではそうなんだろうと思っていても、体で理解できなかった。だから同じことで、田口ランディに、(しかも私のような凡人が)言ったところで、たぶん彼女はわかんない。言わないけど(笑。

話ちょっとそれるけど、自分がわからなかったとき、まぁ、まぁ、考えすぎずに、って放り出さず、私のいうことに耳を傾けて、聞いてくれた後に、それでもなんとかして私に伝えようとしてくれた友達は、きっとホントの友だち。だからこれからもずっと大切にしたいし、何かあったときには、恩返ししたい。私もそうやって、たくさんの人に支えられて成長してきたから、わたしができることあれば、誰か他の人にでも、還元したい。

なんていうか、自分が、悪いほうに悪いほうに、考えていたときのことを思うと、もっと早くこれに気づいていればよかった、と思うので、文句ばかり、悪口ばかり言って無駄時間を費やしている人を見ると、だまってられなくて。おばさんのおせっかいだ、ってことは重々承知なんだけど。

人の感じ方や、生き方は、十人十色なんだから、人それぞれにほっておいてあげればいいんだけどね。ほっておいてあげるというか、自分の心に余裕があるなら、理解してあげる。それが一番の、優しさなんだと思う。たぶん、自分にとっての次のステップは、そこなんだと思います。許容力。寛容さ。心の広さ。仏様や神様がすべてを最終的に許して受け入れてくれるように。それでも、人の中には、共感できるな、こんな風に私も生きたい、って思う人もいれば、こんな風にだけは絶対になりたくない、っていう人もいるわけで。

てか、私、別になんか怪しい宗教にだまされてるとかじゃないですよ(笑。神様、って何かいるのかもしれないし、仏教は素晴らしい考え方だとは思うけど、別に無宗教です。こういう感覚って、やっぱ自分は神道の国に育ったんだナァって思います。そこらじゅうにいろんな神様がいて、それを信じている感じ。でも、世界中の宗教って、結局のところ、基本的にはみんな同じこと言っていて、筋がとおっているらしいですよ。でも、それを「宗教」とか「○○の神」って偶像化して、わかりやすくしないと自信がもてないのは、人間の弱さなんだそうです。

昨日はちょっと迷ったけど、書いてよかったです。コメントくれたみなさん、ありがとうございました。それだけじゃなくても、「なんだろう、この人頭おかしいこといってんだろ」と思いながらでも、読んでくれた人いたら、ありがとうございました。

今日はそのフォローアップみたいになっちゃいましたけど…

明日からはまたいつもどおり、アホ路線でいきますので、どうぞみすてないで~~~。
本当にアホだから、こんなどうでもいい、当たり前のこと書いてるんですよ、私!!



前、ミクシィにアップしていた日記のうち、ブエノスアイレス到着時のものからだけ、ブログに移しています。

(…全然役立つ情報のってませんが?w)

ま、まぁ…汗。気が向いたら、読んでみてください。

いろいろ新鮮 その2


最後まで読んでくれてありがとう。
↓ポチっとしていただけるとやる気がでます。コメントも、気軽に残してくださると喜びます☆

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング
関連記事

テーマ : 思ったことを口に出しますがなにか?
ジャンル : その他

コメントの投稿

Secret

ボジティブ

とんちゃん、こんにちは。
今日もなかなか読み応えがありましたよ!

とんちゃんはやっぱり日本を出てるから、
色々と気付くことが多いのだと思います。
私なんか、海外は旅行程度だから、
「楽しかった」だけで終わるからね。

とにかく、マイナスはマイナスしか呼ばない。
ボジティブにv-363だよね。
自分がポジティブにいる時はいい人を引き寄せてる
気がする。やっぱり。

でもね、ブッタにも嫌いな人がいた、って。
何かで読んだことがあるよ。
完璧じゃなくてもいいと思う。

とんちゃんはとんちゃんらしく、
いつも明るく前向きなとんちゃんでいてくださいv-354

ポジティブな人は、やっぱりきらきらして見えますよねv-352

なんか、私はとんちゃんさんが通過してきた道の半分くらいの地点にいる気がします。とんちゃんさんの言いたいことは、ほんと~によくわかります。そうなりたい自分がいます。
基本ポジティブでいるようにしているのですが、ネガティブ子さんな自分が(笑)、ちょくちょく顔をだします。その回数を、もっと減らして、毎日楽しく、前向きに、いきいきと生きたいものです。なんか、自分のこと書いちゃってごめんなさい。

つまりは・・・こういった学び途中の人間もいるので(笑)とんちゃんさんの記事は、素晴らしいということですv-352
なんか、頭弱い子的なコメントになっちゃってごめんなさい。
(実際弱いですが・・・v-356

またきましたー

はぁ~ やっと読み終わった(笑

すぐには言葉も出てこないけど
どんなところにいても幸せを感じられるためには
自分が変わらなきゃいけないんですね。
人が与えてくれるものじゃないみたいですね。

ネガティブだと、差し伸べられた手の温もりさえ解らないかも。

日本は、どこもかしこもギスギスしているようにおもいます。
横綱だからといって、国をあげての批判の嵐
服装が悪いといって、これから競技に挑もうとしている
アスリートを寄ってたかって追いつめる。

そりゃ、悪いことは悪いのかも知れないけど
国を挙げて怒るようなことなのかしら? と思っちゃいます。
まぁ、これはマスコミの影響も大きいのでしょうけど
それに乗っかっているのは大衆だもの。

日本にいると ときどき、緊張感が足りないという言葉を聞きます
そんなに緊張していなきゃいけないのかしらね(^_^;)

日本の自殺者は年間3万人・・・
お金持ちで便利な国なのに幸せを感じている人は
少ないように思います。
稼いだお金は、ほとんど教育費と老後のため

それなのに、若者は意欲を無くし、老人は孤独で
不安を抱えている。

国全体が鬱病にでもかかっているようにネガティブで
閉鎖的で思いやりが無くて・・・・

あ~愚痴ばっかり(笑

さぁ、ぼくも とんちゃんみならって
ポジティブになれるようにがんばりましょ(^_^)v

こんにちは!

>人の基本精神がポジティブか、ネガティブかっていうだけの違いで、すごい色々なことに影響を与えちゃう
↑本当にそうだと思います!

また、ポジティブさって本当に大切ですよね!!!

また、言葉も大切で、
いい言葉を発すると、行動もプラスになったり♪

おっしゃることに共感します。
あの世に天国と地獄があるのではなくて、この世に
心ひとつで天国と地獄になってしまうのでしょうね。
不幸な人はどんな恵まれた環境でも不幸に思えてしまうから不幸なんで、幸せな人はその反対ですね。
それにしても人に愛されている、愛する人がいるという事実は非常に大きい心の支えになります。
私も主人に出会ってから人生バラ色(に見えるようになった)です。
いつかお逢いして、色んなお話出来たらいいですね。

昨日の記事もそうでしたが、とても共感して読みました。

「わかっているかわからないかで、大きく違うとても大切なこと」

伝えてくれてありがとう!

この大切なことを一人でもたくさんの人に伝えたい。イライラしちゃってる人やネガティブな人にも。もちろんわかっている人にも。
みんなみんな幸せを感じてほしいっていうとんちゃんのやさしさが伝わってきました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

恋愛論

きっと大恋愛だったんでしょうね。保安っていっしゅん、保安官かと思いました。素敵だな。

アルゼンチンってスペイン語なんですね。イギリスでもスコットランドなんて魅惑的な場所で恋が芽生えたのか。。

ほおほお。。。

とんちゃんにとってスコットランドが運命の転換期だったのかなあ。8年前、とんちゃんはまさかアルゼンチンで住むなんて夢にも思ってなかったですよね。

僕の8年後、どうなってるだろう。



Re: ボジティブ

★ぴよこさん
こんなに長くなっちゃったのに、最後まで読んでくれてありがとう!

> とんちゃんはやっぱり日本を出てるから、
> 色々と気付くことが多いのだと思います。

それはあるのかも。いろいろ比べるところが出てくるんですよね。逆に外に出たことで、渦中にいたときより日本がクリアに見えてきたり。落ち着いてものごと考えられるようになりました。逆に、いいところもたくさん見えるようになったし。

もともと、どうでもいいことを色々考えたり、悩んだりするの好きな性格っていうのもあるんだけど(笑。で一人で結論だして、よしわかった、とかやっているという。。。ようするに「暇」なんです。あはは!考える暇がたくさんあるんでしょうねぇ~。って他人事みたいですが。ギリシャの哲学者たちなんて、今思えば、仕事してないぼんくら、で無駄なこと考えてばっか、みたいなのが多かったですし、もしや「ニート」とたいして変わらないんじゃ…とか時々思うけど。今の「ニート」でネットで超有名人の人とかも、将来もしや「哲学者」として名が残るかも…いや、結構冗談じゃないかも…今すごいこと発見しちゃったかも…だてに暇じゃないな私…と思って、ネットで検索してみたら、もうすでに同じこと言ってる人がいた(笑。やっぱ、みんな暇だな~!あっはっは!!

> とにかく、マイナスはマイナスしか呼ばない。
> ボジティブにv-363だよね。
> 自分がポジティブにいる時はいい人を引き寄せてる
> 気がする。やっぱり。

やっぱりそう思います?これ、不思議ですよね。よく、説教臭く、そういうこと書いた本があったりして、若い頃は、何いってんのこの人たち、意味不明、とか思ってたけど、自分が実際経験してみると、ほんと不思議でたまりません。

> でもね、ブッタにも嫌いな人がいた、って。
> 何かで読んだことがあるよ。
> 完璧じゃなくてもいいと思う。

え~ブッダにも嫌いな人いたなんて!結構驚き。そう、完璧じゃなくていいんだよね。ありがとう。人間だし、ダメなときもある。これからも、適当に頑張るくらいで、ボケーと明るく生きていきます!

Re: タイトルなし

★みっちーMさん
> ポジティブな人は、やっぱりきらきらして見えますよねv-352

ほんとそうですよね!でも、自分が最悪の事態にいるときは、すごいポジティブな人が回りにいると、「なんだこの人、なんかやだ、なんかやだ、なにこのプラスのビーム」って思ってすごい嫌悪感わくことないですか?私は、自分の基本部分がくら~くどんよりしていたときはそうでした。だから、ある程度の自分の意識が必要なんですよね、まず。

> 基本ポジティブでいるようにしているのですが、ネガティブ子さんな自分が(笑)、ちょくちょく顔をだします。その回数を、もっと減らして、毎日楽しく、前向きに、いきいきと生きたいものです。なんか、自分のこと書いちゃってごめんなさい。

いえいえ、とんでもないです!じゃんじゃん自分のこと書いてください。むしろ私は、それでみっちーさんの考えとかもわかって参考にもなるし、私が書いたことで、みっちーさんが心を開いて何か思ったりするところがあれば、とても嬉しいです。

私も、今となっては基本ポジティブですけど、みっちーさんと同じで、ちょくちょくネガティブが顔を出します。そういうとき、こうやってブログして、コメントもらって賛同していただいたりすると、元気になったり、力をもらったり。それとか、「まぁ、こういう日もあるしな~」って逆に笑っちゃったりとか、全然関係ないことに焦点を当てて、悩んでいたことをさっぱり忘れちゃったりとかして(笑。

お互い海外生活ですし、これから、もっともっと、いろんなことあると思うけど、せっかくたくさん面白いことに囲まれているんだし、お互い楽しく頑張りましょうね~!

Re: またきましたー

★fuseさん
> はぁ~ やっと読み終わった(笑

ぎゃはははは!!お疲れ様です~!どうもありがとうです。

> ネガティブだと、差し伸べられた手の温もりさえ解らないかも。

本当にそうですね。私もそう思います。うざっ!ほっておいてよ!てなりますもん。

というか、自分がすごい落ち込んでいるときは、そういう状態でした。昔は鬱っぽくて、っていうか本当にヤバイってときもあったんですけど、そういうとき、例えば家族や友だちとかに「ちょっと気晴らしに、散歩でもいっておいでよ」って言われたとしても、もう散歩に行く力がないという。本当は散歩にいったら、多少なりとも気が晴れるのに、落ち込みすぎていて散歩するレベルまで達せない。だから、少しずつ、少しずつ、やっていくとどんどんポジティブのレベルがあがっていくんですよね。同じようにネガティブのレベルもある。本当不思議です。そして手を差し伸べてくれる人はいても、結局変わらなければいけないのは自分、そんなこと、今まで腐るほど言われてきてますけど、本当そうなんですよね。

> まぁ、これはマスコミの影響も大きいのでしょうけど
> それに乗っかっているのは大衆だもの。

人間ですし、多少なりともそういうところありますけど、右に倣っていかないと、不安になるんでしょうね。ていうか、もともと、「自分の意見」をいう文化じゃないですよね。会社とか学校でも、後輩、年下、ってだけで自分の意見すら言わせてもらえないような社会だし… そんなだから、「自分の意見」ってなんだったのか、っていう根本的なところまでわからなくなってきて…

> 日本にいると ときどき、緊張感が足りないという言葉を聞きます
> そんなに緊張していなきゃいけないのかしらね(^_^;)

ほんとですね!あはは!!なんで緊張ばっかりしないといけないんだろ。
マスコミも、ネットの人々もそうだけど、なんでそんな、着目してもどうしょもないところばっかりしてるんだろうってよく思います。だから、そういうところから、ふっと目を離して、それこそ「どうでもいい」でも明るいことに目を向けている人をみると、ほっとします。緊張してない人、って面白いですもん!

> 国全体が鬱病にでもかかっているようにネガティブで
> 閉鎖的で思いやりが無くて・・・・

閉鎖的、っていうのは今の特徴なのかもしれません。「ミクシィ」ってソーシャルネットワーキングサービスがあるでしょ。私ブログやっていないあいだ、あれをやってたんですが、「友だちを選んで日記を公開する」って機能が出てきて、それがすごい嫌でブログにしたんです。すごい日本の閉鎖的な部分出てきたナァって思って。「選んで」ってのがすごい、嫌で。あと、読んだらコメントしなくちゃダメ、とかそういう風潮も。めんどくさーと思って。あはは。めんどくさーってのを排除してくと、どうやらポジティブになれるみたいですね。臭いものにはフタをしろ!って感じ?

fuseさんのように、日本の社会をちゃんと落ち着いて見れて、おかしいな、とわかって、自分のやりたい道を自分らしく生きていって、しかも何か形に生み出しているような、人生の先輩にこうやってコメントいただいて、本当嬉しいです!

Re: タイトルなし

★三十路オンナさん
こんにちは!

ですよね!不思議なことで、面白いですよね~!
三十路オンナさんからも、いつも明るいポジティブなパワーを感じてます!

> また、言葉も大切で、
> いい言葉を発すると、行動もプラスになったり♪

まさしくです。言霊ってのがあるくらいですし!
何かまずいこと言っちゃったあとは、「あ、間違えた、そんなこと起きるわけないんだけどね、ないないないない。ないですよ~!」って言霊の神様(?)に聞こえるように、口にだして重複して言葉を消しちゃったりしますけど。あははは!!

Re: タイトルなし

★メガネざるさん
こんにちは!共感していただけてとっても嬉しいです!

> あの世に天国と地獄があるのではなくて、この世に
> 心ひとつで天国と地獄になってしまうのでしょうね。

いい言葉ですね。ほんとうにそうですね。私も、不幸な人はどんな環境でも、不幸に思えてしまうから不幸なんで、その反対もそうだと思います。例えば、アルゼンチンでの生活でも、不幸に思っている人はたくさんいますし、実際に「ペソは価値が低いし、日本にいつ帰れるかわからないし、食品の質は悪いし、政治も不安定で、治安も悪いし、インフレもあって…」と、悪いところを探し出そうとすれば、いくらだってあるし、実際に文句をいって、自分を不幸せにしている人もたくさんいると思います。実際に見たこともあります。

それにも、そりゃあ一理あるんでしょうけど、私は、だから何?って思ってしまいます。だって、いいところを見れば、いくらだって幸せになれるし、幸せになる要所は、数え切れないくらいあります。そんなことでいちいち不幸せを思ったりするようなら、もともとここに来る決断すらしていませんよ!って言いたくなります。逆に、いくらお金持ちで、何でも手に入って、恵まれた生活をしていても、不幸せの塊のような人も、世の中にはたくさんいますし、貧乏で生活は苦しくても、生き生き輝いている人もいるんですから。。。ものごとは考えようです。

> それにしても人に愛されている、愛する人がいるという事実は非常に大きい心の支えになります。
> 私も主人に出会ってから人生バラ色(に見えるようになった)です。

私もそうです!お互い愛する、思いやる、って色々なところで人を元気にしてくれるんだろうなぁと思って、いつも感謝しています。私も頑張ろう、何かしてあげよう!って自然と思わせてくれるし、愛の力は強いですね~!私もいつかお会いして、お話したいです~!ぜひ!

Re: タイトルなし

★40gohanさん
優しくて素敵なコメントありがとうございました!

40gohanさんのブログからも、「わかっていて毎日楽しんでいるんだな!」っていうことがたくさん伝ってきて嬉しいので、なんとなく一緒に楽しめる気持ちがして好きなんだと思っています。

> 「わかっているかわからないかで、大きく違うとても大切なこと」

私もこれに気づいて、すごく感動したので、迷っていたり、辛かったりする人にもっと伝えたいです。でも、自分もそうだったので、ある程度ポジティブレベルがあがってきてるときじゃないと、「何、きれいごといってんの?そんないいことあるわけないじゃん」ってことになっちゃうので、難しいんですけどね…

> この大切なことを一人でもたくさんの人に伝えたい。イライラしちゃってる人やネガティブな人にも。もちろんわかっている人にも。

そうですよね。世の中、悪い人、汚い人なんて本当はいなくて、みんな、いい人になる素質があるんだと思う。ネットで悪口いったり、人格批判しているような人たちとか、普段の生活で、この人いやだなぁ、って思うような人たちだって、このすんごいシンプルなことに気づきさえすれば…っていつも思います。

Re: 恋愛論

★涼一さん
> きっと大恋愛だったんでしょうね。保安っていっしゅん、保安官かと思いました。素敵だな。

ぎゃはは。ただ、名前が、ホアン、っていうので、ホアンくん、ホアンくん、と書いているうちに、保安官になってしまっただけという。。。自分でいうのもなんですけど、大恋愛かもでした(って過去形にしちゃいましたが…w まだ終わってませんが…w)。

> アルゼンチンってスペイン語なんですね。イギリスでもスコットランドなんて魅惑的な場所で恋が芽生えたのか。。

そうなんですよ~。私も前は知りませんでしたけど。あは。あと、出会ったのはスコットランドじゃないんですよ~。スウェーデンの旅先なんです。しかも、その後、始まるまで、出会ってから10ヶ月くらい期間が開いているんです。ますますややこしくてもうわけわかんないでしょ!

こういうこというと、「あれこの人、ヘンな啓蒙書の読みすぎ?」と思われちゃうかもしれないけど(あはは)、実際、もしかしてスコットランドに行ったのは運命の転換期、そう思うこともあります。というより、スコットランドが嫌で仕方ない時期でも、何故か帰れないような(というのも、嫌で帰ろう!って思ったことは何度かあったのに、その度、何者か、何事か、に阻止されたんです笑)罠がその度にあったのは、2008年にスウェーデンに旅して保安に会わなければいけないという、ある程度決まったようなことがあって… っていう風に、思わざるを得ないシチュエーションもありました。

本当、人生何があるかわかんないですよ。8年後なんて、もう想像つきませんね!私自分に、信じられないことが起きたので、もう何が起きても驚かないです。涼一さんの未来も楽しみですね!自分のことじゃないのに、ワクワクしちゃいますよ!!

とんちゃんへ、
いろいろ同感できることがあります。
私も弱い人間だから、周りの環境に惑わされて、自分が本当にしたいことを見失うことがある。日本でけっこうそれを感じていた。大好きな親が言うこととか、最もだと思ってしまうし、でも言うこと聞くと、自分が何がしたいのか、ますます分からなくなる。
自分が幸せで、満足しているとき(とりあえず今幸せだからこれを続けるようにがんばろうとしている間)は、心と精神のバランスが取れていて、自分でも分かるのね。逆にバランスが壊れだすと、どうにかしないとと思ってしまう。アクションを起こすことが大切だと。ポジティブに、自分を信じることは、だから大切です。っていうか、そういう風にしか、自分に馬鹿正直にしか生きられない、ってのはあるかもね。アルゼンチンは日本から遠いし、怖いものは何もないってのもあるな。社会性に押しつぶされることもない。自分の価値、人生の価値は自分自身が決めるものなんだよね。その価値を分かち合える人がそばに居るということは、本当に幸せだ。
私は、将来を長い目で見ることが出来ない、今正しいと思うことをすることしか出来ない、不器用なんですね。


Re: タイトルなし

★55ちゃん
コメントどうもありがとう!!

55ちゃんのコメント読んでいて、色々考えました。私も、自分が本当にしたいこと、って何だ?今30代半ばで、キャリアウーマンでもないし、人の親なわけでもないし、結婚して社会的ステイタスを持っているわけでもない。日本へ帰ると、地元の友だちから

「とんちゃん、いつまでもふらふら遊んでないで日本に帰ってきてちゃんと働きな!」

っていわれてしまうこともあるよ。でも、そんなアンタが好きだけどね、他の人にはできないね、ってちゃんと言ってくれるけれどね。昔は、そんな自分に自信なかったけれど(それに今でもよくそのことについては考えるけれど)、確かに私は、偉くないし、地位もないし、ないないづくしだけど、それでも自分なりに色々学んできたし、カッコイイ学位も、年収もないかもしれないけど、それに人と少し違ってしまったかもしれないけど、それなりに悩んで成長してきたんだよ、って思う。そんで、それでいいんじゃん、って自分に言ってあげる、そうしないと落ち込むから(笑。

なんていうか、生きているうえで、一番大事なものが何か、っていうの、時々すごいあやふやになる。このくらいの年代だと特にそうなのか、「何かしなくちゃ!何かしなくちゃ!何か形に残さなくちゃ!」って焦ってばかりで何も手につかないときもある。でもその一方で、何か面倒なことをやったり、苦しい思いして働くのは嫌な、レイジーな自分もいてさ。やっぱり、自分のしたいことを、きちっと、コツコツと極められればそれが一番いいのかもしれないけど、でも「それ自体」は、もしかして一番大切なものじゃないのかもなぁ、ってこの頃思うんだ。自分が幸せで、安定してて、その上でさらに、何か形に残るようなことができたら、さらに素晴らしい!かもしれないけど、それだけじゃないかもしれない。どの道、ポジティブに楽しく毎日暮らしていると、ものごとが自然と「なるように運んでいって」結局のところ、自分にぴったりあった、一番いい風に落ち着く気がする、いろんなことが。

> 自分が幸せで、満足しているとき(とりあえず今幸せだからこれを続けるようにがんばろうとしている間)は、心と精神のバランスが取れていて、自分でも分かるのね。逆にバランスが壊れだすと、どうにかしないとと思ってしまう。

その気持ち、すごくわかるよ~。瞬時に感情的に反応して、計算して、「あ、今○度が足りない!よし!補充!」って、よく思う(笑。すぐ落ち込んじゃうくらいの時は、望みが高かったんだナァって思う。小さな幸せをどんどん感じられるようになってからは、むしろ大きな望みとか、見えてくるようになったし、大きい幸せもそんなに遠くにはないんだ、って自信も出てきた。

> アルゼンチンは日本から遠いし、怖いものは何もないってのもあるな。

それは絶対あると思う。そういう意味ではラッキー。あと、他人がどう言おうと思おうと、自分が幸せならそれでいいんだ、別に形にしなくたって、何か自分の中に残ってればいいんだ、ってこのごろ少しずつ思えるようになってきた。でも、それが逃げ、にならないように、なんでもいいから、できることはやっていきたい。ほんと、散歩して新しいもの見つける、とか、見たことない映画みる、知らなかった新しいことや、人をひとつ知る、とかそういうことで。別にタイソウなことじゃなくてよくて。

だから、結局は愛、に戻っちゃうんだよね。パートナーでも友だちでも、なんでもそうなんだけど。なんというか、信頼して話し合える人。自分ひとりの前向きさだけでは、弱いから。前向きに頑張っている人には、そうやっていい人が寄ってくる、というのは、きっと神様が応援してくれているんだと思う。は~キンパチかよ!私!ぎゃはは!

ありゃりゃ、一本分のブログくらいになっちゃった(爆
フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
218位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
6位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。