CHOCO★BLOGG うぇるかむとぅ~あるへんてぃ~な その8

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うぇるかむとぅ~あるへんてぃ~な その8

前、ミクシィにアップしていた日記です。
アルゼンチン到着部分から、ブログに移しています。

これは、
うぇるかむとぅ~あるへんてぃ~な その7
の続きです。…最終回です。

(やっと)

その1から読みたい方はこちらからどうぞ。



「オラー!」

入国カードとパスポートを差し出し。。。

チェック。
3秒。

「トゥリスタ?」

「シー」

で、バスン、とスタンプ。
え~そんだけ~!
やっぱり~!?

ほんと心配して損した。帰りのチケットの「か」の字も聞かれないし。
うぇるかむとぅあるへんてぃ~な。

そして、おつぎの難題は、荷物。
山ほど荷物があるので、カートにのせて一人で運ぶだけでも精一杯。でもその後に、カスタムと、セサミの入国の難関がまってる。。。

そしてカスタムでの荷物検査。Xレイの写真を指差し、

「この段ボールの中はなんだ?」

「コンピュータですが」

「これは?」

「ウィーですが」

「これは?」

「コンピュータの一部です。。。あとカメラ。。。」

と見事にやはり、すべての電化製品をポイントされた。 で、パスポートだせ、といわれ、日本のパスポートを見せた瞬間、なんだ日本人だったのか、いってよし、と瞬時にして通された。コートもXレイ通しましょうか?と念のため言うと、いい、いい、いけ、と言われた。

おそるべしハポネサ効果www

そうこうするうちに、セナサという、検疫の係りのおばさんがよってきた。猫を差して、スペイン語で何かと話しかけてくる。

「いんぐれすぽるふぁぼーる!」 (えいご で よろちく!)

といっているのに、こりずにスペイン語ではなしかけてくる。どうやら英語がはなせないようだ(涙

「猫は のーえっくすれいね」

「あとでそこのカウンターにつれておいで」

というのだけ、それでもなんとなくわかり、セナサのカウンターへ連れて行くと、今度は、男性が2人いた。この人たちも、スペイン語でまくしたてる。とりあえず、必要書類を提出し、かなり怪しいスペイン語で英語をまじえながら説明し、相手側の話を聞くと、なんと意思の疎通ができた。自分のスペイン語も、すてたもんじゃねえな~と大いなる勘違い。

そして、そこで45米ドルを払い、セサミをケージから出すこともなく、とどこおりなく、セサミの入国終了~

なんか気が抜けた。。。
まさに取り越し苦労。。。

入国に際して、今まで心配したことはいったいなんだったのであろう。。。

まさか、いくらなんでも、ここまで楽勝だとは。。。

思わずひとりで笑いながらガッツポーズしてしまった。

かわいそうに、1時間以上待たされた保安官とは、感動の再会どころでなかった。私は、丸一日てんぱり続きで、しかもグラスゴーの装いで来ていたため、汗だくだったし、疲れて、しかも入国があまりにも簡単すぎて、がっくしと、力が抜けていたから。それでもなんとか、気をとりなおし、いかに入国が問題なかったかを告げると

「うぇるかむとぅあるへんてぃ~な!」

と2人して笑った。

待っていたタクシーの人も、なぜか暖かく私を迎えてくれ、ずっと、これまでの道中の話をしながら、家路につく。

やっとこの時が来た~!

保安は、お祝いに、とシャンペンをあけてくれて、2人で乾杯。 私はどっぷりつかれていて、すぐにでも寝たかったくらいだが、結局しばらく呆然と、起きていた。横では、セサミもんが、新しいおうちの 探検をずっとしていた。

それから、お約束で、肉を食べにいった。

夜は早く寝た。
20時間くらい連続で寝た。。。

最初の1週間は、ぐうたらするぞぉ~

と気合いを入れていたのだが、じっとしていられない性格、それに、性格的に、自分の巣を整えないと、落ち着けない。というわけで、翌日から、徹底的にフラットの掃除をして、ピカピカにしている。保安は、偶然テスト期間中だったので、ちょうどそれくらいでいい感じだった。自分で外の世界に出て行くのは、来週くらいから。。。

それまでは掃除と飯炊きだな。。。

そんな感じで、とりあえず始まったこの生活。まだ春が来たくらいで、少し肌寒いくらいのときもあるけれど、毎日、青空です。「青い」空ってしばらくみてなかった。アルゼンチンの名物だ。


P.S.最初のうちは、全然、実感がなかった… ついて最初の2週間くらいは、よく眠れず、悪夢にさいなまされたりしていた。ある夜中、いつものようにふと目が覚めたとき、普通に、

「いろいろあったこと、今度、○○ちゃんとか、○○にあったとき、またはなそ~っと」

と、ほんとすごいすごい普通に当たり前に、グラスゴーの友だちを思ったとき、

「あっ、もうそういう風に気軽にあえるようなところにいないんだった…」

と気づいて、ものすごい無性に寂しくなった。そのとき、初めて、私はグラスゴーを去ったんだ、と隣で寝ている保安官をみながら、ずしっと心に来て、やっと現実に気づいた。ああ、そうだ、新しい人生の幕開けなんだ、と。


最後まで読んでくれてありがとう。
↓ポチっとしていただけるとやる気がでます。コメントも、気軽に残してくださると喜びます☆

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング
関連記事

テーマ : アルゼンチン
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

Secret

フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
255位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
6位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。