CHOCO★BLOGG うぇるかむとぅ~あるへんてぃ~な その5

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うぇるかむとぅ~あるへんてぃ~な その5

前、ミクシィにアップしていた日記です。
アルゼンチン到着部分から、ブログに移しています。

これは、
うぇるかむとぅ~あるへんてぃ~な その4
の続きです。



シャルルドゴール空港はすんげえでかいのを覚えていたので、ここでの乗り換えは少し不安だった。何しろ、トランジットの時間が1時間ちょいとくらいしかないからだ。その上、エールフランスのフライトと来たら、遅れる、サービス悪い、荷物は届かないと何拍子もそろって悪いことばかり起きるので、この上なく不安だった。この短い乗り換えで、自分は乗り換えられても、荷物は乗り換えられるのか…などなど。。。

でも、この2つ目のフライトのおにいちゃんたちは、前述の通り2人ともすごくフレンドリーでよくしてくれ、「ブエノスアイレスかぁ~!いいなぁ~うらやまし~。」といいつつ、

「ああ、23時過ぎの便でしょ。乗り換え時間十分、十分。」

と聞いてもいないのに、太鼓判を押してくれた。

「よかった~空港でかいから、猫もいるのにと思って、少し心配していたんだ。」

南米行きの便だったので、ボーディングパスが出ていたのは、ヨーロッパ内だけで、ここまで。パリでここからの搭乗券は別に出してもらわなくてはならなかった。夜も遅いシャルルドゴール空港で搭乗券を出してもらい…まっすぐゲートへ向かえば、時間的にも問題ない、と言われた。

しかし…

3つめのフライトの前に、最後のタバコをすいたい~!

(アルゼンチンに行ったら、もう一生禁煙なので)

さっきから、「シャルルドゴール空港は、全館禁煙です~」というアナウンスが流れている。空港のどこを見ても、地図を見ても、喫煙所は見つからない。

「フランスのくせに、おかしい。吸えないなんてことはありえない。」

と思いながら、インフォでぼんそわ~と、聞いてみる。

「えっ、たばこ?外で吸えますよ、そこのドアからいけますよほら。」

と、何ゆってんの、当たり前じゃん、あんたアホ?くらいの勢いで言われる。やっぱりフランス。。。すぐ空港の外に出ることができ、そこらじゅうに吸い殻が落ちてた。。。愛してるよ。

(ロンドンの空港とかだと、もうほんと完全禁煙で、外にすら出られないターミナルが多いので…)

そしてそこで最後のタバコをゆっくり吸い。。。
偶然にもタバコはそこで終わり。。。
吸い終わった後、パリらしいレゲエ兄ちゃんくさい黒人に「タバコくれないか」といわれるが、いや、もう本当にないのよ。。。一生。。。ごめんね。あってたら、残り全部あげたとこなんだけど。

最後のタバコは全然おいしくなかったが、なんとなく感慨深かった。

そしてゲートへ向かう。

と思ったら、そういえば。またパスポートコントロールを通らねばならず、しかもすんごい長い列。ヨハネスブルグ、東京、シンガポール、などなどとともにブエノスアイレスの最終便がたてこんでいるので、その乗客がどっちゃりいっぺんに並んでいた。となりの南アフリカ人カップルが、「あなたはどの便にのるの?私たち、前こんな感じで逃したから、心配なのよ。エールフランスの便だし」と話しかけてくる。

係員の人が、大丈夫大丈夫、と言ってくる。そりゃあ大丈夫だろうよ。

ていうか大丈夫じゃなかったら、困るんだよw

やっとこさパスポートにスタンプを押してもらい、荷物検査。またしても、セサミをだっこして通らなくちゃいけない。前からケージをあけても出てこないのはもうわかっていたので、上からぱっくりとあけて、だっこしてだす。係員の人が、「あ、ケータイ俺のと一緒だね」とのんきに話しかけてくる。

それどころじゃねえよぉ~。時間ねぇよ~。フランス人のんきだな~。

検査のゲートを出てくると、セサミのケージは上をあけたまんまになっていた。さっきアムスでは、ちゃんとケージは閉じられて、きれいになっていた。そして、係員の人たちがいろいろ手伝ってくれた。

のに。

フランスでは放置。

こっちは、フライトの時間が迫っていて、荷物がたくさんあるうえに、セサミを片手に、ケージを自分で閉じなければならず、ちょっと誰か手伝ってよぉ~とぶつぶついいながら、結局1人で片付けて、ちょっぴり大変な思いをした。でも、セサミがいいこで、逃げ出すこともなく、とってもおとなしくだっこされていて、ケージを閉じた瞬間に、自らささっと入っていってくれたので本当に助かった。

セサミは、道中、ケージから出なくてはならないとき、用事が終わったのがわかると、自分でケージにささっと入っていった。いつもは、ケージに入るのをいやがるのに、本当に本当に彼女はえらかった。

そして、荷物チェックが終わってゲートが見え始めた頃。。。

ラストコールをかけられたw

「グラスゴーからご搭乗のお客様~ブエノスアイレスへの便がまもなく~」

で猫の入ったケージをかかえて軽くダッシュ。

まぁ、以前に、5分前滑り込みセーフもしたことあるので、余裕だったけど。だってこのときはあと15分あったもの。

この最後のフライトは、12だか13時間と長いので、猫がいることもあって、オンラインで、一番後ろの通路側の席を予約してあった。そうすれば、いつでも好きなときにトイレにいって猫を放してあげられるし、ケージごと足下から取り出して、膝にのせてあげたりとかも頻繁にできる。

なので、搭乗したあと、そのまままっすぐ一番後ろまでいくが…

よくみたらなんとチケットの席番号と違うじゃないか!?

さぁ、どうなる…続きは、その6へ。。。

(えっと、全8話で終わりますw)


最後まで読んでくれてありがとう。
↓ポチっとしていただけるとやる気がでます。コメントも、気軽に残してくださると喜びます☆

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング

関連記事

テーマ : アルゼンチン
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

Secret

フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
250位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
4位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。