CHOCO★BLOGG うぇるかむとぅ~あるへんてぃ~な その4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うぇるかむとぅ~あるへんてぃ~な その4

前、ミクシィにアップしていた日記です。
アルゼンチン到着部分から、ブログに移しています。

これは、
うぇるかむとぅ~あるへんてぃ~な その3
の続きです。




乗り換え時間もあまりないし、直で次の便のゲートへ。シェンゲン協定の国同士の国なのに、乗り換えするだけなのに、なぜかいちいちパスポートコントロールを通らないといけないのが謎だ。時間がないのに、スタンプ押すだけのために面倒だ。と心の中でブツブツ言っている間に、スタンプ押されて、荷物チェック。

「猫は、Xレイに通せないから、赤ちゃんみたいにだっこして、一緒に金属探知機を通ってね」

と言われる。これはネットなどでチェックしていて、もしかしてくるかも、と思ってたので驚かなかった。ケージをあけても、いつもと違う風景に怖がっているセサミは、全然ケージから出てこようとしない。係員など5人くらいのみんなで、にゃんこ~でておいで~ほらほら~とやっても全然効果なし。仕方がないので、ケージを上から半分あけて、だっこして出す。

そしたら、セサミは固まっていて、私にしがみついて、動かない。逃げようとなんてちっともしなかった。でも、セサミの心臓はバクバクバクバクいっていた。

旅の間中、セサミはずっとケージの中でじっとして、ミャーともうんともすんとも泣くこともなく、ところどころで機内でケージをあけてなでなでしてあげても、ごろん、とするくらいで逃げ出すこともなく、本当にいいこだった。いいこすぎるくらいいいこだった。私の気持ちをわかってるのかと思って、これにはさすがに泣けてきたくらいだ。

そして、アムスからパリへのフライト。ゲートについた瞬間に、あ、そこの猫の人、ホールドにのせますよ~といわれやしないかとびくびくしていた。

でも搭乗まで何もいわれなかった。

乗る前に、カウンターにいって、「猫がいるんですけど…」といっても、はい?ああ、そうですか、猫?まぁまぁ、そこの列にならんでください、と普通にのるように言われる。

そんなわけで、普通に、普通の列にならんで搭乗して、チケットをきるときに、また念のため、「あの、猫がいるんですけど…」と言うけれど、だからなんですかくらいの感じで、はいはいそうですか、と言われる。

なんかさっきと全然違ってスムースだぞ!!

でもやはり、猫同乗のせいか、席は一番後ろで、おまけに、この便はすいていて、小さいサイズの飛行機に直前で変更になったようで、あるはずの私の席がない。機内のフライトアテンダントさんたちに話すと、

「あはは、サイズが小さいのに変更なったから(=後ろ部分がカットされるから)、だね。今別の席のチケットをとってきてあげるよ。ちょっと待ってて。」

とまた後ろで待たされる。

もうひとり横にいた、お兄さんにおそるおそる

「あの、猫のケージがおそらく座席のしたに入らないんですが…」

というと、

「あぁ、それなら、別に入れなくていいよ。本当は入れないといけないんだけど、入らないのだからしょうがない、離陸&着陸のときだけ、自分の足下において、あとは、この便どうせすいてるし、自分の横の席においといて大丈夫。」

となんでもないかのように言われた。

…さっきまでの厳しい風景はいったいどこへ。。。

適当フランス人万歳!
ていうかこっちのほうが、理にかなってる。
しかも一人の兄ちゃんは、少し日本語が話せて、自分の怪しすぎる
フランス語も交えたりして、しばしおしゃべりして楽しむ余裕もあった。

結局便はすいていたので、続きの3つの席をまとめて確保できた。
席についたあと、足下にセサミをおいていると、さっきのお兄ちゃんの
一人がやってきて、

「念のため、窓際の足元に猫のケージをおいて、自分は真ん中の席に座って、離陸の間、足で動かないように押さえているといいよ。」

とウィンク。

足で!

動かないように!

足でか!


その適当さ、好きだよ。。。ジュテーム!

イギリス人が聞いたら、とんで驚くだろうなw

そして、フライトの間は、自分の横の席に、セサミをケージごとおいて、手を入れていいこいいこしてあげれた。さっきのスチュワードさんが、ドリンクを配りにきて、私がコーラを頼むと、

「え~なんでも頼んでいいのに、コーラでいいの?
ブエノスまで道中大変だろうから、ここらで少しリラックスしたら」

とアルコールを飲めといわんばかりw

なのでそれどころじゃなかったのだが、お言葉にあまえてビールを一杯。

セサミは、おしっこもしていないようだし、ケージのなかですっかりくつろいで、寝たりしている。2便目は、特にずっと座席の上にいられたから、飛行機のごおおーーーという音と振動も直にくることがなく、リラックスできたようだ。

そして滞りなく、2つめのフライト終了。


続きは、その5へ… ていうかまだ続くの!?一体何日間の旅?

(えと、1日ですが、何か…?)


最後まで読んでくれてありがとう。
↓ポチっとしていただけるとやる気がでます。コメントも、気軽に残してくださると喜びます☆

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング
関連記事

テーマ : アルゼンチン
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

Secret

フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
95位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
2位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。