CHOCO★BLOGG 2014年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロサンゼルス

ワールドカップが終わってもぬけの殻になっている暇もなく、保安官の仕事で一緒にロサンゼルスにやってきました。決まってからはあっという間にことが進みバタバタと準備が終わり、ワールドカップのことなんてすっかり忘れてあっという間に2週間半。滞在は短期、9月半ばまで。セサミもんはお留守番です。

ロスと言って思い浮かぶのは、ロス疑惑とLAメタルくらいの、アンタいつの人?な私。はい、アメリカ初めてです。UKギャルで青春を過ごした私は結果的にはアンチアメリカな大人になりました。自慢じゃないけど、もちろんロス=ハリウッド、も繋がっていませんでした。それから、ブエノスでブログを再会した頃、仲良くしていただいたLA悪妻日記というブログのLA悪妻さん。ところが彼女はだいぶ前にブログを閉じられて、連絡のつけようがなく、いつかお会いしたい!なんて話していたのに、残念。ブログに書いておけばもしかして会えたりして!?

全くしっくりこず、超アウェー気分で始まった滞在。経験としてはとても楽しんでいるけれど、時々タクシーの運転手さんなど、ランダムな街の人と会話になったとき「ロサンゼルスは好き?」と聞かれても、「うーん、違うね、変わってるよね。」くらいにしか正直に答えられなかった。ウソっぽくて、何かリアルじゃなくて。でもこのごろ、テレビや映画がメイン産業なんだもの、偽物っぽいのが当たり前でそこが個性なのかも、って思うようになってきた。なんでもあり、誰もを飲み込んでくれるメルティングポットで、奥が深かろうが浅かろうがそんなのどーでもいい場所な気がしてきている。

los1-001.jpg
街路樹にヤシの木がたくさん

私が滞在している場所はウエストハリウッドやビバリーヒルズからそう遠くない住宅街。色々「歩いて」いける距離にあるんだけど、誰も歩いてない。治安が悪いわけではない。不思議なくらい静かな、閑静すぎる住宅地。モールやお店の並んだ通りに行くと急に人がいる、極端な車社会。ちょっとセブンイレブンやスターバックスに行くのに車に乗ってる人々の暮らし。こいつらですね、地球の資源をやりたい放題、無駄遣いしてるのは!そんな流れに逆らって、私はベビーカーを押して結構どこへでも歩いて行っちゃう。1日10キロくらい歩くこともある。旅に出て街を知るためには、歩くのが一番なんだけど、今までと同じ程度には、それがこの街に相当しないのもまた事実。バスに乗って、ロス名物、変人ウォッチングをするのもまた、いとをかし。

los4-001.jpg
道沿いにハカランダが植わっているところも多くて嬉しい

歩いていると、自分がバカみたいに思え、人間として否定されてる気さえします。なんかシュール。昼間は暑いから、それでも少ないお散歩や歩きで買い物の人は、午前中もしくは夕暮れ時に多いこともわかってきました。私も右に倣え。歩行者にはとっても親切で、道を渡る人が完全に優先。車はブエノスとは大違い、クラクションもならさず、みな安全運転ですぐに停まってくれます。ランボルギーニにフェラーリ、オープンカータイプの車など、ベッタベタな高級車もよく走っていてダサくて笑えます。治安はどうかと言うと、危険地帯に踏み込まない限り、ブエノスと比べたら屁でもない。日本?確かに比べる対象にはよるのかな。

IMG_0219.jpg
満開の酔っぱらいの木を見かけることもよくある、というわけで街路樹はブエノスと似てる

日本人とはいえ、ブエノスを経由し、ミニマルな暮らしを極めつつあった私にとって、モノの溢れかえった世界はものすごいカルチャーショックでした。でっかーいショッピングモールを軸にして、巨大なスーパーや洋服屋がゴンゴン建ってる。いらないもので溢れていて本当にいるものが見えてこない。プラスチックのおもちゃで一杯のトイザラスや、モノが雑多に並んだディスカウントショップなんて、ただのゴミだらけに見えて。きっと欲しいものは必ずあるんだろうけど、探すのに無駄な労力がいるだろう、同じものが何種類もあるから。その辺は日本に似ているけれど、スケールが違う。建物も人もモノも道も車も、5倍に拡大したような感じ。ごちゃごちゃしているのになお、殺風景でプレーンなのが、アメリカの景色なのか。郷に入れば郷に従え、考えることをやめて、消費文化のらんちき騒ぎに徹することに決めたら、楽しめる場所であることは間違いないけど。

los10-001.jpg
アンタらマジなの?って言いたくなるザ嘘っぽいモール、The Grove。古き良きアメリカがテーマだからかね

いくらアンチアメリカと言っても、斜めから見ているだけじゃつまらない。せっかく知らない街に滞在できるチャンス。まずは受け入れて好きになることも必要だから、いろんなところを見たり聞いたり観察したり、ローカルスーパーを冷やかして手に入れた食材で料理したり、赤ちゃん連れで寸暇を惜しまず遊んでいます。

los8-001.jpg
「普通」もあるんだ、ってほっとするサンタモニカ

また、人との出会いは旅を豊かにしてくれます。保安官の仕事仲間の、いつもリモートで国を超えて働いているデペロッパーたち。毎日オンラインで話しているのに実際会うのははじめまして、なのが面白い。今回はポーランド、カナダ、シンガーポール、ポルトガルの人たちが集まり、国際色は豊かなのにさすが同じ会社の仲間たちと言うか、IT屋さんだからなのか、みんな笑いのセンスが似ていて、頭もきれて楽しい人たちです。私は知らないけど、仕事先のオフィスに出向くとまた多種多様な人がいるらしく、話を聞いているだけでも面白い。

そして2ヶ月近くお世話になる家の大家さん。まさか60歳近いとはとても思えない、若くてはつらつとした黒人の女性。私のちょっと上かと思ってた。初めましてのあと言うには、「うちのワイフはチャイニーズなの。」ワイフ??うーんと。ああ。ネナたんを見て「かわいいわね〜!うちのワイフも、今赤ちゃんが欲しくてがんばってるのよ。私はもう年だから無理なんだけど。それに私にはもう大人になった子供が3人いるし。」え?なになに?もう何がなんだか!

街中変な人で溢れているのを見るにつけ、大家さんの???な話もここではきっと、フツーなんだなぁと解釈。2階建ての巨大な一軒家をいくつかに区切ってある居住形態で、私たちは2階の真ん中。大家さんは右隣に、左隣に若い白人女性、下にはロシア人と韓国人のカップル一家が住んでいるごった煮感。そこに日本人とアルゼンチン人が加わるも、なぜか下町の日常感サザエさんを彷彿とさせる。だから不思議と落ち着くのです。大家さん一家はとてもフレンドリーで、半分ホームステイのような感じで暮らさせてもらっています。「ちょっとスーパーに行くけど一緒に来る?」なんて声をかけてくれたり。先日は、お昼前にお散歩に出ようとすると、

「今から私たちの友達が、ネナたんと同じくらいの赤ちゃんを連れてくるから、一緒にランチをどう?」

と声をかけてくれたので、予定変更。

大家さんのうちには今、夏の間、香港生まれのワイフのご両親が香港からきてる。この、ほとんど英語のできない初老のお父さんが、いつも家の前のベランダで一日なんともなく、幸せそうにのんびり過ごしてる。これがまたサザエさん度を高めてるんだろうなぁ。ワイフの姉妹の子供たちにあたる、姪っ子甥っ子さんたち3人も香港からやってきている。訪ねてくる友人も多いし、大家さんの息子さんもよく顔を出す。さらに小型犬も3匹加わって、いつも本当ににぎやか。そんな中、お友達が赤ちゃんを連れてやってきてご挨拶。

赤ちゃんをだっこした同士、初めましてと来たら、おたくの子何ヶ月?となるのがお約束。

「今8ヶ月。」

「ええー!うちの子も!誕生日いつ?」

「12月5日。」

「えーーーー冗談でしょおお!!」

なんとまさかの、全く同じ日に産まれた、しかも女の子の赤ちゃん!これには、赤ちゃんが来るから、一緒に遊べると思ってーと気軽に誘ってくれた、大家さん一家もびっくり。なんか他人とは思えません。しかも、お母さんがメキシコ系で、お父さんが香港系なんだそうで、なんかその辺りもニアミス!

los3-001.jpg
同じ日にうまれた赤ちゃんふたり

こういうことがあるたび、縁や運命みたいなものが、不思議とあるべき場所や人へ導いていってくれるなぁと思います。いろんなことがしっくりくるとき、ちゃんと正しいマイルストーンを踏んでいるとわかる。物理的な「場所」に限らず、もっとそういうところへ行けるように、日々、偶然を当然にあったようにキャッチできるアンテナを磨いていかないとね。これは楽しい作業だから。旅に出たとき、人との出会いは、その場所の印象を大きく変えてくれたり、むしろ決定打となることも多い。ロスのへんてこな街も、自由で生き生きとして魅力的な人々を通して見ると、味わいを持って見えてくるのがまた不思議。

IMG_0085.jpg
ハリウッド通りのらんちき騒ぎ

さておき今一番恐れているのが、カリフォルニアアクセントが移りそうなこと。これはあれです。三重のおばあちゃんちに行って1週間もすれば、なんちゃって三重弁を話しているあの状態…私はグラスゴーにいたときもズーズー弁をしゃべっていました。周りとスムーズにコミュニケーションするには、言語はやはり重要…掃除機を、フーバーといいかけて、バ、バ、バキュームクリーナー。。。貸してください。とか言うようになってしまいました。高速をフリーウェイ、街の中心をダウンタウンなんて言う人間に私もなってしまうのでしょうか。三重弁やグラ弁はいいにしても。

キャー!!


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ : 異文化を楽しむ!
ジャンル : 海外情報

所変われば:子供の生活スケジュール

最近、絵本を見せたり読んであげると、一応何かしらの反応が見られるようになったネナたんに、こんな本を買いました。

Numbers, Colors, Shapes

IMG_0317.jpg

見ての通り、数字、色、形、最初に覚える簡単な言葉や動作が書いてある小さなカラー写真の本なのですが。

早速開いてみて見ると、一番最後のページが、起きてから寝るまでのスケジュールでした。

IMG_0325.jpg

朝起きて、朝ご飯食べて。本人や兄弟姉妹が幼稚園や学校に行ったりもするでしょうし、パパやママもお仕事に行くかもしれませんし、まぁこのくらいですよね。

IMG_0326.jpg

朝ご飯を食べてから、着替えるか、着替えてから朝ご飯を食べるかは人にもよるでしょう。お昼12時にランチというのも日本人の私からすれば、普通です。お昼の時間は国によってだいぶ違いますけど。アルゼンチンなんて遅めで、14時に昼食をとるのも普通だし、スペインなんかもお昼が一番ボリュームのある食事で伝統的には2〜3時間かけたりするみたいですし。そのまま流れでシエスタ、みたいな。

IMG_0324.jpg

で14時頃遊ぶんですね。ふむふむ。…ってここら辺からカルチャーショック来ました!えっ17時に夕飯食べちゃうの…イギリス人みたいだなお前らも。早飯すぎっ!

IMG_0323.jpg

18時にお風呂に入っても別にいいけどさ、えええっ。19時に寝ちゃうの!!!マジで!!!日本でも、子供は20時に寝ましょう〜〜なんて言うし、そういう理想論みたいのはまだ受け止められるけど19時にはびっくりした。2014年の世の中こんなタイムスケジュールで子供だけ生活できるんでしょうか…19時に子供が寝たら大人の時間、とかいいそうだな、アメリカ人。

アルゼンチンの子供たちが通常何時に寝るのかはよくわからないんですが、19時ってことはまずないと思う。こういうのって国によってだいぶ違うんだろうなぁ。あーびっくりした。

他のページも、突っ込みどころがたくさんあるのですが、自分が小さい頃、そういう気になるところを指摘するとオカンに、

「そういうのは”屁理屈”というのよ」

と言われていたのを思い出しました。

ネナたんは8ヶ月になり、ブエノスを経つまではずり這い移動だったのに、ここへきて10日くらい前からハイハイができるようになってしまいました!きゃあぁ。嬉しい悲鳴と大変な悲鳴と両方。

IMG_0014.jpg

いつのまにかお座り→ハイハイ姿勢→お座りの繰り返しの体勢移動もチャキチャキできるようになっちゃって。毎日筋トレに励み、日に日にハイハイ速度も増しています。動けるってことはすごい成長で、本人もとても嬉しいみたい。今借りている家は、玄関を入るとずっと長い廊下になっていて、動き回るスペースがたくさん。床にはカーペットがしいてあるので、今の成長時期にちょうどいい場所です。

IMG_0016.jpg

いたずらもたくさんできるようになってきました。本をドバーっと出したり。大家さんのものだから、それなりにしといてほしいですが。せっかくおもちゃを買って与えてあげても、おもちゃが入っていたパッケージの紙や箱をかじったり、しゃぶったりとか、ティージング用のかみかみするのをあげても、お風呂に入るときに滑り止めにするマットをかじる方が好きだったりと、親の心子知らずというんでしょうかこういうの。

好奇心旺盛で動き回り、気に入らないことがあったり、疲れるとぐずぐず文句も言うようになって、親の方は忍耐力の試練を受けている状態。そろそろつかまり立ちも始めたので、目が離せません!ほんっと子供の成長って早いなぁ。


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

ファーマーズマーケット

引き続きロスです。

IMG_20140820_130638.jpg

今日は徒歩で行ける距離にあるファーマーズマーケットに行ってきました。暇だし。水曜日そういえばお店が出るっていってたなー散歩がてら、ちらっとみてこーくらいの軽い気持ちで行ったのに、結果的には、色々買ってしまった。オフィスで働く人々がお昼休みに、って感じのお客さんがたくさんと、フツーの関係ない人たちと、変な観光客(わたし)などが集まり、ちょうどいい塩梅に賑わってた。日本語も良く聞こえてきて、日本人ほんと多いなー。

IMG_20140820_130701-EFFECTS.jpg

聞いたところによると、調理された食べ物のスタンドが多くて、野菜とかはあんまりないよーとのことでしたがブエノス経由で来た私にとっては十分な規模のマーケット!むしろ、あまり選択肢がありすぎずちょうど良かった。オーガニックの野菜がほとんどで、家の冷蔵庫はすでに一杯だったのに、気分があがって色々買ってしまった。マーケット大好き楽しい。

ざっと見た感じですが、ロスではこういう気軽に行ける感じのファーマーズマーケットが、各地域に色々あるようです。1週間に1度開かれるって感じで。こうやって新鮮な野菜や果物が買えれば、スーパーで野菜買う必要全然ないなあ。

IMG_20140820_131537.jpg

ネナたんも、興味津々。最近、こうやってベビーカーから身を乗り出して散歩を楽しんでる後ろ姿がかわいすぎます。

IMG_20140820_131514.jpg

ぎっしり並んだいちごとか見てるだけでうきうき。冷蔵庫にまだいちごあったのに、もちろん買ってしまいました。競争の激しい米国だからか、気候の良いロスだからか、お店の人はみなよく助けてくれる良い人で、ずるい人や感じの悪い人には会ったことがまだない。品物の扱い、流通のさせ方もブエノスと違ってきっちりしているので新鮮。野菜も肉も味が濃くて美味しい。野菜なんて、どこで差ができるのだろう、アメリカの食べ物は何でも味がはっきりしているように思う。人だって、ここの人だって全員移民なはずなのに、みな働き者でフレンドリーなのはなぜなんだろう。

IMG_20140820_131517.jpg

色とりどりに並んだジャガイモ!眺めていたら、「オラ!コモエスタス!」と話しかけられたので、こちらもスペイン語で対応。買い物スペイン語で出来ました。ロスではスペイン語が、公用語レベルで使えます。あちらこちらから聞こえてくるし、英語が全くできなくてもスペイン語だけでくらせると思う。私の得意なごちゃまぜ語、スパングリッシュもナチュラルに使えます。

世界様々な国から来た人種がいる街だけに、いろーんな食材が簡単に手に入るのは料理好き、食いしん坊の私にとっては嬉しい。オクラも1袋2ドルで買えた。無理矢理珍しいものをかき集めて、高級スーパーの店頭で売っているのではなく、こういうスタンドで自然に売ってる感じだと、新鮮だしなお良い。

アスパラ3束5ドル!やっすー!ナッツ3袋10ドル!やっすーという感じで買い物をおえ、両手にたくさん野菜を持ってホクホクの帰り道、ふと気づきました。

5ドル…

デフォルト後、またさらに価値の下がった今のアルゼンチンペソに直せば、65ペソ。たっか!!ナッツ3袋130ペソかいっ!ひっ。ブエノスだとシーズンのアスパラとか、一番安いときだと3束で20ペソとかなんで。高い安いの感覚は、脳内でベースになる通貨によるなー。

アルゼンチンってやっぱ何かと安い国。先進国、非先進国、とかって、普段ごく普通にブエノスで暮らしてるからいつもあんまり気にしてませんが、なんと言うか。色々差を感じます。当たり前なんですが、これを当たり前と受け止めるようになってしまったら、終わりかなと。お金持ちの国には、ちゃんとお金が回るようなシステムがあるわけだし。お金を稼いだら消費させられる流れがちゃんとある。無駄なものを買わせられるようになってる。逆に言えばその流れがなければお金も入ってこないし、何も発展も発達もしないんだけど、同時に失われて行くものはあるような気がする。私もこのごろ、いらんものを買い始めてきたような気もしなくもない。まぁそのときそのときで、カメレオンのように行きて行けばいいかな。底辺のところがブレなければ。


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング

テーマ : 異文化を楽しむ!
ジャンル : 海外情報

フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
218位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
6位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。