CHOCO★BLOGG 2014年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうすぐワールドカップ!

ワールドカップ開幕まで1週間を切りましたね!!

ちょっと前まで、ブエノスの治安悪化について感じていて。そりゃー色々あったんです。デモかなんかやってるとき、橋を渡ろうとした体の不自由な人が突き落とされたり、泥棒が袋叩きにされる事件が連続で起きたり、「道でもの売るの禁止!」って看板の真下で、無理やり車のフロントガラスを拭くサービス(ここではよくある)が殺気立ちながら売られてたり。

その頃、結局何が書きたかったかと言うと、アルゼンチンって色々問題を抱えていて、治安もその一つなんだけども、ワールドカップの季節が来れば、みんなそんなことはさっぱり忘れちゃうんだろうなってこと。メディアも国民の興味も全部サッカーに行っちゃうからね。

って、そんな私も、まだ始まってすらいないのに、治安とかインフレとかアルゼンチン問題なんかあったけ?ってな感じで、頭からすっぽり抜けてしまいました。

今日は代表チームがブラジルに旅立つ前の最後の国際フレンドリーマッチ。保安官なんて、ほんまにアルゼンチン人かいなってくらい、我が家は、はっきり言って普段全くサッカーに興味なし。が、ナショナルチームの時だけ俄然盛り上がり、にわか物知り顔になり燃え尽きる、「あー、いるいる」ってタイプの人々です。つーわけで今日も最後のフレンドリーマッチをガッツリ見てたんですが。

スロベニアを相手に2-0でアルゼンチンが勝利。2つめのゴールは、チームのかなめ、ディ・マリア、アグエロ、そしてメッシの連係プレーで、メッシのゴール!!

「クン・アグエーロー!フィデオ・ディー・マリーアー!ラ・プルガ・メッシー!!」

アナウンサーが要所要所で、それぞれのプレイヤーのニックネームを叫ぶんですね。

Fideo (麺)

La pulga (蚤)

「なにそれ!!なにそのひどいニックネーム!!!」

ってテレビの前で叫ぶと

「えっ、知らなかったの?」

と保安官。それもそのはず。私、ワールドカップの時しか集中して試合観ませんから、前回一生懸命見てたのは4年前。この4年間で、麺(スパゲティとか長いタイプのパスタ)とかノミくらいのスペイン語がわかるくらいに私の語学力もアップしたってことなんですねー。

(そこ!?)

いやそれもあるんだけど、アルゼンチン人のこのニックネームのつけ方のひどさ。ココの人たち、あだ名でデブ!とか黒人に向かって黒!とかフツーに言いますからね。そのノリで、天下のメッシーが蚤。ちっさいから?ディ・マリアは確かに長細くってヌードルっぽいけど。ほんとアルゼンチンらしいひどいセンスで、久々に笑えて衝撃的でした。道端でチーナ(中国人)呼ばわりされて怒ってる場合じゃないっすね。クンだけ知ってたのは、アグエロ君っぽいので、4年前のゼロに等しい語学力でも理解できたから。まぁ今でも大して上達してませんが。ちなみに、クンは、アグエロの大好きだった「Kum Kum」(わんぱく大昔クムクム)っていう日本のアニメが由来なんだとか。何そのアニメ。知らねー!!

お散歩行ったら、さっそくワールドカップがらみのイベントごとやってました。子供が遊べる感じかな。

futbol2.jpg

適当に撮った写真で、ひどいですが、場所はサンマルティン広場です。今年も、市がサンマルティン広場と、パルケ・センテナリオに大きいパブリックビューを出すみたいです。4年前は、日本戦もみんなでそこで盛り上がったので楽しみ!!

futbol.jpg

最近は寒くなってきたし、未熟ママの24時間営業の育児疲れで鬱々してましたが、もうすぐお祭り。南半球にいるから、ある意味、盛り上がるイベントが冬にあるっていいわー。じゃないとひきこもりで終わるし。

futbol3.jpg

試合表も配ってました。うーん便利。グラシアス。

それにしても、今日のフレンドリーマッチの終了後のファンへのインタビュー観てても思ったけど、アルゼンチン人って本当にサッカー好きね。勝利に喜び、ワールドカップへの興奮が抑えきれない人々の笑顔見ていたら、こっちもニコニコ顔が止まらなくなりました。いいわー。ワールドカップ時のアルゼンチン、試合中は街にひとっこひとり歩いてない、仕事もサービスも何もかも停止、学校の授業もなし、なんて感じになります。最近は、W杯に向けて、お店など街中がアルゼンチン色にデコレーションされ始めました。

わくわくーー!!!

というわけで、うちらも今年はちびがいるし、全力ではっちゃけてみました!!

IMG_8682-001.jpg

メッシは外せない。じゃ私は誰いこ?店の人に聞いてみたら、蚤がもちろん一番人気、麺が2番とのことなので私はあえてクンで。イケメンだしいっかー!いやー個人的に、真面目に顔で選ぶと正統派、イグアインがいいですけどねー。ネタとキャラで選ぶとテベスですが今回出ませんしね。って私の好みは聞いてないっすね!ワールドカップはイケメン祭りって側面もあるので、友達と盛り上がるの楽しみですわ。

もちろんながら日本も!!応援してます。日本のユニもあったら欲しかったけど、ブエノスのお店にはありませんでした…前回メッタメタにされたドイツのは売ってた。


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ : FIFAワールドカップ
ジャンル : スポーツ

ワールドカップ、開幕!

開幕からテレビはつけっぱなしです。W杯始まると同時に、今まで夜中の授乳時以外はすやすやと眠るいい子だったネナたんが、まさかの夜泣きをするように!最悪です。昼間サッカーの観過ぎで興奮しているのでしょうか…

おかげで母は寝不足で、寝れるときに眠るようにすると、起床が昼頃になり、1日がちゃんと始まる頃には13時なのでグループリーグのマッチが始まってしまいます。サッカーを片目に見ながら家事育児、家事育児を片手にしながらサッカーを見、試合の合間に買い物、外の用事、という毎日があとしばらく続く予定。多忙を極めております。

土曜日は日本戦!在住仲間と声をかけあって、寒い中サンマルティン広場のパブリックビューに集まり応援しました!お約束で、初めましての方と挨拶しているうちに、本田のゴールを見逃しましたが、リピートで観ましたところ、美しいゴールを決めたかと思いきやの残念な結果。画面の中では雨も降っていたし、気温は寒いしで本当に心身ともに凍えましたが、応援は楽しかったです。残念ですが、日本は「まぁしょうがないか。」で終われるのでまぁいい。

(非国民ですみません…)

「しょうがない」で終われないのがアルゼンチン。みな優勝前提で話を進めてますんで。我が家も、3人ともユニフォームを着こんで、日曜日はまたまたサンマルティン広場に向かいました。

20140615_185507.jpg

もちろん会場は超満員!外も、アルゼンチン代表応援グッズや、Tシャツなどを売る人々で溢れており、まるでスタジアム。始まる前から、みんな声をからして応援しています!!アルゼンチン人のサッカー熱といったらもうねー。愛です愛。みんな、手に汗握るというか気が気でないというか、めっちゃ緊張するしね。まるで自分のことか家族のことかくらいに。

20140615_185503.jpg

私たち開始前15分くらいに行ったので、すでに山盛りの人であんまり見えなかったうえに、前半のだらけた試合展開に、始まる前まで大騒ぎだった国民たちも、微妙な静けさに。若干しょんぼりして後半は家で観ることにしました。

しかし後半は期待を裏切らず、アルゼンチンムードに!メッシのゴール!!!!

IMG_8853.jpg

そしてお約束で興奮してテレビの写真。消音になっているのは、ゴールすると老若男女大騒ぎになるため、音を消すとご近所からもれなく雄叫びが聞こえてくるからです。

いやー本当に美しいゴールだった!再生でも死ぬほど見ましたがいやーいやーもう。2大会ぶり2度目のゴールということで、メッシも相当嬉しかったろうなー!

IMG_8859.jpg

そして湧く観衆(テレビ)。

アルゼンチン勝利後は、次の試合まで、ずっとこの試合のことを語り続ける日々が続きます。テレビつけるとサッカーのことしかやっていません。W杯放送権のあるテレビチャンネルを見ているから当たり前という話もありますが。協賛会社のコマーシャルもすべてアルゼンチン代表がいちいち出てくるカッコいいW杯バージョン。外国のアルゼンチン代表ファンだったら、録画してコレクションしたかろうなぁとみてて思ったり。他の国の試合をやっている間も、アルゼンチン代表や、ファンの姿や、(アルゼンチンの試合の)解説など、1日アルゼンチンサッカーのことばかりやっているチャンネルも。選手も毎日インタビューで同じことばかり聞かれて大変だろうなぁと。たまには、「昨日は何食べましたか?」とかどーでもいい質問もしたらいいのにねぇーと保安官と話してましたが。

代表チームとともに、30キロのドゥルセ・デ・レチェ、100キロのマテ茶葉、150キロのドゥルセ・デ・メンブリーショ&バタタなどアルゼンチンらしい元気がでる食べ物(?)を持ち込んでいるそうです。W杯中のホテルの部屋割りとかもニュースで見たけどどっかいっちゃった。私としてはこういう野次馬的ネタの方がおもしろいわ。

とにかく、W杯開催中は、国中サッカーのことだらけ。ワールドカップで盛り上がる国多くありますが、開催国以外だったらアルゼンチンで見るのが一番面白いかも!アルゼンチンとその人々が一番輝くときかも!と思えるほど、ほんと好きですねこの人たち。いい意味でバカで熱いそんなあなたたちが私は好き。テレビをつけても、もっともらしい顔でみな昨日の試合をあれやこれやと解説しており、

お前ら他に大事なことないのか?

といつものようにツッコミを入れていると

「ない!」

とうちのアルゼンチン人がきっぱり申しておりました。優勝したらどうなるのか本当に見たい!!今年こそ!バモスアルヘンティーナ!!


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング

テーマ : FIFAワールドカップ
ジャンル : スポーツ

離乳食開始

ブエノスアイレスは街中ワールドカップムードで楽しい限りです。お店はどこも、水色と白でデコレーションされており、代表チームへの思いを感じて、ほっこりとします。今日ランチに出かけた店も、よく見れば白と水色のデコレーションだらけ!カフェのメニューボードには、Vamos Argentina! とこれまた白&水色で書いてあり、下にはミラネサなどのアルゼンチンメニューが!テレビのあるお店はもれなくW杯の試合を流しており、誰もが画面に注目している。そんな風景が至る所で見られます。便乗して道端で応援グッズを売るものもあり。キオスコや新聞雑誌のスタンド、文房具店などでは、アルゼンチン色の飾りつけグッズや、帽子や旗などが売られていたり、気が早い所ではワールドカップのトロフィーのレプリカが売られていたりも。メッシのノートまで!うーん、欲しい!

W杯らしく、まさか、まさかの出来事の連続で今日は、再びまさかの前回優勝スペインのグループリーグ敗退。うちのアルゼンチン人やスペイン語のクラスメイトのブラジル人などは

「(優勝候補の敵が)これでひとつ消えた。」

と喜んでいるようす。私はピッチを去るときのイニエスタの頭が急に真っ白に見えたのが気になりました。

まぁそんなこんなでワールドカップをとことん楽しんでいる今日この頃でありますが、我が家では開幕と同時にもう一つ始まったのが、ネナたんの離乳食。いくつかの本やインターネットをざっと読んだところ、離乳食はあまり早くはじめない方がよい、との結論に達しまして、6か月を過ぎるまで完全母乳でやってきました。そして、普通の離乳食のほかに、今流行りの(?)イギリス発祥のBaby-Led Weaningというやり方があることを知り、通常のSpoon-Led Weaningとのいいとこどりでとりあえずなんとなくはじめてみることに。

IMG_8744.jpg

どどーん!赤ちゃんの椅子届いたよー!!ってネナたんに言ったら、まるで理解したように、開ける前に箱に近よって行き、あーあー!!って言いながら箱をたたいていて、すごく嬉しそうでした。おもろい。ハイハイまではまだほど遠いですが、最近ではずりばいってやつ?ができるようになってしまい結構遠くまでいけてしまいます。油断禁物。床掃除に余念がありません。私も一生懸命掃除していますが、お腹によくほこりとかついていて…

baby-mop.jpg

世の中には実際、こうやって商品化してしまった人もあるらしく、みな考えることはおなじですな。うちもひとつ作らないとかしら。

本題に戻りまして、BLWのやり方は、普通の離乳食のように、ピューレにしたものを赤ちゃんの口に運んであげるのではなく、やわらかくゆでた野菜などを赤ちゃんのつかめるサイズにし、目の前に置くだけ。人間の根本に帰ると、昔の人々が野菜やお米をゆでてすりつぶして裏ごしして…なんてやっていたとは考えにくく、6か月くらいの赤ちゃんであれば目の前にだされたものを手に取り口に入れるのは自然に起こることで、そうして自主的に動くことにより食べるという行為を身につけて行く…というまぁ多少ヒッピーなやり方なんですが。私はそういうの結構好きなので。日本語ではまだまだ情報が少ないですが、英語で調べると流行りの元になった本や情報がたくさん出てきます。イギリスではこっちの方が主流になりつつあるとかないとか。

↓友達が教えてくれた離乳食についてのページ。自分が疑問に思っていたことなどすべてが明らかになり、まるでバイブルのような1ページです。英語ですが、どなたかもし役に立つ状況の方いたらぜひ!

Weaning babies onto solids - Mumsnet

ひとまず初日はオーソドックスに10倍粥なるものをスプーンで与えてみましたが、すんごい美味しくない顔されて爆笑。翌日は、Baby-Led方式にのっとって、バナナをつかみやすい長さにして目の前においてみた。

やっぱり手に取ってぐにゅぐにゅして口に入れるんですねー。面白い。バナナは赤ちゃんに人気で、早く与えてしまうとこのおいしさに慣れてしまい他のものを食べなくなる、なんて書いてある文献もよくみるのですが、うちの娘には不評でした。

IMG_8773.jpg

ぐにゅぐにゅ楽しそうですがあまりおいしくなさそう。

IMG_8774.jpg

ほとんどは口に入らず、まえかけ(ってかこれなんてーの?)の中に落ちているのは気のせいではない。

いやー知らなかったんだけど、バナナのしみってとれないの。服についたのが真っ黒になってびっくり。なんでも全般的に果物のしみってとれにくいらしく、ついたときは無色透明でもあなどれないらしいです。さっそくスーパーでシミ取りを買ってきてお世話になりました。この先もだいぶ使いそう…

ほんの数日おかゆ、バナナと試して、おいしくない顔をされ、次。人参いってみました。BLWですとスティック状にしたものをやわらかくゆでてそのまま与えるらしいのですが、バナナで相当ぐちゃぐちゃに汚れたのに少々参った私は普通にピューレにしスプーンであげてみたら、これが相当お気に入り!もっとくれもっとくれとあっという間に完食。人参を数日続け、今日からはウリ型のカボチャ(zapallo anco)を同じようにゆでてつぶしてあげています。これも、やっぱり美味しいって!

お医者さんによっても多少違うようですが、ネナたんの主治医の小児科の先生も、「離乳食は6か月過ぎてからゆっくりでいいよ」という派でした。6か月の検診のとき、ざっくりとした説明とともにもらった手書きのメモには、

1日 1野菜
- かぼちゃか人参のピューレに、コーン油、オリーブオイルまたはヒマワリ油を1さじ混ぜたもの
- Nestum de Arroz
- ポレンタ(コーンミールのおかゆ)
- すりおろしりんご
- バナナピューレ
- ホールヨーグルト(バニラ)
- ミネラルウォーター(メーカー指定あり)

をだいたい10-20さじくらいあげてみて、20日たったら

- じゃがいも
- さつまいも
- サパシート
のピュレをあげてねとのことでした。

えっ、離乳食に油!?ってびっくりしたのですが、ニンジンやカボチャに混ぜろとのことなのでよく考えると、カロチン摂取のためかもしれずと思い、少し混ぜたり混ぜなかったりしてあげてます。ところ変わればシリーズは面白いので、離乳食も日本の本、アルゼンチンの雑誌を買ってみて見比べたりしてますが、一番違うのはやはり肉食の国、赤みの肉をあげるタイミングですね。日本だと10か月~離乳食後期と書いてあることが多いですが、アルゼンチンだと結構早くからあげてしまうそうで。肉がどうしてベイビーに必要か、というコラムまで載っていました。逆に日本だと白身魚を早くからあげるのに対し、アルゼンチンの本には、魚はアレルギーがでることもあり、生後1年くらいまで上げない方がよいとありました。ちなみにこの国の魚はほとんど全部白身魚。

Nestum de Arrozとはなんのこっちゃとググってみると、お湯にとかして使うベビーフードのお米のパウダー。英語圏の友達がベビーライス、って言ってたのこれか…。すごいまずそうだし、普通におかゆ作るし。

まぁ私のやる子育てなので離乳食もざっくり適当に。とりあえずは、時間もだいたい昼頃。時々忘れて時間頃おっぱいをあげてしまい、今日はなしってことで、ってなったり。食べてくれなくても、不味そうな顔をされてもそれはそれで笑えるしおっぱいがあるし。離乳食はいいとしても、わざとやってんのかってくらい夜中何度も起きられると放り投げたくなるときもありますが、小さいのはほんの今だけだし、楽しくやっていきたいと思います。


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
219位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
4位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。