CHOCO★BLOGG 2014年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災を思ったり、子供の成長を見たり

昨日は3.11の震災から3年でしたね。ネット上で、色々な情報とかビデオを見たりなんかして、私も私なりにあの時のことを思い出し、被災地の方々や、今も復興には程遠いかの地を思いながら一日を過ごしました。3年前のあの日、夜中起きていてちょうどオンラインで見れるテレビを見たら、津波のライブ映像が流れていたのでした…その時は、まさか本物の映像とすら思わず…。あわてて実家に電話をかけ、つながらず心配したことを思い出します。仕事で東京にスタックしていた妹には、実際起きている状況がつかみづらく、なぜか一番日本から遠くにいる私がネットで得る情報の方が早く、携帯でネットを使って連絡をとりあったりもしました。

震災のことを思い出し、ビデオなどを見ると、悲しく辛くなり、複雑な気分になりました。うまく言えないけど、なんというか何の不自由もなく幸せに暮らしている自分が申し訳なくて。人間は自然には勝てないとか、人間だって動物なのだから不公平な世の中、いつかは死ぬんだとか、宇宙規模で考えたら人間なんてありんこ以下のサイズだとか、いろんな方法を使って説明を付けようとしましたが、なかなか自分の思いには折り合いがつかず。3月11日が終わりを告げると、なんとなく淀んで、解決方法のなかった思いもやっとどこかへ去って行ったので、1日そうやってあの日を思い出して、忘れないことがやるべきことだったのかなぁと思ったり。

それもあるけれど、色々考えをめぐらせた末、震災を思い出しても悲しくなることが解決策なのではなく、そこから何かを得て自分ができることをすることしか結局ないとの結論みたいなものが出たからかな。ネット上で多くの人が言っていたのが、生きているというだけで感謝、当たり前で平凡でも、日常に感謝するってこと。「生かされているこの命を、誰かの為に使っていくことが、やるべきことなのだと思います。」っていうコメントをどこかで見て、なんとなくすっきりしました。

最近、なんかなーなんか物足りないなぁと思っていたので、いろんなことがすっとしました。子育てで、自分のためにとれる時間が、子供が寝てからしかないので、結果的に自分だけ夜型の生活になって、生活時間がシフトしているせいもあって、時間がないなー!何かしたい!と思ったり、今現在仕事してないことが、私の頑張り度が足りないからかなーと思ったり、なんか色々ぐるぐると考えていることがあって。色んな人と知り合ったり、旧友と話したりすることから考えることもつらつらと。

ブログにも色々書きたいことがあるけれど、まともに時間もなく、あれやこれややりたいことはあっても、上手に時間も使えず、もっとちゃんとしなくちゃ!よし、ちょっとずつ、6割でもいいから頑張るぞー!という毎日でした。家事もはかどらなかったりして、あーだめだなーとか思うこともあったのですが、子育てしてるからしょうがないなとゆるくいこうぜと!

結局、なんだ。その。今の私に一生懸命できることは、ネナたんを育てることなんだなと。それは少なくとも、毎日楽しくちゃんとやってるから、ほかのことが中途半端でもそれさえちゃんと出来てればいいんだと。今日、

IMG_6727.jpg

日頃の、腹這い体操による筋トレ成果と

IMG_6543.jpg

日々の試行錯誤の末、

3か月と6日にして、寝返りを達成したネナたんを見て、妙に納得しました。

IMG_6767.jpg

初めての瞬間を目撃~!!

今までも途中まではできたのですが、最後に腕がひっかかってなかなかそこがクリアできず。今日、あともう少し!というところだったので、じっと見守っていたら初の成功。それはそれは嬉しそうでした。まだまだ、1度の寝返りに3~5分くらいかかりますが、一度成功したら、あとはもう何度も繰り返す。もうテーブルの上に軽い気持ちで寝ころばせたりできません。

…というわけで、床にマットをしいてみました。

IMG_6773.jpg

すぐにまた寝返りをうって、よだれだらけにしてくれました。

IMG_6777.jpg

今度は反対側に挑戦。

IMG_6784.jpg

疲れるとバッテリーが切れて突っ伏すので、救出。

昨日はできなかったことが、今日は出来るようになっているなんてざらです。赤ちゃんの成長ってほんと目が離せない。なんか色々考えた末、今日のこの出来事があって、やっぱりシンプルに毎日の驚きとか喜びを感じながら暮らして行けばいいのだというところに戻ってきました。そこから自分にできることを少しずつやっていけば。別にすごくなくても、一番じゃなくてもいいのだから。小さな人間のお世話をできて、成長を見届けられるチャンスを与えられたことにまず感謝。何不自由なく幸せに暮らしていけることが当たり前ではないことに気づき、まるで自分ももう一度新しい人生を始めるかのように、赤ちゃんと一緒に成長していけることに感謝。前向きで協力的で家族思いの保安官、そして周りの人々に感謝。

育児の中から、色々学ぶことが、私自身にもあるんだなぁと。毎日の練習と失敗の繰り返しの果てにある成功に人間の原点を見ました。まさに七転び八起き。


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ : ある日のできごと
ジャンル : 育児

ブエノスアイレスで腱鞘炎の治療

妊娠後期から、右の手首が痛くなりました。産婦人科の先生に話したところ

「あー妊娠中によくあるんだよねー。まぁそのうちよくなるよ。」

その後の診察でも、また話したところ

「あっそう、まだ治らないの?産んだら治るよ。」

くらいの感じで、流されてまして。周りの人に聞いてもそうだけど、こっちの医者ってシリアス度が低いっていうか。あっそう!とか、問題なし!大丈夫!とか。ほんまかいな。ちゃんと見てるのかいな。それに、専門が細かいので、手首が痛いところで、診察のついでに産婦人科の医者に話しても意味ない。手首を見てくれる医者に別件で行かないと。そりゃま、見てくれる先生紹介してください、って言ったら情報くらい教えてくれるけども。

産んだら治ると言われたので、そんなものなのかと思いながら出産が終わり、育児期に突入すると、痛みはひどくなり、しかし新生児のお世話で、自分の問題で病院なんか行ってる暇はなくなり…どうせ行っても治らないと思ってたし。でも手首どころか、指まで痛くなってきて、さすがに辛くなってきたので、2月の初めごろ、まだこちらにいたオカンに付き添ってもらい、病院へ。親指を中にグーして手首を曲げて、はい曲がらないーというテストと、グーパーグーパーして手首をトンカチでたたくと、指に電気が走る?はい走ったーというテストをされました。病名は言われなかったけど、ネットで見ると、ド・ケルバン病という腱鞘炎の一種。産前産後に多いのだとか。

ちなみに、Traumatologo(外傷学、整形外科医的なもの?)へ行くといいと言われたのでそちらの予約を取ったところ、見てくれた先生は手の専門、cirugia de la manoっていう手の外科医でした。っつかそんな専門があったのね!あっという間に診察は終わり、授乳中も塗っていいというジクロフェナクという薬のジェルを処方され、kineciologoへの紹介状をもらいました。

「キネシオロゴ?何ですかそれは?」

と聞くと、たとえば磁気を使ったりするやつね、というので、なんか怪しいにおいがするなと。カイロプラクティック的なやつですね。私はそういう、信じる力もついでに治癒に役立ちそうなやつは面白そうだし、信じるタイプなので、とりあえず処方箋になる紹介状的なものを出してもらいました。

手の外科医の先生のおすすめの場所も聞いたのですが、何しろキネシオロジーの治療は全10回。赤ちゃんいるとなかなか行けず、もらった炎症を抑えるジェルを塗ってごまかしていると、毎朝ピキーン!と電気が走り出すまでになり、もはや手の不自由な人。困り果てて、最寄りの診療所についに通い始めました。

週2回、5週間で終わるコース。毎度毎度1時間くらいはかかるんだけど、歩いて3分くらいなので、その間は保安官に赤ちゃんを見てもらっています。そしてね、この治療がすごい痛いのです。。。日本語でネットで「腱鞘炎の治療 カイロプラクティック 超痛い」なんかで調べても痛い治療なんて全然出てこないし、キネシオロゴの施術師に、最初、どうしてこうなったかを説明したときに

「腱鞘炎て、産後に多いらしく、ホルモンのバランスですよね。」

というと、

「そう医者に言われたの?」

「いや…」

「ははーん、どっかで読んだんだね。」

(ばれたか…)

って、そんなんじゃないと言わんばかりの対応だったのと、痛いのを治しに行ったのに余計に痛いことをされて泣きそうで、最初はもうやめようかと思ったくらい。大丈夫なのかアルゼンチン。

「もう痛くなってから長いでしょ、これは古傷だからね、固まっちゃってるからどんどん動かさないといけないよ。治療は痛いからね!!」

などといいながら、手の指のあとが残るほど親指の付け根を指圧マッサージしたり。手と手首を持って元の場所にはめ込むように戻すようにしたり。炎症が起きているところをレンジでチンした(いつも遠くからチン!と音がした後に持ってくるのでたぶん)小豆バッグみたいので温めたり、ジェルを塗って機械で超音波を流す治療をしたり…土管のきれっぱしみたいのに手を入れて、15分くらい横になったり。この土管みたいのがどうも、磁気の治療器みたい。怪しさ満点。

2度目に行ったときに、受付の人にも、先生にも、

「治療前より痛いのですが…」

というと、受付の人は

「そういうこともよくあるのよね。でも、一応先生にも話してね。」

施術師の先生は

「うん、痛いよ。でも、絶対に治るからついてこい!」

くらいの自信満々の熱血度だったので、信用してついていくことにして、今全10回のうち6回めが終わったところ。

内容はだいたい毎回同じ。腱鞘炎の場所を指圧でかなり強くマッサージし、親指を動かすリハビリ体操的なものを15回、3セット。頑張れ!耐えろ!って掛け声つきで。このマッサージがもう痛くって、ひぃひぃ汗かきながら我慢する。我慢しろっていうからさ。キネシオロゴになるような人って、スポーツ学とか、運動療法みたいなものだから、体育会系の人が多いのかしらね。実際、施術所の一部は、ジムみたいになってて、問題によっては、体を動かす治療もあるみたい。

例によって小豆みたいのが中にはいった袋で手首を暖めて(これは気持ちが良い)、超音波を通したり、土管に手首を入れたりする日もあったりなかったり。

ネットで探してもこんな治療法やってる人、超音波以外は日本語では見ない。大丈夫なんかな。どこ見ても、腱鞘炎は、安静にすることが第一、冷やす、って書いてあって正反対のことしてるし。って思ってたんだけど、この治療はじめてから、痛みはまだあるにせよ、手(指)がちゃんと動くようになった。痛いのが怖くてできないことがたくさんあったけど、今は料理も普通にできるし、鍵も開けられる。赤ちゃんの抱っこもだいぶ楽になった。

10回のコース中に1度だけ、違う先生に代わりにやってもらったことがあるんだけど、そちらの先生は、もう少しやさしい施術だった。マッサージもゆるめだったし、超音波治療もやさしく、小豆と土管は同時だったし、掛け声もなかった。なので私の担当の先生はやっぱり乱暴者なのかもしれないけど…今日の治療も、久々に超音波ゴリゴリをやって、痛みが戻ってきたほど…スパルタ!

今日からは、親指を上下に動かすリハビリ15回×3セットを家で1日に2回やるように、と言われて治療は終わり。あと4回でどこまで治るかな。ついでに、尾てい骨のあたりも痛いし、産後は育児もあって体があちこち壊れる。おそらく骨盤も歪んでいるだろうし、骨盤を直す体操をしたり、全身のストレッチもこのごろはじめました。私、体がめちゃくちゃ固いので。

もう一度、妊娠期を最初からやり直せるならば、普段からきちんとストレッチとかしておくんだった。これから妊娠、出産の方、きっとストレッチしたり体操したり、ヨガしたりで体のバランスを取り、筋力をつけなおかつ体を柔らかくしておくのがきっと出産とか育児に役立つような気がするので、お勧めしたいです。なんかね、腱鞘炎とかも、全身のバランスの悪さとかから来ているような気がしてならない。このごろは歩くとき、座っているときなど、普段から姿勢を良くすることも心がけてる。うん、今からでも遅くないさ。


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング

テーマ : アルゼンチン
ジャンル : 海外情報

ガリを作ってみた

中華街に行ったら、新ショウガが出ていたので、ガリを手作りしてみることにしました!シーズンが来てよっしゃー作るぞーと新生姜を大量に買ってきても、いったん冷蔵庫にしまってしまうと面倒臭くなってしまい、そして忘れる性格の私、今度こそは、家についたとたんに取り掛かった。

IMG_6846.jpg

別に中華街に行かなくても、近所の八百屋でも手に入る。新生姜ってなんだか嬉しくて夕方お散歩に出たときに八百屋でも無駄に買ってしまった。

IMG_6854.jpg

ネットでざっくり調べると、ピーラーで薄くするよりも、ゆっくりでもいいから丁寧に包丁で薄くした方がおいしいんだって。というわけで包丁を研いで、できるだけ頑張って薄くしてみましたが。ピーラーでもやってみたけどピーラーで頑張って薄くしてもいいんじゃないかと。繊維に沿って切るか、逆に断ち切るかによって触感が違うそうなんだけど、両方混ぜてみたりしました。繊維に沿って切った方が切りやすいし食べやすそう。

たぶん500グラム分くらいは薄切りにして、塩もみしたあとゆでました。塩もみしたら水がかなり出てきたので、塩味のショウガ汁はなんだか捨てられず、肉の味付けくらいできそうだなっと思ってタッパーに入れて冷蔵庫に。しかしまた忘れて使わないで捨てるに1票。

味見しながら好みの辛みになるまで、ひたひたのお湯でゆでる。なんだかだ10分くらいゆでた。結構辛かったので。ざるにあげて、手で触れるくらいに冷えたら、水けをぎゅっと絞り、お酢200㏄にお水を適当に足したものにお砂糖大さじでざっくり6~7杯、塩大さじ半分くらい入れたのを火にかけて溶かした甘酢に漬けこむ。レシピをネットで調べて、なんとなくやり方を見て、適当にやってみた。

IMG_6860.jpg

もっとピンクになるのかなーと思って、実験みたいにわくわくしていたけど、普通に何も変わらず、無添加で体によさそうな色となりました。甘酢にはちょいと色ついていたけどね。1~2時間漬けただけでもう美味しかった!さっそく夕飯にお寿司のお供にしてみました。ちょっとまだお酢がキツイ気がしたけど、日がたつとまろやかになるのかしら。もしそうじゃなかったら、次に作るときは、お砂糖を多めにするか、甘酢を作るときに少し沸騰させてみたりしてみよう。


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング

テーマ : 作ってみた
ジャンル : グルメ

アルゼンチンでも日本の伝統

今月はイベントが2つ。

IMG_6652.jpg

まずはひな祭り。初節句と言っても、今年はお雛様がまだないのと、当日は疲れていたので、お寿司をデリバリーして、写真を撮っただけに終わってしまいましたが…折り紙でお雛様を折って、友達がお土産にくれた雛あられのおかげで、それらしくなりました。ネナたんには、私が赤ちゃんのとき着ていた、まだぶかぶかのおベベをきせて写真をとりました。ちょうど両親が来たとき頼んで持ってきてもらっていたのです。

そして誕生から100日を迎えたので、お食い初めをしました。お食い初めは、日本人でも以外と知らない人が多いのにびっくり。うちは、年中行事をちゃんとしてくれる家庭だったので、それで私もやろうとなんとなく決めていました。私に食べさせるマネをする父や祖母の写真を良く覚えていて。こういう日本の伝統行事をやるかやらないかは、やっぱり育った家庭によるところが大きいのだろうな。

100日とは限らず、地域によって多少違ったり、誰が食べさせるマネをするか、何を用意するか、どんな順番で食べるマネをするか、など色々あるみたいですが、平安時代から続く伝統だそうです。ここまで健康に育ってくれたことを喜び、感謝し、子供が一生食べ物に困らないことを願うお祝いなのでちょっと頑張りました。

IMG_6951_2014032213425402d.jpg

珍しく、45センチくらいある巨大な鯛(Besugo)に、中華街で出会う。どうせならでっかいやつを!でもオーブンで焼いたら、見事に怖い仕上がりになってしまいましたが、まぁ形だけはOK。味はおいしかったよ。

IMG_6949.jpg

煮物椀は、人参、干しシイタケとごぼうをだしで煮たものと、別にゆでたオクラ。干しシイタケ、ごぼうもオクラも中華街で。きゅうりとわかめの酢の物。わかめはこの間両親に日本から持ってきてもらった日本産。きゅうりは中華街で買った日本のきゅうり。それから、お赤飯。ささげはないので、小豆でね。細かく言うと、小豆だと崩れてしまうのでいけないとかあるみたいですが、この土地でできる精一杯をね。それから、ヒラメのお澄まし。この前日に、ヒラメのこぶ締めを作ったときに使った昆布でだしをとったので、白っぽくなってしまいましたが。まぁよしとして。青みにカイワレ大根。梅干しは、うちの母の漬けたものを日本から密輸。漆の食器セットとかはもちろんないですが、いただいたり、買ったり日本から持って来たりなんだかんだ揃ってきた和風な食器でそれらしく頑張りました!

保安官にかまってもらっても、途中で赤ちゃんが泣いたりぐずったりと全部で半日くらいかかってしまい、私何のためにやってるんだっけ…って投げ出したくなることもあったけど完成。ネナたんの健康と幸せを思いながら心を込めて作りました。考えてみれば、わが子に初めて作る食事。…本人は食べないけど。私がプロセスして乳となる。料理の間、一日不機嫌そうだったネナたんも、お雛祭りの時にも着たオベベを着せると、なんだか興奮して上機嫌に!お食い初めの間はずっと笑顔で楽しそうでした。わかるのかな。

保安官と私で食べさせるマネをして、あとは2人でおいしくいただきました。意外や意外、お赤飯をおいしいと言ってたのが驚き。んー確かに、おまめが入ってるギソ(こっちの煮込みみたいの)とかっぽい味がしなくもないかもなので、なじみやすいのかも?普段は、煮えた人参は甘いから好きではない保安官も、お花の形に切ってあってかわいいからと、煮物も食べてました。子供か。

IMG_6900.jpg

もちろんセサミもんも参加。

ブエノスでも、中華街カサハポネサ(日本の商店)、さらには健康食品店など、日本食材を買えるところがちゃんとあるので、手に入るもので全然できるものです。土曜日買い物→日曜日準備と実行、って2日かかったけど、楽しかったし、充実感。ネナたんもご機嫌で楽しそうだったし、やっぱりやってよかった!将来、もしも、またお食い初めをする日が来たら、このページを自分で検索している自分の姿が見えます。その時はネナたんも一緒に食べられるのね。

お料理はあますことなく3日くらいかけて残らず平らげました。お祝いの料理なので、残したりしたらバチが当たりそうでしょ。特に鯛がでっかかったので、あれやこれやと手を尽くし。最後は身をほぐして、こちらも材料に買って残ったカイワレ大根と一緒にペペロンチーノな味付けで、パスタにしてみた!美味かった。

しかし、なぜ赤ちゃんが食べられないのに100日目になんかやるの?と思ったけど、このくらいから歯が生えてくる赤ちゃんもいるらしいのと、昔は離乳食をこのくらいの時期から与えたりしてたみたいですね。昔と言っても結構最近の話。今は離乳食は早くても5か月くらいから与えるのが普通ですよね。

アルゼンチン人でもあるけど、日本人でもあるネナたんのために、海外にいるからこそ、言葉だけでなく文化もちゃんと教えてあげたいなーと思います。日本を伝えるのは、日本人の親の私の役割だもんね。


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
200位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
4位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。