CHOCO★BLOGG 2013年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セマナサンタとアルゼンチンママについて

ブエノスアイレスでは、大洪水が起きて大変みたいですね?このブログにも過去に何度も書いてますが、ブエノスは場所によってめちゃくちゃ水はけが悪くて、洪水が起きるのは日常茶飯事なのでいまさらなんだってんだ…って感じですが、今回ばかりは、今日までに48人が死亡していること、新しいローマ教皇がアルゼンチン人になったせいか、どうも注目されるようになったようで(!?)世界的には(??)ブエノス大洪水で大変だー!!!うおおーーー!!ってことになってるっぽいですが、私の周りの人はみな、「いつものことですが何か?」ってノリです。ブエノスアイレスは洪水起きますよ、ってことを念頭に置いといて、水はけの悪いところに物件を買わないとかすれば、とりあえずいいんじゃないでしょうか。そんなに大騒ぎするほどのことでもありません。亡くなった方々には気の毒ですが…

私なんか、相変わらずサンタフェにスタックしているので、今回の洪水は、そもそも全然被害を被らなかったわけですが…サンタフェでも、セマナサンタ(イースター)の終わりごろ、一応、大雨降って、今いる家の前なんて一瞬川になりましたが、ブエノスほどではなく…ある意味面白かったです。ブエノスは今年は祝日プラスで6日間あったセマナサンタ休暇(日本でいうゴールデンウィーク的な存在)の間、全体的にお天気悪めだったようですが、こちらサンタフェは、最初の4日間は、めちゃめちゃ良いお天気に恵まれました!気温も上がり、プールに入ったり、またまた日焼けしたりと、真夏のような4日間でした。

セマナサンタの間、ブエノスアイレスから、料理部仲間たちが遊びに来てくれて、とーーーっても楽しい休暇になりました!!

IMG_2519.jpg

アサドしたり…

181058_430927570331263_1870660589_n_20130404054655.jpg

アサドしたり…

って中でも、料理部だけに、おいしいご飯もたくさん作ったよ!

156593_430926410331379_1134243206_n_20130404054658.jpg

ダッチオーブンでじっくり煮込んだ、塩豚のポトフ(水を入れないから旨みが凝縮!)。

8953_430926553664698_1345417112_n_20130404054656.jpg

サパシート(Zapallito)のファルシーとか。ほかにも色々作りましたが、どれもこれもめちゃくちゃ美味しかったです。久しぶりに、大きなキッチンで、みんなで一緒に料理をする楽しさが味わえました。みんなどうもありがとう!!いつか家を構えることになったら絶対大きなキッチンがいい!最近、ほったらかしで全く更新の見られない、料理部サイトにもそのうちこれらの写真&レシピなどをあげたいと思います。。。(いつ?)

(しかも今久々に開いたら、若干壊れてるっぽい…)

最初の数日は、サンタフェ市内をうろちょろしたり、今普段私たちがいる、キンタでのんびりしたりしたあと、ここから2時間ほど離れたますます田舎のカンポに行きました。

IMG_2703.jpg

セサミもんも一緒に。

美味しいものを食べながらお酒を飲んでおしゃべりしたり、

IMG_2676.jpg

夜はカメラと光で遊んだり、

IMG_2658.jpg

月明かりの中、夜の牧場を歩いたり。なんか10代の終わりとか20代前半のときにやった青春の1ページのような。楽しすぎます。

IMG_2764.jpg

ちなみに昼間はこんな感じ。

IMG_2791.jpg

まるでサバンナ!?のアルゼンチンのカンポをトラックの荷台で風に吹かれながら見学したり、悪路を行くトラックから飛び出しそうになったり、ハプニング続出で大笑いのセマナサンタとなりました。

あーめっちゃ楽しかった!!!

ちなみに、子供を入れて6人がブエノスから来てくれたんですが、全然誘った覚えの全くない、保安ママ&ロドルフォ(保安ママ彼)までがセルフインバイトにて参加。聞いてねえよー!!ってなわけで、来ない方向性に誘導したのですが、ここアルゼンチンには、

周りの空気を読むカルチャーがそもそもありません。

特に保安ママくらいの歳の女性になるとその読まなさと来たら、モンスター級。彼女の場合はそれにさらに輪をかけて、って感じですが、もはや「アルゼンチン女」以外になんとも形容しがたい、そのKYさ、人の都合など気にしない大胆さ、我こそが重力、とでもいったらいいのか?なんでしょう。そこまで野放図に生きているかと思えば、突然、泣いたり叫んだり、急に女になったりする。そうしても周りに受け入れられてしまう。ある意味うらやましい。アルゼンチン人の相方がいてこの国にいる日本人女子の間では、必ずと言っていいほどネタになる、力強いアルママたち。ある意味面白くもあるのですが…例えば、「さぁ、みんなで写真とるよー!」ってなったときに、真ん中にどーんとケツ割って入り込んでくるとかね。息子をパシリにするとかね。傍若無人な女王的存在なんです。アルゼンチンって国で、女っていうのは。それもそのはず、小さい頃から、「世の中で一番かわいいね」とちやほやされ、何をしてもかわいいかわいい、と甘やかされて育つのですから、どんな女ができあがるのか、やすやすと想像できるかと。。。

わかりやすく一言で言うと、大阪のオバチャンです。

(これを最初に聞いたときは、合点が行き過ぎて目の覚めるような思いをしましたw)

ひとつ間違いなく素晴らしい点としては、女性たちのキョーレツさ、そのお陰さまで、日本とかイギリスにいたときは、自由でぶっ飛んだタイプと認識されていた私ですら「全然クレイジーなところがない、穏やかで優しい人」として保安官に受け入れられるので、本当に助かっております。

アルゼンチン男子共は、その女性たちのご機嫌を、ばーさんになって、棺桶に入るまでとり続けないといけないわけですからそりゃもう大変です。女たちの指図されるままに動きます。親離れ、子離れ、なんてキーワードもそもそも、存在すらしないのではないでしょうか?親子の間に、遠慮なんてものはない。一方的にやりたい放題。逆に言えば、我がままな女性に鍛えられたアルゼンチン男性は、女性の扱いに慣れており、よくできていると言えるかも?

この辺の親子の関係に、アルゼンチン男子と一緒になる日本女子は、つまづく部分が多いかと思います。実際、そういった辺りが問題になって、破局を迎えてしまうカップルも多いのだとか。特に、彼(旦那)がママ側についてしまうパターンだと最悪で、相当に人間が出来た女子でない限り、別れが来るのはあっという間でしょうね。私の場合は、わかっちゃいるので、普段はできる限り自分の中で問題にならないようにしていますが(行きたくないときは自分は会いに行かないなど)、今サンタフェにいるので、それがちょっと難しい。友達と一緒のカンポでの休日みたく、向こうが勝手に来るパターンも多いし(まぁ、結果的にはとても楽しかったし、みんなも楽しんでくれたのでいいのですが)。お義母さん、毎日のように電話をかけてきては、息子を小間使いにし、あっちへこっちへと使いまわして、大変なことになっています。それを見ている私のほうが、ほとほと疲れています。。。

楽しいセマナサンタも終わったし、そろそろ本気でブエノスに帰らないとノイローゼになりそう。笑 何よりも嫌なのが、サンタフェには友達がいない…というか、そもそも「自分で作り上げた」世界は私にはないので、会う人も限られてくる。要するに保安官の家族だけ。それだけになんか、知らぬ間に影響されるのか、保安ママの勝手気ままさ、キョーレツさが、自分にまでこの頃移ってきたように思えて、なんか文句ばっかり言ってるっていうか…それが一番いや。とりあえず、大洪水よりも私の中ではアルママの方がよっぽど問題です。

セマナサンタの楽しいブログが一転して、アルママネタになってしまいましたが!みなさんもアルゼンチンママにはどうぞ、お気をつけくださいませ。

IMG_2853_20130404071148.jpg

カンポには、セサミもんとしょっちゅう見間違えてしまう、ニセ(ミ)もんもいました。


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ : アルゼンチン
ジャンル : 海外情報

ブエノスアイレスに帰ってきました!

12月から数えると、なんだかだで一年の3分の1近くブエノスにいなかったことになります。何かと移動の多い人生ですが、相変わらずです。サンタフェ内をうろちょろしたりでサンタフェ内でも移動が多く、パタゴニアに旅に出たり、ブエノスに一瞬帰ったり、保安官は

「うまれて初めてこんなに短期間にこんだけたくさん運転した」

と言ってた。確かに。車の移動もさすがに飽きてきて、サンタフェからブエノスの移動中はずっとセサミもんに話しかけたりしてました。セサミもんは、なんだか最近車が好きになってきて、車の中をうろうろしたり、私のひざの上に落ち着くようになったりしてるので、よかったけど。でもブエノスに帰ってきたら、庭のないおうちに帰ってきたのががっかりしたのか?田舎暮らしを満喫して疲れたのか?寝てばっかり。

まだ帰ってきてからちょこっと外に出ただけですが、なんだかブエノスにいない間に、大都市にありがちだけど、周辺が様変わりしてる。場所的な面だけでなく、周りの友人たちの動きも多いです。保安官の友だちなど、大学を卒業した仲間たちはほぼ1人残らず、と言った感じで、海外に出てます。今、アルゼンチンにいても、経済は不安定で、ペソは紙ごみ同然だし、外で働ける彼らみたいな職種の人たちはどんどん出て行く気がする。私の友だちも、出入りの動きが結構ありますが、今は日本人の友だちが多いので、これはしょうがないですね。海外暮らしでは、出会いと別れの流れが激しいのがつきものなので、慣れてるといいたいところですが…なかなかそうもいかない。ただ、出会いと別れが繰り返されると、生活のテンポがリセットされやすいというか、人生の中でステップアップ的なことが起こりやすい気がします。そして、人生のその時々で、必要な人は周りにいつもいてくれる気がする。

それと、ブエノスアイレス、臭い。全然「Buenos Aires = 良い空気」じゃない。ブエノスのアパート狭い!太陽が見えない!空が狭い!天気がいいのか悪いのかわからない!だけど色んなものがハイテク!何もかも壊れてない!洗濯機とかあるし!蚊も虫も鳥もいない!などなどの、田舎→都会の逆カルチャーショックの連続。しかし、都会には、人との出会いがある、人とのつながりがある、以外に何かいいことがあるだろうか?あんまりない気もする。ということは、同じような感覚を持つ人達同士で、田舎で暮らせばいいんじゃね?という気もする。

私たちも2013年を迎えて(迎えて、っつってももう4月だけど)、一旦リセットって状態。この先どうなっていくのかな?どっち方向へ動いていこうか?という感じです。まだ何もはっきり見えては来ないけど、なんか変化の年になっていきそうだなぁと感じます。さてどうなるかな…

私はとりあえず、ブエノスでやることを見つけないとなー。と思うけど、何をやろうかな?「何かをやらなくちゃダメだ」って強迫観念みたいのは最近だいぶなくなって来たので、楽になってはきた。何かタメになる仕事ができたらいいけど。仕事に限らずとも何か意味があれば。でも何をやればいいかとりあえずわからん。普段は食虫花みたいにボーッとしてて、なんか来たら突然がむしゃらに動き出す、受身の姿勢もそろそろ変える時かな?とも少し思う。けれど、私の生き方はやっぱり、カタツムリ的にのろのろとじっくり自分や周りを見渡して、アンテナをはっといてそれがピーンと反応し立ったらガツッと動く、っていうのがあってるかなぁとも思う。帰ってきたばかりなので、地に足が着いてないっていうのか、ふわふわしてる感じ。でも、時期がくればだいたい何かやれることが目に見えてくるはず。

そもそもが、パタゴニアでの「何もない」経験と、家族以外の人とあまり触れ合う機会のないサンタフェの田舎暮らしを通して、もともと持っていた価値観みたいのが覆されたというか、都会と田舎…というのか、何もない、誰もいないところとの暮らしの差というのか…うまくいえないのですが、都会で暮らすことの意味ってなんだろう?働かなくちゃいけないとか、キャリア重視とかなんだろう?生きるってなんだろう?という根本的なところに来てしまいました。そして考え抜いた末、何を考えていたのか、どうでもよくなったというか、正しく言うと忘れてしまいました。笑 やっぱり雑念が入るとダメです。パタゴニアレベルで何もない大自然に行かないと。結構いい線までいってたんだけどなー。

なんかわかんないけど、でっかいことやりたいな!なんかガーン!と環境を変えたりとかもいいな。もっと色々な場所や思想や物事を知りたい。自分が何を好きなのか、何をやっているのが楽しいのか、もっと突き詰めたい。言っとくと言霊で、本当になるかもしれないし、とりあえず発言しとく。笑 てかなんか起きそうな気がする!楽しみー。

というわけで全くまとまりがないですが、久々に独り言的つぶやきでした。つか、このブログもともとそんな感じだったんだけど(いや今でもそうか?)、年を追うごとに、なんとなくスタイルも変わってきたな。もちっと路線変更しようかな。パタゴニア旅行のことも何か書こうとか思っているうちに、日常生活に流されてまだ何もしてないし。いかんなー。でも書くことというのは、自分の散らばった考えがまとまってきたり、自分の中で消化されたりしていくのでとても好きです。さらにそれをウェブに晒すことによって、誰か1人でも2人にでも、その瞬間に必要としてた言葉や情報が見つかるかもしれないので、ブログやネットで色々書くことのできる現代は、そういう意味ではいいと思います。

とりあえず、今回のブエノス⇔サンタフェ via パタゴニアは、ちょっとした引越しだったので、しばらく落ち着いてまた自分たちのペースを取り戻すまでに時間がかかりそうです。去年も日本から戻ってきたときこんな感じだったかも。

なんかまぁ、とにかくよくわからんけど、毎日清く正しく楽しく頑張ります!そうしていれば、毎日は自然とよくなっていきます、いつも。ありがたいことに、そこら辺の価値観が保安官とはピッタリ合います。それに、いつだって物事は自分の見る角度の問題。辛いとか悲しいとか嫌だとかのネガティブも、きちっと受け止めるべき感情ではあると思うけど、それは全部自分が悲しくなりたくて好きでやってること。それならば、どうせならば毎日楽しいほうがいい。最近またそれに気づかされたのが、私は今住んでいるアパートの日当たりの悪いのがとても嫌だったのですが、保安官のママに言わせれば、

「ここは3階だから、外に木の緑が見えて本当にいいわねえ!」

なるほど物事は考えよう。

ちなみに、今日はマーガレット・サッチャーが亡くなり、イギリス人の彼女への「憎しみ」がここまでだったのか…ということを思い知らされました。サッチャーといえば、アルゼンチンでは、「マルビナスを取られた指揮者」的な感覚でも有名ですが、別にこっちではパーティとか喜びのコメントは聞かれませんが、今日のイギリスの感じはすごかった。私の周りのスコットランド人の友だちとかの発言含め、興味深かったです。特に、UK北部のサッチャーに対する嫌悪がここまでとは…グラスゴーのバンド、モグワイの曲にちなんで、ジョージスクエアって場所でサッチャー死んだぜやったぜ集まりがあったそうだけど…死んだ人にあそこまで嫌わなくても…という気もする。アルゼンチンでも、メネムが死んだら、パーティとかあるのかね?ってうちでは話題にしてました。


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング

テーマ : アルゼンチン
ジャンル : 海外情報

使ってみようシリーズ:サパシート(zapallito)

日本的にはめずらしいので使ってみようシリーズにしてみました!

サンタフェにいた夏の間、すっかり食生活もアルゼンチン化していました。前はあまり使わなかったけど、以来、多用している野菜があります!それがサパシート!(Zapallito)

IMG_2470.jpg

コロンとかわいい緑のちっこいカボチャみたいの。だけど味はズッキーニ。この野菜、ブエノスに住み始めたばかりの頃、なんじゃこれ?と思ってさっそく買って試してみたんだけど、

まずかった。。。

今思えば、新鮮じゃないやつを買ってしまったの。スカスカのフワフワで、最初の印象がそれで決まってしまったため、「美味しくない野菜」と脳内インプットされてしまい、それ以来、食卓にあがることはなく…。

しかしこの野菜、例えば、アルゼンチン人に、

「庭で野菜育てるとしたら何作る?」

と聞いたと仮定して、

「たまねぎ、にんじん、じゃがいも、トマトとサパシート」

って出てくるくらいアルゼンチンの食生活になじんでおり、八百屋でもスーパーでもどこでも見かける馴染み深い野菜。サンタフェ暮らしでは、ブエノスのように中華街とかないし、変わった食材は買えないので食材も限られてくるし、地元密着型で久しぶりに買うようになりました。きっかけは、保安ママのおうちで働いているマリ(アルゼンチン人)の作ってくれた、家庭料理、サパシートのオムレツ、Tortilla de zapallitos。あんまり好きじゃないんだけどもな~と思いつつも食べたら、とっても美味しかったんです。

アルゼンチンの家庭料理…と言っても(いや、だからこそ?)超簡単ですw

IMG_2479.jpg

半月形とか、なんでも適当にサパシートを切り、

IMG_2481.jpg

適当に油で炒め

IMG_2484.jpg

しんなりやわらかくなったら、ボウルに割って溶いた卵(4~6個くらい、好きな分量で)に入れてここまでに、しっかり塩コショウで味付けちゃう。

IMG_2485.jpg

さっきのフライパンに戻して、ジャーっとなったら丸く成型して、途中でお皿を使ってひっくり返して、両面を焼く。

IMG_2489.jpg

横着して、がっつりしたおばあちゃんの鉄なべを、私の大嫌いな電気のコンロで使ったら(言い訳)上手に焼けず、がっかりな仕上がり…

IMG_2494.jpg

気を取り直して、上からチーズをかけてごまかすとできあがり!

IMG_2508.jpg

このように、ケーキのようにして切り分けて食べます。

IMG_2506.jpg

この日は、夕食のチョリパン(またか)のお供に。

上手に焼くのには、棒状など、もうちょっと細かめにサパシートを切り、じっくり炒めて水分を飛ばすことです。マリが作っているときはそうやっていました。マリは、色んなアルゼンチンのお料理が上手らしいので、次に機会があったら色々教えてもらいたいな。でも、私は歯ごたえがあるほうがすきなので、大きく切って、炒め時間も若干短縮してやってみましたが、うーむ。かといって、卵と一緒に焼いているときにも火が通るので、あまり最初に炒めすぎてもやわらかくなりすぎるし。歯ごたえもよく、うまくまとまりあるように、水気も調節して焼くのには、サパシートの切り方、いためる時間、各家庭のコンロにあわせたタイミングなど、ちょっとした研究が必要みたいですな。アルゼンチン道、シンプルそうでなかなか奥が深い!?

野菜炒めにしても、何にしても、さっぱりしていて、日本人の口にあいます。最初は嫌いだったのに、いまでは、八百屋に行くと必ず買うようになりました。日本では、「サラダかぼちゃ」なんていう名前でも呼ばれているそうで、アルゼンチン感覚では驚き!目からウロコの、「生でサラダで」食べられるんだそうで。あら、ほんと、薄切りにしてちょっと塩をかけて食べると美味しい!!塩をかけなくても美味しいから、お料理しながら、切りながらついついつまんじゃいます。生で食べられるってことは、酢の物とか、ナムル、お漬物、ぬかみそとかにつけても美味しそうだー!やってみたい。

まとめるのが面倒であれば、オムレツにわざわざしなくても、卵と一緒に塩コショウで炒めるだけで美味しいし、ベーコンと一緒に炒めたり、もやしとか他の野菜と一緒にいためても、サパシートだけでも美味しくてこの頃はまってます。

何にでもできるけど、あとはやっぱこのカタチだとついついやってみたくなる、詰め物!

サパシート

こないだの料理部で、豚挽き肉、お米、玉ねぎなどでタネを作って、トマトとくりぬいた中身を焦げないようにお鍋の底にしいてことことしてみました。長時間煮込んでも煮崩れない。味がよくしみてウマーーーー♪

すっかりサパシートファンの今日この頃です。最初の印象が悪かった人と、親友になったり、付き合い始めたりすることってあるけど、サパちゃんもそのひとりだわ!?


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング

テーマ : お料理
ジャンル : 趣味・実用

久々のブエノス暮らし

ブエノスに帰ってきて、久しぶりに友だちに会いに、お昼頃おでかけ。ケーキを買って、他にも途中に寄って買っていこうと思い、時間にルーズな私らしくなく、かなり早めに家を出る。そんなわけで、これじゃー、途中にお店に寄っても、早く着きすぎちゃうなー♪あんまり早く着いてもご迷惑だなー♪なんて余裕ぶっかましていた。

雨がやんだばかりのブエノス。道はまだ濡れていた。信号で止まっていた目的のバスが、ちょうど動き出すところ。乗り遅れまい、とちょっとダッシュすると、なんと濡れた道でツルッとすべって、歩道に斜めに突っ込んでしまった。左手にケーキを空中に高々と上げ、自分の体は守るべく、右手でアスファルトに着地すると、手の皮がずるっと剥けた…ついでに右の腰も軽く打った。

それでもまず最初に気にしたことは、後ろを振り向いて、「バスの運転手さんに見られちゃったかな?」一応女子ですから。バスはまだまだ後方にいて大丈夫。イテテテテと思いながらも、久しぶりに使うSUBE(ブエノスのバスカード)を取りだし、

「ウノ・ベインテ ポルファボール」(1.20ペソ(のチケット)下さい)

と運転手に告げると、機械に表示されたのは1.60。なんと!!想像はしていたものの、バス値上がりしてた!!自分、浦島だったか!

バカみたいにコケて、手はじんじん痛いし、せっかく買ったケーキは心配だし、バスは値上がりしているしで、悲しくなって即効、保安官に電話する。ねぇねぇ、バスが値上がりしてたよー涙、転んだよー涙、って聞いてもらうためである。ねぇねぇ、ママー、って子供か!

そんなこんなするうちに、「あれ?友だちのうちの道ってここだっけ?いや、もうちょっと先だったよな…」という場所をまんまと乗り過ごし、バス停3つ先くらいまで行ってしまう。

ああああ!!ブエノスで暮らすときって、ギアT必須なんだったぁああ!!

と歯を噛み締める。今日持ってない…バッグにもない…ちなみにギアTとは、バスの路線図と、ブエノスカピタルの地図を兼ねるもので、バスに乗りながら、今、どこの道かなー?と調べるのに便利な、キオスコとかで買える小さな本。

そこでまた悲しくなり、ママ保安官に電話。乗り過ごしたぁー目的の道までどの道を行けばいい?って自分でもわかるのに、甘えすぎだ…

朝から、ツルっとこけるわ、バスはがっつり乗り過ごすわ、本当に情けなくなりながらも、歩く。最近、運動不足だったし、健康のためにも、たくさん歩いたほうがいいとか言い聞かせながら。そして歩く、歩く…と思ったら、目的の道にいない自分!よく見たら、友達のうちのある道と1本東側を歩いており、しかも友だちの家を越えてた!

自分いったい、何。。。笑笑笑

ちなみに、友だちのうちは、いつもお邪魔している、何度も行きなれた道。そもそも、バスだってよく考えたら、とても近いので、ウノベインテ(1.20)じゃなくて、ウノディエス(1.10)で良かったんだ。(いや、今値上がりして1.50だけども)さらに、いつもそこで降りてたんだから、バスをたっぷりと乗り過ごすってのがまず自分がボケすぎているし、しまいには、道まで間違うなんて…!!!おまけに、すっころぶというおまけつき。

友だちの家に着く前に、再び、保安官に電話して「もう、ブエノスで暮らせない~~涙 ブエノスでどうやって暮らすか田舎暮らししすぎて忘れちゃったよ~」と泣きつくと、「しばらくブエノス離れてるとそういう不思議現象なるよねー。僕もなるなる。」と。どうもすっとこどっこいの私だけじゃなかったみたい。

ほんと、久々のブエノスは、気を引き締めていかないとダメだー!!でも、こんなバカ野郎でも、ブエノスアイレスで暮らせる(暮らせてないじゃん)っていう昨日の出来事でした。なんか目が覚めたー!っていうのか。ブエノスはやっぱり、いろんなことが早く動いていて、たくさん人がいて車がいて…エトセトラ。まだまだ田舎モードでゆるーいテンポが続いていた私に、ブエノス暮らしのスピードのカルチャーショック体験でした。。。

アホすぎた。。。

そして、お店による時間はもちろんなく、約束の時間ぴったりに友だち宅に到着。むしろ、いつもは時間に遅れて参上する私が時間通りに現れてびっくり!という結末。やっぱり、柄にもないこと(=早く家を出るとか)するからこんなことになったのかもw でも久々の友だちとの再会はとーーーーっても楽しくて、バカすぎる自分の到着までの逸話も笑い話にできるくらいでした。


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング

テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

オーガニックマーケット

日曜日、お天気もよかったので、月イチでブエノスのどこかでやってるぽい、移動型のオーガニックマーケットに行ってきました!

Buenos Aires Market

↑写真とかはサイトにあるよ

今回はベルグラノの、週末タンゴを踊る場所がある広場であったよ。

いやーそれにしてもすっごい人ごみだった。それもそのはず、土曜日日曜日の2日間で3万人の人手があったとか。いつからブエノス人、オーガニックに興味あるの?いやたぶんほとんど冷やかしだとは思うけども。なんかあるから寄ってみよ~っていう人もたくさんいるだろうし。

オーガニックをメインとする食品や、屋台、飲み物、野菜に調味料などなど…のスタンドがたくさん立っているお祭りみたいなもんなんだけど、あまりに大盛況すぎて、それぞれのスタンドが何のお店なのか見えないっていう。人の波に疲れちゃって、保安官は

「嫌い!もう2度と行かない!」

って言ってた。いや、ほんとに同感。笑 イベント自体はいいんだけど、なんか運営の仕方とか集まってる人とか、前に行ったときも思ったんだけど、どこがダメなのかわからんのだけど、なんか微妙。とにかく人手が多すぎるってのが一番の問題。普段から人ごみ嫌いなのに、田舎帰りの我々には更に倍…

押し合い圧し合いして、オーガニックご飯と飲み物、クロワッサンなどを買い食いして、他にも適当にみつくろって購入したあとは、待ち合わせた友だちとすぐ中華街に向かい、久々に中華街ショッピングも楽しみました。

いやーホント、ブエノスの週末ハンパない。人が山盛り。。。週末の中華街も大盛況。常連だった魚屋の兄ちゃんが、お店を代わっていて、

「オー、アミーガ!!長らく会ってなかったなーどうしてた!?前の店に良く来てたよな!俺最近変わったんだよー」

と話しかけてくれてなんだか、家に帰ってきた気がしました。でもあんまりにも田舎ボケしてて、アレ?兄ちゃん?前からこの店じゃ…ああああーーアンタか!!という脳みその働きがスローな感じで、我ながら本当に頭が腐っている今日この頃。ごめん兄ちゃん…

973.jpg

オーガニックマーケットで買ったもの。すっごい新鮮で嬉しくなるキノコ。白と茶色。それと、友だちとよく行くRolasoっていうパリシャでこのあいだ食べてすっごく美味しかったパタゴニアの塩。たったの70グラムで50ペソもしたけど、たまにはこういう美味しい塩を買ってもいいかなと。あとは、ちょうど切れてた粒々マスタード。野菜とか特に、今年はもうちょっとオーガニックに触れ合えたらいいいなぁ。ブエノスでも最近、少しずつオーガニックが馴染んできてる部分もあるし。

5263_10152786343990341_1148318179_n.jpg

夕食に、中華街で買った豆苗と、アバデホ(タラ系)というお魚、そしてマッシュルームを使ってご飯。豆苗はそのまんまでサラダでうまい。アバデホはオーブンで焼いて、サルサ・クリオシャを乗っける。マッシュルームご飯は、前に同じマーケットに行ったとき、食べたご飯が元ネタ。玄米をアルデンテにゆでて、ニンニクみじん切り、玉ねぎみじん切りと大きめにきったマッシュルームと一緒にオリーブオイルでいためて、適当に味付けて、できあがり。ゆでるときに、スープストックとかで米に味つけちゃっても。今日は仕上げにほうれん草を入れてみたよ。

最近、写真とったり色々やる気ないので、ボケっとしてたら、言わなくても保安官がケータイで写真を撮っていたので、上はその写真。ご飯的にも、少しずつ普段の暮らしに戻ってきている感じかな。

951.jpg

関係ないけど、最近登場してなくてかわいそうなので(?)、セサミもん。最近、保安官のママがセサミもん用ベッドに、とプレゼントしてくれたマットを愛用しています。「タタミ、っていう名前のマットがセサミもんに良さそうだったから買ったのよ~!」というのでどんな畳?と思ったら全然タタミじゃなかった。インド産だし。タタミ、ってインドの言葉で何かあるのかな?


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング

テーマ : お料理
ジャンル : 趣味・実用

定番:鶏胸肉のミラネサ

今日は久々に鶏肉のミラネサを作りました!

前にもブログに載せたり、最近壊れている(早く直せ自分)料理部サイトにレシピを載せたりしてますが(料理部自体の活動は相変わらず楽しく続いてるよ)。

やっぱり美味しいミラネサ

家で作るのが一番。ジューシーにおいしくできるから。

020_20130423121133.jpg

パン粉が近所のスーパーにこの頃売ってないので、ちょっと面倒ですが、スライスしたフランスパン的なパンを120度くらいの低温オーブンでかわかして、ミキサーでがーっとやってパン粉も作りました。パン粉作って、昼と夜とご飯作って(うちの保安くんは在宅勤務なのでね…)お掃除して洗濯して、ってやってると一日あっという間。自分を主婦と呼ぶつもりはないけど(もしくは呼びたくないけど)、家の仕事って真面目にやると意外と大変かも。まぁやりがいはある。

鶏のミラネサは、胸肉を薄切りに→卵を溶いた液にプロベンサル(パセリのみじん切りとにんにくのみじん切り、またはその乾燥したもの)、塩コショウしたものにつけたのを→いきなりパン粉につける。焼くときはごく薄くひいた油で、ってだけで簡単にできるからいいのですが、こちらでは主食(!)になるので、たくさん作る。そしてあっという間になくなる。アルゼンチンの人は、肉屋で、パン粉までついたできあいのものをキロ単位で購入してます。で、どこの店のミラネサが美味しい、とか話題にしてる。家で作れといいたくなりますが。そんなわけで、サンタフェにいる間も、保安パパとかが「美味しいミラネサ」を肉屋で買ってくるので、作る必要がなかった。

久々に、家で手作りミラネサを作ったら

「うーん、やっぱり美味しいねー!この美味しさを長いこと忘れてた。」

と保安官が言ってくれました。ほんとだねー。

018_20130423121132.jpg

それと、定番のにんじんとゆで卵のサラダ。これも、サンタフェに、ざくざくにんじんをおろすやつがなかったので久々。ゆずこしょうドレッシングで。レシピはにんじんとゆで卵のサラダ、にリンクしたとこにあります。

024_20130423121135.jpg

今日は、ミラネサは、ブルドッグの業務用とんかつソースで食べましたー。こっちでも手に入ります。

あと、最近、柿が旬です。秋です。

009_20130423121136.jpg

私は、カリコリと歯ごたえがあるやつが好きです。

013_20130423121138.jpg

むいてはせっせと食べてます。ざくろとかも並んでる。普通のスーパーにもある。普通のスーパーにはあんまりないけど、きのこなんかも旬で、中華街では新鮮なきのこが、いつもより安く売ってて嬉しい。旬を感じるものは美味しいし嬉しい。

寒いの嫌いなので、冬が来るのはやだけど、美味しいものがたくさんある秋はいいな~。


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング

テーマ : 食生活
ジャンル : ライフ

パレルモのオーガニックマーケット

もすこしオーガニックの食品とか、感覚とかに自分なりに馴染んでみようと思っている今日この頃。あんまりキチキチしないで、気にしないで、自分の好きな時に自分にできるだけ、テキトーにナチュラルな感じでやりたい。似たようなマインドのお友だちに教えてもらって、今日は一緒に、パレルモのBonpland 1660にある、Mercado de Economía Solidaria Bonplandってとこに行ってきたぞ!

全部が全部、オーガニックってわけじゃないみたいだけど、オーガニックの食品をはじめとし、洋服や本なども置いてあった。時には、単なる手作り作品を並べただけの店があったり、毛糸と手編み作品が置いてあるだけの店があったりと、あんまりばっしり決まりもなく、なんかゆる~くヒッピーな感じで、まったりとしててこういう雰囲気はやたらと落ち着く。お店の人もいい人多いし。来ているお客さんも、心地よいやわらかい素材の服を着てたりして、話すことありそうな、なんか友達になれそうな。要するに個人的には、かなり好みな場所でした。

ディエテティカ(Dietetica)っていうと、ここでは、「健康食品店」っていう感じで、街のあちこちにあるんだけど、それが集合したマーケットって感じがしました。野菜とか、ハーブ、ジャムやはちみつ、お茶に鶏肉、卵にシリアル…などなど、せっけんやシャンプーにいたるまで色んなものが買える。野菜はちょぴっとしおれた感じのが今日は多かったんだけど、土曜日がどうも入荷日のようで、土曜に行くと新鮮な野菜がたくさん買えるんだとか!ちなみに、開店日は、火曜日、金曜日、土曜日、いずれも朝10時から夜の22時まで。

230420131649.jpg

いくつもお店があります。お店で買い物すると、「袋いる?」って結構普通に聞かれて、あれっ。オーガニックマーケットなのに袋とかくれるんだーってのが意外とびっくり。自分で買い物袋持ってったけど。最近、ブエノスでもエコ風に、買い物袋持参がかなり浸透してきた。

230420131650.jpg

外には、なんか壁画(じゃないけど…)があったりしてゆるめな気分満載。

230420131653.jpg

入り口。いつから始まったのか知らないけど、意外と始まってから長いことたってそうな雰囲気。中は倉庫みたいな感じで、ハトが住んでいて、買い物が終った後、落し物が落ちてきました…運がついたな。この頃、道でワンコのできたてほやほやウンにょとか踏んだり、何かと運気ついてる。おそらく都会ブエノス暮らしに未だついていけず、いつもより注意力散漫なだけ。

004_20130424121723.jpg

今日の戦利品。オーガニックのレモンといんげん。レモンはオーガニックということで無農薬だろうし、最近マイブームの、はちみつレモンつくろうと思って。あとルッコラも買ったけど、水につけてて写真とるの忘れた。それと、オーガニックの大豆が売っていたので買いました!ちゃんと

「オーガニックってことは、遺伝子組み換えじゃないってことだよね?」

と聞いて確認済み。

「そうだよ、遺伝子組み換えじゃないよ。」

というので、

「アルゼンチンの大豆ってほとんど遺伝子組み換えなんでしょ?オーガニックで作るには、400メートル四方、他の畑と周りを隔てたりなど、大変な苦労だとビデオで見たけど。」

というと、

「そうそう、うんちゃらヘクタール(私はこのヘクタールというのが、島国人間の脳内ではスケールが違いすぎてどうも換算できない)周りに必要でどうちゃらこうちゃら」

と横にいたおばさんも出てきて色々話し出した。産地はサンタフェだそうです。おお!サンタフェ!!うちに帰ってきて、それを保安官に伝えると、

「うちのパートナーは、クールでセクシーなサンタフェシーノなのよーって教えた!?ねえ言った!?」

といつものアルゼンチン風ジョークが来ました。うん、クールでセクシーは別としても、うちのはサンタフェシーノだと一瞬言おうと思ったけど言わなかった。

それから、ブエノスのヒッピー情報満載っぽい、冊子をいくつかもらってきました。お店の情報とかのってる。肩肘張らずにゆるりと参加できそうなイベントとかもありそうで、楽しみに読んでみます。

帰り道、Bonpland沿いを歩きながらAv.Santa Fe方面に歩いていると、またしても健康食品のお店を発見したので、入店。手作りの洋服を置いてあるお店と場所をシェアしてた。そこで、オーガニックの玄米と、ゴボウを買いました。玄米は健康的だけど、胚芽を含む分、農薬を含みやすいと聞いたことがあるので、オーガニックだとなんだか安心。日本食って、健康食品店によく置いてある。米酢、昆布、ひじきやごぼうなどの野菜。ものによっては、ヘルシーな食品として浸透している。

013_20130424121717.jpg

今日はとりあえず、買ったオーガニックいんげんで、シンプルに、したゆでしたのを、にんにくとオリーブオイルで炒めて、最後に水をじゃっと入れて、ちょっとソース風にしてみた。こういうの大好き。向こうに見えるのは、冷蔵庫にあったゴーヤと豆腐とばら肉&卵でゴーヤチャンプル。ゴーヤをほったらかしにしておいたら、黄色くなってた。半分に割ってみたらなんと種が赤い!!こんなゴーヤ初めて見た…しかし熟しているだけだ、ということにして普通に食べました。黄色くてもうまかった。

ちなみに、妹から聞いたゴーヤチャンプルテクニック。ゴーヤは薄切りにして、塩水に5~10分くらい放っておいたあと炒めると、苦すぎずさっぱり食べられる。そして豆腐は、ちぎって、最初にごま油で焼き目をつけるようにじっと焼いてから、取り出しておき、豚肉をいためてあとで全部いため合わせる。これやるだけでだいぶ美味しいので以来ずっとこの方法です。豚肉には、醤油&酒、卵には軽く塩、で下味を漬けておくとさらに良し。

近いうち、オーガニックマーケットで買った大豆でお豆腐でも作ってみたいと思います。あと、Punto Verdeっていうオーガニックマーケットにも行ってみたい。一度、オーガニック野菜に目覚めると(ってほど全然目覚めてないけど)冷蔵庫に普通に鎮座してる、普通にスーパーで買った野菜たちがなんか、バイキンマンのように思えてくる…オーガニック食品店でみかける、不揃いで不恰好だけど、愛しくかわいい野菜ちゃんたちを見てしまうと余計そう思います。その愛らしさは、うちのオトンとオカンがやってる家庭菜園で取れる野菜に似てた。


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング

テーマ : 食品・食べ物・食生活
ジャンル : ライフ

フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
189位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
6位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。