CHOCO★BLOGG 2012年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆カルチャーショックについて

ふと気づけば、ブログに広告が出ちゃってました(1ヶ月以上更新していないということ)。今、保安官と一緒に日本に帰ってきています。残念ながら、セサミもんは、手続きが間に合わなかったこともあり(日本に入国するためには、なんと半年以上の準備期間がいるのだ)、さすがに今回は一緒に旅することができず、友達に預かってもらっています。

日本にいる間は、更新する頻度が減るだろうなぁとは思っていたけど、こんなに合間を置くつもりはなかったのですが、自分のパソコン(パソコンってパーソナルコンピュータの略なのに「自分の」パソコン、ってのもまた変な話ですが)が手元にないためか、ゆっくり落ち着いて画面に向かう時間もなく、今に至ります。

あーこれも、あれも、ブログに書きたいな~ということはたくさんあるのだけど!

さすがに1ヶ月がたち、だいぶ慣れてきましたが、アルゼンチン暮らしから戻ってきた日本は、逆カルチャーショックの嵐でございました。

①宅急便などの宅配便があっという間に、全くの問題なく届く!

-アルゼンチンでは、なんと!無事に届いた!ラッキー!というくらいの郵便事情ですので(笑)これはものすごいカルチャーショックでした。帰ってくるたびに日本は便利になっていきます。1日前に注文したネット購入が翌日ついたりとかも驚き。実は、妹が結婚したのですが、そのとき、出席する私たち家族が着る着物を、結婚式場で着替えるところに宅急便で送り、終わった後も自宅に送り返す、ということをしたんだけど、

「着物なんて高価なもの宅急便で送っちゃってもし届かなかったらどうするの…汗」

と恐ろしい気持ちにさいなまされていたのはどうも私だけだったようです。あれ。。。

②何しろ治安が良い!

-一眼レフのカメラを生で堂々と首からさげて歩けるなんて夢のようです。アルゼンチンでは盗まれるか刺されるかが怖くて、まずできない行為。ここぞとばかりにガンガン首からカメラをさげて歩いています。日本の生活に慣れちゃって、またブエノスに帰ったら、同じことを続けそうで怖い。

-夜道を安心して駅から自宅まで歩ける、というのには、保安官もかなり驚いていました。日本人であるはずの私も、最初の1~2週間ほどは、ブエノスでの生活習慣のせいか、夜道を歩くときは、右見て左見て後ろ振り返って、やべーヤラレルかも!と、ドキドキしながら歩いたもんですがこれも最近では、日本の治安の良さにあぐらをかくようになってしまいました。ここまで安全な国はたぶん世界探しても日本と北欧くらいではないでしょうか。夜中にコンビニが営業できるというのは、やはりすごいことです。

③商品があふれている!

-おそらく今の日本に、ないものはないのでは。化粧品ひとつとっても、商品がありすぎてどれを買っていいのかさっぱりわからずとりあえず「ちふれ」を買った昭和生まれであります。これは、今までの日本がずっとそうであったのか、私が今、アルゼンチンに住んでいるから感じることなのか、はっきりわかりません。親などに言ってみると、「前からそうよ」と言われますが、それにしても最近の日本は輪をかけてモノであふれているように思います。保安などは、「モノがたくさんあるというのは、選択肢が多い、という意味でいいことだと思う、僕は好きだ」といいますが、私のようなズボラな人間は、ありすぎてどれを選んでいいかわからず時間の無駄になってしまったり。日本と比べると断然に選択肢の少ないアルゼンチンは、それはそれでいいことのような気がします。

-何しろ、どこへ行っても店がある。ちょっと行楽地へ行くと、名物、土産もの屋であふれていて、そしてまたお客さんが次々と品物を買っていく様子が。これには保安も驚いていました。土産文化がこれほど盛んなのは、日本独特の現象ではないでしょうか?そしてこうして人々が、何かと買い物をするから、経済が回るのだなぁとつくづく思います。日本はもし完全に鎖国化しても、国内だけでやっていけそうな気がする。やっていけないところも、やっていけるような案をどんどん生み出して商品化していって。

④トイレがすごい!

-このごろでは、どこへ行っても、ウォシュレットがついていて、きれいなトイレになっていてびっくり。高速の休憩所なども、一昔前までは、和式で汚くて、ティッシュがあるかすらもわからなくて…という状態だったように思いますが(これもまた、オカンに言うと「そう?そんなことないわよ」というのですが、きっと今に慣れすぎて忘れてるだけだ!)、いまどきの高速便所は、どこのトイレが開いているかわかる電光掲示板的なものすらある始末!そんな金があるなら高速代安くしろ!って気もしますが。保安は、日本の高速料金の高さにカルチャーショックを受けています。最近、ETCを導入したうちの両親が(ETCを使うと割引になるので)、高速で料金を払うたび「あら、安い!」と叫んでいるので余計です。

-ただ、ウォシュレットというのは、どうも自分ちでしか使いたくない。レストランや、公衆便所のウォシュレットを使いたくないと思うのは私だけでしょうか?アルゼンチンでも同様で、自分ちのビデは大好きだけど、よそのうちでビデを使うのはなんとなく。。。

そのほかにも、たくさんこれは!!って思うことあるのですが、どうも、友達などに話してみると、当たり前だよ、といわれることが多く、私は普段一体どんな国に住み、自分はどれだけ浦島花子化しているのかが時折気になります。普段、日本に住んでいる人たちにも、日本はこんなところがすごいと思う!という部分を知ってほしいです。日本ははっきりいって「当たり前」な国じゃ全然ないと思うのです。カラフルでとても面白いです。

普段は、アルゼンチンで、「外人」(=非アルゼンチン人)とアルゼンチンと母国や他国の違いをネタにして酒を飲んでいる私ですが、今それを相方の保安としている状態です。保安は、以前にも観光で日本を訪れたことがあるため、初めての日本ではありませんが、日本の暮らしにとけこんだ生活をするのは初めてなので、

温泉に裸で入るのがすごい!
日本の高速の車の速度が遅い!
山にハイヒールで来る女性がいるのが意味わからん!
電車が発車するたびに何で音楽がなるの?

などなどたくさん外人らしいカルチャーショックがあって私にとっても面白いです。

あと、私が何よりすごいと思うのはやはり、「震災後」の日本があること。一言では表すことができませんが、今後、大地震が来た場合の対策法、避難場所、人々の意識のシフトなど、数え切れないほど気づくことがあります。たとえば最近の日本は、エコや節電が、口や夢ばかりじゃなく実際、実用化されてる部分を多く感じます。電気屋さんにいくと、家に取り付ける太陽電池の装置が大々的においてあります。ハイブリッドなどの電気自動車もかなり増えています。新築の家を建てるときの許可も、耐震性などにおいてさらに厳しくなったようです。

震災で壊れた部分は、関東に住む私の両親の家(今お世話になっている実家)の周りにも少なくなく、いままさに直されている道路などもあります。もちろん放射能の問題などもありますが、この「震災後」の日本の強さみたいのは、外からの目だからこそ、大きく感じられる部分なのじゃないかと思っています。成田に着いたとき、まず目に入ってきたのは、「がんばろう、日本!」という文字でした。そして、日本は本当に頑張っている。

また時間を見つけてブログ更新したいと思います!


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
250位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
4位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。