CHOCO★BLOGG 2011年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンディオカのフライ(Mandioca Frita)

南米料理でよく使われるこのおイモさん、マンディオカ。あのネットリほくほくした食感が忘れられず、いつか家でも料理してみたい!という思いをようやく決行する日が来ました。

そういや、ずっと前、「いつかこのイモを調理してみたい」とブログに書いたうろ覚えがあったので検索してみると

ホッケーとか、芋の話とか (2010.07.19 Mon)

ははははは。1年以上前じゃねぇか。さすが、あっぱれ自分。まぁ、今では、このイモは「アルゼンチンではマンディオカという名前」「タピオカ粉が取れるのはこのイモから」「キャッサバやユカなどとも呼ばれる」「毒性のある品種もあり、毒抜きが必要」(しかし、どうも、この辺で普通に食用として売られているものは、毒性の低い品種、甘味種のよう)などの知識が増えているので、まぁそれなりに成長しているということでよしとしよう。

002_20111102004952.jpg

まずは、マンディオカを買ってくる。近くのスーパーで、1キロ8ペソでした。これは750グラムくらいの大きさ。

毒がある情報を前聞いていたので、ネットでレシピを一生懸命調べて、自由研究。まずは、「マンディオカ フライ」と素直に日本語で入れてみるものの、ヒットなし。3分くらい考えて、そうだスペイン語でしらべりゃいいんじゃんアホかと思い、「Mandioca Frita」と今度は入れてみるが、これまたあっさり目な結果に。そして毒に関する情報はなにひとつ出てこず。このときはエクアドル料理、としてたくさんヒットしました。

そうか、なるほど。国によって呼び方が違うわけです。「yuca」に変えて検索してみると、今度は山ほど出てきました!ペルーの料理方が。そしてキューバ、ウルグアイ、コロンビアの料理法が…てかマンディオカなんて呼ぶのって、もしやアルゼンチンくらい?スペイン語、と一口に言っても、国によって色々違うのでややこしいです。いや、アルゼンチンのスペイン語が一番、変なんですがね。。。

(ちなみに、「ユカ フライ」と日本語で入れてもでてきました)

南米人各種と同居している31o5ちゃんが、前、なんかポイントがあるって言ってたのを思い出して、それについて調べたかったんだけどぱっとした調理法が出てこず、直接聞いてみると、どうも、ペルー人たちは、1時間ほど下ゆでしてから、イモの真ん中の繊維を切り取るんだそうで。

こんだけ色々調べたあと、原点に立ち返り、イモを見てみたら、あれ、周りに紙がついてた…

011_20111102004952.jpg

マンディオカの説明と、調理法が裏に書いてある紙だったというオチ。しかもこれが一番わかりやすかったという…

*健康食品で、太らない
*繊維が含まれていてバランスのとれた食事に最適
*どんな種類の食事にもサラダにも良く合う
*消化がよく、便秘やコレステロールにきく
*ミシオネス州(アルゼンチン北部)の自然から直送

へー。まーこれから油であげるんで、太らないってのは微妙だが。。。

025_20111102004951.jpg

とりあえず、皮は厚めにむいたほうがいい気がなんとなくしたので、大根並みにぶあつめにむいてみた。

026_20111102004951.jpg

適当に切って、ゆでてみた。20分くらいで、裂けたように割れてきて、いかにも「ゆであがりましたよ!」という姿になったので、お湯を切る。

033_20111102012218.jpg

中の繊維を切る…ってところが微妙に意味がわかんなかったんですが、真ん中めがけて半分に切ってみると、すぐわかりました。これか。確かに、ふとい繊維が一本渡ってた。これをとるのね。そして…

031_20111102004951.jpg

レストランとかで食べてる大きさをイメージし、適当に切り分けて、じっくりあげてみた。

041_20111102012218.jpg

できあがり。なかなかうまそーにできたぞ!

044_20111102012217.jpg

この日のご飯は、簡単に、豚肉の焼いたのと、アスパラベーコン。それと一緒に食べました。ハーブソルトをかけて。

フライにするときも、いきなりあげず、まず最初にゆでるのが基本みたいです。とにかく、何にして食べるにしても、まずゆでる。紙の裏には、塩少々入れたお湯で15分前後ゆでると書いてあります。冬季はそれ以上ゆでる、って括弧書きで。ゆでたままの状態でも食べられるし、つぶしてピューレにしてもよし、ニョッキにしてもよし、サラダとして食べてもよし、米やポテト同様、主食にしてもよし。

051_20111102012217.jpg

外がカリっとあがって、中は独特のねっとりした食感とほんのりした甘み。うーん、おいしい。これは、はまります。保安官は、普通のポテトフライの方が好きみたいですが。

こないだの移民の日のお祭りで食べた、ベネズエラ料理のこのおいもちゃんも美味しかったので、今度チャレンジしてみたいと思います。あと、みほさんおすすめの、一口大に切ったものの素あげに、ガーリック&ベーコンからめたやつも。

また1年後くらいなのかしら、自分(笑

そのほかの関連記事↓

不思議な食感、チパ



スペイン語の勉強と、南米料理の習得どちらにも役立ちそうなおっさんのビデオ発見↑
ブログに行ってみたら、色々な料理を作ってました。ありがたや、ありがたや。


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ : 作ってみた
ジャンル : グルメ

巨大イカ足のイカ団子でイカについて学んだ

こないだ、ご飯にした、巨大イカの足。ちょっと趣向を変えて、イカ団子にしてみたものの…

これが、散々な結果に!!

試作品的に前もって作ってみたときは、大丈夫だったんだけどな。なんだったんだろ?

とりあえず、イカ足の、皮と吸盤などを取り除き、大ぶりに切って塩でもんだあと、フープロに、卵白1個分と、片栗粉少々をいれ混ぜ…手で丸めたものを油であげたんだけど…

この時点までは、普通にイカの匂いがしてたんだけど。

油で揚げている間、猫の、おしっこの匂いがしてきた。あれ?セサミもんなの?普段、普通にトイレでおしっこしてたら、におわないようになってるし、まさかキッチンまでは何があったってにおわないし…

???

あれ?なんかこの、強烈おしっこ臭、油の入った中華なべからしてくるような…

やっぱりそうだ。イカ団子を揚げてるお鍋から強烈なアンモニア臭があああ。

イカは大きくなればなるほどアンモニア臭が強くなり、特に巨大イカ(ダイオウイカとか)が、アンモニア臭いって話は聞いたことあったけど、まさか、このイカに限ってそんなことがあるわけと思ってたんだけど…食用として売ってるわけだし。でも明らかに猫のおしっこ臭かった。。。揚げていて気分悪くなってきた。。。

グーグル先生に聞いてみたら、イカのアンモニア臭について書いてあるページみっけ

他にも見てみたところ、どうも、このイカは、和名アメリカオオアカイカというやつのようだ。根拠は、ペルーやチリで水揚げされ、食用になる大型イカというところ。ブエノスアイレスに入ってくる、海の魚の多くが、ペルーやチリからの輸入品ですから。

水産庁関連のページにあった アメリカオオアカイカ 東部太平洋

八戸みなと漁業共同組合のページに写真があった。これで間違いない。本体の写真も!

私が思うに、普通にこのイカの足を食べる分には問題ない、でも、イカ団子にするときに、フープロでミンチにすると…ねばねばしてきて、そのねばっこい成分、もしくは、筋肉を分解することか、なんらかのそれに類するものによって、アンモニア臭を引き出してしまうんじゃないかと?さらに、なぜ、このイカが、足だけしか売られてないのか?前から、疑問に思っていて、保安官とも、なんで胴体はないんだろうね?なんて話してたりして、「見た目が相当悪いんじゃない?それか、固くて食べられないか」なんて答えが返ってきたりしてたんだけど…

きっとこれだ!体のほうは、きっと、もっとアンモニア臭がきつくて、加工しないことには食べられないんだわ。日本では、イカの燻製的なものとかに、加工されていたりもするみたいだけど…

不味かったご飯の写真を載せるのも…と思ったんだけど、臭かったのは揚げている間だけで、あがってみたら、なんのことはない、イカの味がほとんどなくなったあげもの(それは単に揚げすぎたからだけかも)。普通に中華とかででてきそうな。

073.jpg

ひとつは、残ってたパクチーを山ほどかけて、ナンプラー、ライム、砂糖と唐辛子のソースと、もうひとつは、アリオリソースで食べたんだけど…

保安官は、普通に美味しいといってた。私は揚げている間の匂いが鼻についてて、気持ち悪くなってたけど、おなかが空いてたし、ソース自体はおいしかったので、なんだかだで結構たくさん食べたわ(笑

しかし不思議だったのが、塩なんてほとんど入れなかったのに、何故だかすごくしょっぱかった。これはなんと気のせいではなくて、「塩化アンモニウム含量の多少が異味(食べたときに酸味や塩味を感じる)の有無と密接に関係してい」るからなんだそうです!ははぁー!

アメリカオオアカイカの裂きいか より

ちなみに、塩化アンモニウムの説明(ウィキペディア)。

このイカ、わが母国日本では、商品化もされていますが、まだまだ、その利用法を研究している最中のようです。皮からも何か成分がとれるようで、おいしくない身をイカに美味しく加工するか、皮の利用法などについて研究されているジャーナル的なものがたくさん出てきました。日本人の食に対する情熱ってすごいねぇ。人のこと言えてないけれども。ひょんなことから、イカ博士になってしまいました。

今まで、味付けの濃い料理をして食べてきたから、気づかなかったよ。揚げている間臭くて、そのせいで味も不味く感じたけど、色々こうやって調べていたらなんか愛着がわいてきたり。

食後しばらくは立ち直れず、もう一生イカ嫌いになるかとすら思ったんだけどね。まぁ少なくとも、この巨大イカ足を買うことは、もうしばらく、いや、一生ないかも(笑)。かなり何度もお世話にはなったんだがなぁ。

030-1.jpg

口直しに、美味しいご飯の写真を。うちでは、暑い季節は特に、よく食卓に上るメニュー。鶏肉のタイ風バジル炒め。スコットランド時代からよく作ってる。窓際栽培のバジルを消費するためによく作ってたけど…あと、スコにいたときは、時々、中華街でホーリーバジルが売ってたから、それで作ってた。ブエノスの中華街では、まだ一度も見たことないなぁ。今回は、最近、ベランダでまたバジルを育て始めたので、摘心した葉っぱちゃんで作った。

レシピは、ネットで検索すると山ほどでてくるよー。

はぁーしかし。イカショック。しばらくイカはもういいやー。でもなんだか勉強になったわ。…ってもしかして日本では常識だったりして?


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング

テーマ : ちょっと気になる事
ジャンル : その他

中近東な食材店と、夕食

アルメニア系の食材店がある情報を友だちに聞いて、さっそく連れて行ってもらいました!中近東、東ヨーロッパ、アジア、アラブ、なんつーの?まーとにかくあの辺の料理、大好き!ブエノスにはあのあたりの国々からの移民も多いので(特にアルメニア系が多いのかな?)、きっとどこかにあるはず!とは思っていたんだが。

J.A.Cabrera y Malabiaの角にある小さなお店。お店のお姉ちゃんが、死ぬほど愛想が悪かった。

「何、なんか買ってくつもりなのアンタ。何を、かいやがるの。んああ??」

とでも言われそうな、ヤンキー臭漂うねえちゃん。相当嫌そうな顔して店に立ってるし、怖いオーラ放出しまくってるのでこっちも負けずと対応したけど、あれなー。いい感じのおばちゃんが店にいて、通ううちにアルメニア料理のレシピ教えてくれるようになった、とかだったら常連になるんだけど、わけわかってなさそうな、めっちゃ感じ悪い若いねえちゃんだもんよ…なんか残念だよ。

太って優しいおばさんの店とかだったら、写真とらせてもらいたいなーなんて思ってたけど、あのねえちゃんだったから聞く気もおこらなかった。でも店の内容的には、かなり小さいお店なんだけど、いい感じだったのよね!アラブ系の料理の食材色々が、安めの値段で置いてあって。肉や野菜などの生鮮食品はなかったけど。普通にスーパーとかで買うより、同じものなのに確実に値段が安い。タヒニとか、ブドウの葉っぱの瓶詰めとか、オリーブ、オリーブオイル、ブルグル小麦各種、クスクス、ローズウォーターなどなどなど…それから、ナッツ類やスパイス、シリアルなどの計り売りも。それから、デリみたいな役割もしていて、冷蔵庫の中に、フモスや、ババガヌーシュ、国によって名前が違うがドルマとか言うブドウの葉っぱでご飯をまいたやつとか…

それから、何十にもなったサクサクのパイにつつまれた、あま~~いお菓子たち。じゅるーとシロップが出てきて、サクサクうま~い!昼下がりに行ったんだけど、おなか空いてたから、まず、ピザみたいな感じで、上に肉とか野菜とか?がのっててくるくるまいて食べるやつ…名前わかんない…それも食べた。写真撮る余裕もなく、カウンターにあったレモン汁をかけつつ完食。

そのあと、一旦店を出て、近所をうろついてウィンドーショッピングしたり、カフェでお茶したりして…夜になって帰宅する前に再び店に戻り、デリのお惣菜など買って帰りました。もう、惣菜もってうろついてたら、腐っちゃうくらい最近は、暖かい⇔暑いくらいなので!

このあたりは、アラブ関係の建物やレストランなどが多く、中華街ならぬ、アラブ街、みたいになってるので、他にも商店ないかな?とうろうろしてたけど見かけなかった。他にアラブ商店ないのかな?

006_20111103141212.jpg

相変わらず、セサミもんの厳しいチェックが入ります。

012_20111103141212.jpg

アルゼンチン産のオリーブオイルだけど、アラブ屋さんに売ってるんだから、そっち系の料理に合うんだろうということでオリーブオイル(当たり)、クスクスとか普通買うと30ペソくらいして高いのに10ペソで売ってたのでクスクス、それから、ブルグルの粒の大きいやつ。あとは、ドルマ系の、ご飯を葉っぱでまいてあるのと、ブラックオリーブ入りのフモスが珍しかったのでそれと、パセリのサラダ、タブレ。そして、ピスタチオのサクサクお菓子。

027_20111103141211.jpg

というわけで夕飯はこんなかんじで。結論から言うと、はっきりいって味はいまいちでした。タブレとかは、自分で作ったほうが10倍はおいしいかな。フモスも自作の方が美味しいなぁ。ドルマは作ったことないのでわからん。ブラックオリーブ入りフモスは、でも、変わった味がしたよ。なんか懐かしい味だなぁ…と思って一生懸命考えたけど、間違いなく、ぬか漬けの味だった。しかも結構つかって、最初に酸味を感じるあの味。悪くない。

全体的に言って、Sarkisには負ける!色々試したけど、アラブ系料理は、やっぱり大人気店、Sarkisの味に勝るところは今のところブエノスアイレスではないわ。うまくて安い。はまる。

Sarkis

028_20111103141211.jpg

↑ この料理だけは自分でつくりました。これつくってみたくて、ブルグル大を買ったんだけどね。前、レバノン系の移民の人に、お勧めしてもらったレバノン料理レストランのCheff Iusefで食べた、Enyadraという、レンズ豆と、ブルグル?らしきものが入った煮込み的なものが当たりだったもので、それをまねして作ってみたかった。

ところが、Enyadraという名前で検索しても、ほとーんどヒットなし。多言語で調べたけどなし。色々見てみたけど、どうも、ムジャドラとか、ムジャダラ(Mujadarah)と呼ばれることが多いみたいで、それでいくつか見てみて(米が入っているレシピが多かった)自分なりに作ってみました。

レンズ豆カップ1を洗って、カップ2のお水と、にんにくちょろっと、ビーフスープストック1つでゆで…30分くらいたったら、洗ったブルグル大カップ1をいれ、水が減っていたら、水カップ1弱を足してベジタブルスープストックを半分弱いれ。ナツメグ粉末、パプリカ粉末、タイム少々、オレガノ少々などのスパイス&ハーブ類で、ちょっと風味づけ。クミンを入れると、あまりにカレーっぽくなりそうだったのでやめた。

別のフライパンで、玉ねぎの1個分の、大きめみじん切りと、にんにく1~2かけのみじん切りを、た~っぷりのオリーブオイルであまり混ぜないで茶色くこげるようにいためる。

豆&小麦の方のお水がなくなりそうになったら、オリーブオイルを少しいれてざっくりまぜて、できあがり。お皿に盛り付けて、玉ねぎをいためたのを上からのせる。簡単でうまい。

まぁ、そんな内容物なもんで、みかけはじみぃ~な感じで、あんまりおいしそうには見えないんだけど、これがはまる味!…粉末唐辛子をちょっと振って、レモン汁をかけると、ほんとにうまい~。そして、豆&穀物だけに、腹がふくれる~。保安官も、「これが一番美味しい」ってそればっかり食べてくれました。「それは私が作ったの」と教えてあげたら、「あーだから美味しいのか」って。でしょー!っていうか、実際、他の惣菜、いまいちだったものね…

味の再現…と思い浮かべながら初めて作ったにしては、かなりいい線で再現できた。またつくろ。


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング

テーマ : 食品・食べ物・食生活
ジャンル : ライフ

Reserva Ecológica Costanera Sur(ブエノスの自然保護公園)

昨日は、とても良いお天気。初夏を感じる1日でした。気温は日中28度くらいまであがって、もう夏だ暑い!と騒いでいたら

「ブエノスアイレスの灼熱の夏を忘れたの…これまだ春だよ…」

と保安官。あ、そうだった。

なんか、最近、周りの家族や友だちみんな、ホリデーにいきやがるので、うー私もどっか行きたいよー!ってことで、近くの自然公園に行ってきました。まぁ言ったら、それくらいで、ホリデー気分になれる私は、ええ、安上がりな女ですが、何か?

037_20111105004404.jpg

あまりのほがらかな陽気に、春のお花、ハカランダもちらほら咲き始めていました!満開になるのは11月中旬~下旬。


Ver mapa más grande

場所は、ブエノスアイレスのお台場プエルト・マデロ。表向きは、ビルの立ち並ぶウォーターフロントですが、裏に回ると自然公園になってる。その公園、Reserva Ecológica Costanera Surには入り口がふたつあるのですが、ブラジル通り入り口(Acceso Brasil)まで走って(保安くんは滑って)行って、中をぐるっと歩いて散歩して(中はスケートできるような道ではない)、ビアモンテ通り入り口(Acceseo Viamonte)から出て元に戻る、という午後のコース。暑くてジョギングどころじゃなかったんだけどさ。

地図でいうと、北から数えて最初のドックから行って、3つ目のドックを終ったところで東に曲がってまっすぐ行くと、ちょうどブラジル通り入り口にあたります。

レゼルバ・エコロヒカ(コスタネラ・スール)は、人工的に作られた自然公園。50年代までは、土地の開発や、人間の悪事によりもともとあった自然が壊されて、ラプラタ河沿いにあったビーチ的なものも、汚れて使い物にならなくなっていたとか。そこを、高速道路などを作るときに出た瓦礫などで埋立地にし、政府の建物を建てようという計画があったようなのですが、その計画が暗礁に乗り上げ、ほったらかしにされていたところ、自然の鳥や生き物などが戻ってきて、そんならそのまま自然公園にしてしまえ!という経緯で今にいたるようで。れっきとした「公園」として正式によみがえったのも、1986年と、最近のことのようです。なりゆきまかせの歴史が、ブエノスらしいといえばブエノスらしく、愛着がわきます。

041_20111105004404.jpg

ブラジル通り側の入り口にある、インフォメーションセンター的なもの。

042_20111105004403.jpg

すぐに、こうやって、なんにもな~い感じのところに出ます。さっきまで乱立するビルに囲まれていたのが嘘のよう。空気も心なしか美味しい気がする。鳥の声があちこちから聞こえて、いい気分。

公園内で見られる鳥の写真集サイト発見

045_20111105004403.jpg

公園内には、いくつかコースがあり、全部ぐるっとくまなく回っても、3時間程度でまわれてしまいます。要するにそんなに大きくはない。のんびりお散歩しているカップルや家族連れ、自転車に乗った人(自転車で飛ばしてはいけない決まりになっていて、時速10キロくらいまで、という規定がある)や、ジョギングする人たちとすれ違いながら、とりあえずまっすぐ行って…

054_20111105004630.jpg

お花を愛でたり…

059_20111105004630.jpg

トカゲにあいさつしたりしながら…

060_20111105004630.jpg

ちょうど公園の半分のところへ。ここで曲がることにしました。

065_20111105015524.jpg

ますます、どこへ続いていくのかわからない感がひしひしと。

063_20111105004629.jpg

パンフレットに、「メインの道を外れると、あっという間に迷ってしまうので、入らないようにしてください」って書いてある割には、誰も読んでいないのか、秘密基地へつながっていきそうな、明らかに人が通ったあとなんかもあちこちに…動物がわざわざ、人の通る道に出てくるわけもないしね?つい入ってみたくなるが。。。

遠くに、工場のえんとつが見えたりする以外は、さっきまでの都会の喧騒はどこへやら、延々と広がる荒地…自然。このあたり、池になってるはずなんだけどな?水はどこへいっちゃったの?

064_20111105015524.jpg

でも、後ろを振り返ると、やっぱりこうなわけで。

077.jpg

078.jpg

これ、ビワだよね?そこらじゅうに、ビワの木らしいものがあって、実がたくさんなってた。でも、もちろん、公園内の植物を取ったり、生き物を殺したりとか、しちゃだめ。…って書いてあるんだけど、山ほど殺してしまいましたが、蚊を。すいません。次は蚊よけを持って入ります。あとは、火を使ってもダメ。タバコももちろん吸っちゃダメ。2009年には、火事になったこともあるんだそうで。ルールを守らない人がいるのか、その頃はルールがなかったのか…ペットを連れて入るのも禁止。おかげで、イヌの落し物がなくていいわ。

079.jpg

真ん中の道をつきあたると、アルゼンチンの国花、セイボの花が咲き乱れるセイボ並木のある道へ出る。

豆知識  なんと!THE BOOMの「デイゴ~の花が咲き~♪」島唄で有名な、デイゴという花は、セイボと同じErythrina属(和名デイゴ属)に属する木なんですね!しかもデイゴは、沖縄の県花で、セイボはアルゼンチンの国花…そしてアルゼンチンには沖縄移民が多いということ。また、2002年のワールドカップでアルゼンチン公式ソングになったことから(アルフレッド・カセーロという人が日本語のままカバーしたため、アルゼンチン人と一緒にカラオケで合唱できるという、ここでは誰もが知っている不思議な曲)島唄もヒットしたことがあり…すごいつながり。

080_20111105020256.jpg

目の前には、ラプラタ河のビーチ的なものが広がっていて、広場になっています。テーブルやベンチがたくさんおいてあって、のんびりできるようになってる。

082.jpg

河からさわさわと吹いてくる気持ちの良い風に吹かれながら、しばし休憩。

帰りは外周をぐるっと回って、ビアモンテ通り側の入り口(この場合出口になるけど)を目指す。

092.jpg

「立ち入り禁止」の「禁止」だけがキレイに消してあって、「入ってよし」くらいのサインになっちゃってる(笑 誰かのいたずらだろうけど…こういうしゃれは面白くて好きだけど、スペイン語わからないアメリカ人観光客とかが入っちゃうから!あぶねえし!

(実際、レンタバイク的な自転車にのったカップルが中に入っていっちゃってた)

099_20111105020256.jpg

1時間半くらいでぐるっと回って、出てきたら、真っ黒いセサミもんがお見送りしてくれました。また来るね。

入場料は無料で、4月~10月までの冬季は8.00-18.00 11月~3月までの夏季は8.00-19.00まで開いてるそうです。癒されるよ~。


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング

ゲイ・プライド・パレード 2011

春うららかな11月5日の土曜日、ゲイ・プライド・パレードのイベントに行ってきました!私自身はゲイではありませんが、今まで出会ってきた人の中にゲイの人が結構いて、性格的にとても共感する人が多かったりすることもあり、単純に好きです。また、かわいい女の子が(も男の子も?)好きなので、実は潜在的ゲイ?と思ったりすることも…

ブエノスもよく、ゲイ・キャピタル、って言われてますが、世界中にゲイ・キャピタルって呼ばれるところたくさんあるよね。ロンドンとか、アムステルダムとか、ベルリンとか、サンフランシスコとか。。。とにかくブエノスアイレスは、ゲイ・フレンドリーだとは思いますね。

この日のイベントは、ゲイだけでなくもちろん、レズビアン、バイセクシャルを含めた意味でのゲイ、それに、トラベスティ(いわゆるオカマさん、女装趣味、こちらは性的な感覚では男性のままの人も)など全般の人が集まっての、お祭りです。もちろん、私たちみたいに、ゲイではないけど、一緒に彼らのスタンスをお祝いしたい人や、単にお祭り騒ぎがしたくて、なんて人たちも、野次馬だってたくさん、なんでもあり!

001_20111107021654.jpg

会場にはこんな物売りや

018_20111107021654.jpg

こんな色づけして遊ぶイベントも。おちん○んも、晴天のしたでこうしてみると、さわやかで、かわいいもんですな~。で、これ、会場となってる場所がどこかっていうと、

004_20111107021654.jpg

Casa Rosada (大統領官邸)前!!

当たり前ですが、大きなイベントのため、(おそらくは)許可をとってあるわけで、こんなイベントをこんな政府の建物の前でてきてしまう、その自由さ。ヒューマンライトに対する徹底さ。最高だね。そんなアルゼンチンが好きだわ。

きっと、こういうのに嫌悪感を感じる人もいるだろうし、嫌いな人も、反対な人もたくさんいるんだろうけどね。なんというか、全体的に、どんなことに対しても、それぞれの意見や姿勢を尊重しているような感じをうけます。

028_20111107021653.jpg

とにかくそこらじゅう人、人、人だらけ。

たくさんスタンドが出ていて、もちろん、上のようなものだけでなくって、アクセサリーとか、見につけるものなどの、お店がほとんど。しかも、値段が安くてかわいいです。さすがゲイの人たち、センスいい人が多いな~。やはり、セクシャルマイノリティーのシンボルカラーである、レインボー色のグッズが多い。あまりのかわいさに、私もいくつか購入しました。レインボーのピアスをその場で見につけて、お祝いモードに便乗。周りの参加者たちも、みなそれぞれ、レインボーカラーを見につけたり、旗をなびかせたり。

063_20111107025701.jpg

一緒にいった仲間内の1人の友だちの赤ちゃんが大人気!!もちろん、こんなイベントだけあって、一般人だけでなく、写真をとりに来ているプロアマのカメラマンたちもたくさんいたんだけど、写真とられまくってた。ときおり、「お母さん×2と赤ちゃん囲んで並んで~」的な感じで頼まれて、レズビアンカップルぶって赤ちゃんかこんで写真におさまったりとかも(笑

046_20111107023649.jpg

ゲイの人たちって、特に、赤ちゃん好きな気もする。自然には産まれないから、というのも関係あるのかな?これは、ゲイのお兄ちゃんが、「キャーかわいいん!ちょっと抱っこさせてぇ~ん!」の図。

052-1.jpg

そしてもちろん、カメラマンそこら中からわいてきて激写激写。

077_20111107023648.jpg

こちらは、友だちの元フラットメイトの子たちが開いた、パパ・ア・ラ・ワンカイーナ屋さん。リーダーとなって屋台を引っ張るのは、ペルー人のゲイの男の子、とても料理が上手!パパ・ア・ラ・ワンカイーナは、ペルーを代表する料理のひとつで、ゆでたじゃがいもに、ピリ辛のソースをかけたもので超美味!

082_20111107023648.jpg

目玉になるのは、トラベスティの人たち。なんか、こないだ終ったばっかりのハロウィンとかぶってねぇか?って人もたくさんいたんだけどねー。みんな、写真とらせてー!って超人気者。

084.jpg

おばあちゃんと、記念撮影してたりして、みんなめちゃくちゃ楽しそうでしょ!

096_20111107025701.jpg

この人なんかは、典型的ドラッグクイーン!って感じで、年季が入ってるのか、自信と余裕があって、美しかったわぁ。なんかちょっとリオのカーニバル入ってきた気もしないことないが…

128-2.jpg

太ったお兄さんが、お姫様っぽい格好してたりとかして、ギャグにしちゃってる人も多いなか、やっぱり正統派!って人たちは、みたいにぶっとんだ格好をしていても、かっこよくキマってる人も多い!こういう人たちって、本当の女性よりも、美に対して情熱のある人たちが多いせいなのか、ものすごい美脚で惚れ惚れしたりする人たちもたくさんいました。

もちろん、素っ裸で歩いてたりとか、ボディペイントしてたりの人も結構いたよ。新しいっ!と思ったのが、女装だったか、ボンデージをにおわせるような格好だったか、それともゴスっぽい感じだったか…とにかく、彼なりのおしゃれをした人が、(彼自身の本物の)おちん○ちんだけ外にぶらさげて、アクセサリーっぽく見せてたこと!個性的!うまい!

「あれ、新しくてカッコいいけど、普段の日に公道でやったらつかまるよねぇ笑」

と友だち。確かに(笑)!!

「SHINJUKU」

と書いたTシャツを着ている人もいて、あ!2丁目行ったなさてわ!!

088_20111107025701.jpg

6時を過ぎると、広場の前の公道に、人がわんさかと集まってきて…パレードの始まり。

101.jpg

パレードっていうよりも、こういう感じでトラックがたくさんでてきて、後ろに人がたくさん乗って、ハッピー系のテクノとかがかかってて、踊りまくる!という、屋外クラブみたいな状態になってた。超たのしそ~。

113_20111107041059.jpg
119_20111107041059.jpg

夜になり、おなかが空いたので、徒歩圏内にあった(またまた)ペルー料理の大好きレストランstatusへ。もともと、パレードは、大統領官邸からはじまって、まっすぐ進んでcongreso(国会議事堂)までいく、って聞いてたんですが、かな~りのんびりな動きで全然進んでなかった。ご飯食べ終わったら、(レストランから近くにある)コングレソ前がパーティかね?なんて友だちと話していたんだけど、やっぱり。

139_20111107042854.jpg

みんなガンガン踊っててフェスティバル状態になってた。ごみだらけの道は超汚くなっていて、ちょっと右を見れば、道の端っこでみんなたちションしてて臭いし。。。あたり一面、マリワナ臭でたちこめているし…まぁ昼間っからそうだったけども。この、ゴミ明日、誰がかたづけるんだ~い!?

145.jpg

そしてディスコトラックは、そのまま、別に閉鎖されてもいない普通の公道へ曲がっていきましたとさ。。。

もちろん、パーティ楽しもう!って雰囲気に、満ち満ち溢れてはいるのですが、毎年、ちゃんとテーマがあって、その意思表示のために行われているみたいです。だからこそ、大統領官邸だとか、国会議事堂の前が会場にもなるんでしょうな。去年は、ゲイ同士の結婚を認められたことに対するお祝いだったそう。同性間の結婚ができる法令がアルゼンチン国会で通ったのが去年7月だったので。

今年は、「 transexuals や transvestites の人たちの、出生証の性別の変更や、性転換手術を認めよう!」といったものだったようです。

毎年、ブエノスのゲイ・プライド・パレードは11月の1週目か2周目かの土曜日にこうして開かれています。私も話は知っていて、いつも行ってみたかったんですが、元来のボーっとした性格のため、毎年逃していたところ、ついに今年参加できて、すっごく楽しかった!また来年も行くわ。

http://www.marchadelorgullo.org.ar


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング

テーマ : アルゼンチン
ジャンル : 海外情報

とってもアルゼンチンな?にんじんのサラダ

アルゼンチンに来てから、最初は、「うっ。」と思ったけど、次第に食べられるように ⇒ しまいには大好きに なったものがいくつかあります。

そのひとつがコレ~。

013_20111109013341.jpg

にんじんサラダ…っていうか、

にんじんと、固ゆで卵の組み合わせサラダ!

しかも、このにんじんが、ほそく包丁で切ってあるんじゃなくて、おろし器っていうの?例えばこういうやつ

053_20111109014447.jpg

の、ちいさい穴の部分で麺状におろしてあるのが特徴。大きい穴でザクザクおろしてももちろんいいんだけど、ちいさめの穴でおろして、ほそい方が何故か美味しいんだよね!ドレッシングの味や卵の味がからみやすいからかな?

とにかく、私、これ、「え?生のにんじんと、ゆでたまご?なんかヤダ…」って気がしてて、前は、好んで食べなかった。卵だけよけたりして。ブエノスでは、外でご飯を食べるときにサラダを頼むと、何の野菜を入れてサラダを作るか、選べるところが多いんだけど、ゆで卵はかならず選択肢に入ってる。保安官の家族も、家でもよくこのサラダを食べてて、あんまりおいしくなさそう…と思ってたんだけど。

ある日、何気なく口にしてみたら、美味しさに開眼!それ以来、毎日ってくらいしょっちゅう食卓にあがってます。レタスとか、葉物は、スーパーや八百屋さんでも、毎日フレッシュ~ってわけじゃなかったりするんだけど、にんじんだったらいつでもあるし、冷蔵庫に常備してある野菜だから、楽なのよね~。生のにんじんは、保安官も大好き。

「これって私にとって、すごいアルゼンチンなサラダなんだよね。」

って保安に言ってみたら、

「うん、僕にとっても一番アルゼンチンなコンビネーション。」

って言ってたけど、まぁどうせ起源みたいなのは、イタリアかスペインかどこかしらのヨーロッパなんでしょうがね。

「でも、うちのパパに言わせれば、一番アルゼンチンなサラダは、トマト&レタスだって」

いや、それはアルゼンチンじゃなくても、どこにでもあると思うのだが。。。

016_20111109013341.jpg

この日は、ミツカンの有名レシピ、鶏のさっぱり煮と一緒に。それと玄米。この鶏のさっぱり煮、お酢効果で、手羽先の油もさっぱりとなって、さわやかで美味しいので、うちは2人とも大好きでよく食卓にあがります。煮汁をご飯にかけてもうまし~。

というわけで、今日は、煮物にも卵が入っているので、オカンの

「卵は何個も食べたらだめよ~1日1個まで!コレステロールが高いからね!」

(2個までだったかな…)

の言葉が頭をよぎる…

その話しながら保安とご飯を食べてたら、アルゼンチンでも言うって。

018_20111109013340.jpg

最近、暑くなってきたので、サラダを食べることが多く、そんなら、とドレッシングに凝ったりしてますが、このコンビには、ゆずこしょうドレッシングがうまい~。

ゆずこしょう 小1~1と半分
砂糖 大1
醤油 大2
グレープシードオイル 大2
ごま油 大2
お酢 大6
(レモン汁 大1を入れても)

最近、こんなレシピに落ち着いてます。日によって、グレープシードオイル&ごま油を、普通のサラダ油に変えたりも。保安パパが来たときなんかにも、作ったんだけど、

「これ1リットルとかで店で売ってたら買う」

って言ってました。あと、焼いたお肉にかけたりして、相当いろんなことに使ってた。アルゼンチンでは、ドレッシングを買う習慣がないので(スーパーで売ってない)、実際ドレッシング売ってみたら、売れるのかなぁ~っていつも気になってるんだけど…

じゃあどうやってサラダ食べるかっていうと、よくブログにも書いてるけど、何かしらの油、何かしらのお酢、しお&こしょう、が食卓においてあって、それを適当にかけて味付けて食べる。その、普通のアルゼンチンなスタイルで食べてももちろん、シュレッダーにんじん&ゆで卵のコンビ、美味しいです。

夕方、八百屋さんに卵買いに行ったら、さやいんげんがおいしそうだったので、さやいんげんも頼むと、フレンドリーな店員さんが、

「おっ。今日はサラダを作るの?」

卵+さやいんげんで = サラダ っていう思考回路も、アルゼンチンならではかなぁ、なんて思ったんだけどね。

「(お料理するってことは)誰か、招待するの?」

この、料理するなら、誰か呼ぶのかっていう思考回路もまたしかり…しかも、サラダだけでかよ!料理のうちにはいらねぇし!なんか、料理するってことが日常的じゃなさすぎるだろ、ここの土地!笑

「いや、今日は誰も呼んでないのよ。」

しばらく沈黙

「なんだそうか~。そんなら僕を呼んでくれないの?ゆでいんげんと卵のサラダ、おいしいもんね!」
 
八百屋さんがいまだにそこらじゅうにあるブエノス。スーパーではほぼありえない、お店の人との、ちょっとした会話ってとっても楽しい。住みはじめて2年がたって、八百屋さんとジョークを交えた会話のキャッチボールくらいできるようになったけど、「誰か招待するの?」なんていわれたときに、「じゃあ、お兄さんを招待しちゃおうかな!」くらいの気のきいた冗談を返せるくらいになりたいもんだわ~と思ったのでした。卵買うとサラダって思考回路か~ふーむだから、八百屋に卵が売ってるのかね?と脳みその片隅で考えながら。


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング


テーマ : 食品・食べ物・食生活
ジャンル : ライフ

パレルモ公園

久々にパレルモ公園まで行って走ったり、のんびりしたり、してきました。

2011-11-10 17.26.16

今日は、春らしい、さわやかでいいお天気!春ってほんといいよね。たぶん、どこの国でもそうだと思うけど、ブエノスアイレスも、私は特に、春の11月の季節が一番好き!初めて来たときも、11月でした。そのせいもあるかな。

2011-11-10 17.27.45

ハカランダのお花も咲き始めてる。右の紫の花がついた木。満開になると、とてもキレイ!毎年、ハカランダが満開になるころは、かならずお花見に散歩に行きます。日本人的な感覚では、桜みたいな感じ…なんだけど、アルゼンチン人にとっていわゆる、桜的な思いのある木は、国花である、セイボの花(写真左の木)なんだとか。青空の下に、セイボと、ハカランダが並んだこの図。私的には、とってもブエノスアイレスの春 - 初夏。

2011-11-10 17.35.08

アヒルさんも気持ちよさそう。アリも、行列を作って働いていて、思わずしばし観察してしまいました…そういや子供の頃もこんなことしてたよな自分?かわってねぇな?と思いながら…なんかアリさんたちが、ただ前に進み、巣の材料となるのか、食料になるのか(?)葉っぱや何かを見つけて、運んで巣に帰ってきて、また手ぶらで出直して…って、無我夢中で一生懸命働いているのを見ていると、普段、どうでもいいことで時々悩んだりとか、意味なんて全くないのに人と比べて落ち込んだりとか、色々考えたりするのとか、どんだけバカバカしいんだ…はっきりいってどうでもよくなってくるわ。ちっぽけなひとひとりのくせに、何をえらそうにしてるんだと思うよね、人間というやつは全く。

2011-11-10 17.36.03

水辺にセイボの赤い花が生えて、とてもキレイ。写真右側にある、rosedal(バラ園)内をちらりとみやったら、たくさんの種類のバラが咲いていました。ついこないだまで、寒かったし、ひとつのバラも咲いてなかったのにね。一旦暖かくなると、あっというまだわ~。今日は立ち入らなかったけど、バラがキレイなうちにまた散歩にこよっと。

2011-11-10 19.52.49

すでに、日没も遅くなり、この頃では8時近くまで明るいんだけど、日暮れてくると、ランナーやインラインスケーターなどがじゃんじゃん増えてくる。上の写真くらいの時間になると、だいぶ涼しくなるので、走りやすいです。毎日100人200人単位で走ったり何かしらの運動してる人がいるんじゃないかな。8時を過ぎて、公園をあとにするころには、ますます運動しに来る人たちが増えてました。冬の間はこんなにいなかったのになー。暖かくなるとやっぱり、みんな活動的になるね。


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
101位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
2位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。