CHOCO★BLOGG 2011年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国人の経営するスーパーには気をつけろ!!

今朝、新しく引越してきた家の近くの、中国人の経営するスーパーに行きました。

(ブエノスアイレスには、そこらじゅうに、中国人経営のスーパーがあります、別にアジアの食品を売っているとかじゃなくて、中華街とは違う普通のスーパー。中国人はスーパー、日本人はクリーニング屋、韓国人は洋服関係、と言われるほど中国人といえばスーパーをやってる)

普段、中国人のスーパー、全くに限りなく近いほど行かないんだけどね!なんか家の近くにあってコンビニ的な勢いで使えそうだったからついつい、様子を見てみたくて、特に買いたいものもないのに、行ってしまったのね!バカ!でも今思えば、この出来事から勉強するためのきっかけだったのね!

朝だったし、コーヒー飲みたかったんだけど、まだコーヒー入れるやつ前のところにあったので、インスタントコーヒーと、切れてたサランラップと、安売りしてたワインと(第一チャイニーズスーパーで売ってる安売りのワインとかって怪しいんだけどさ…仕入れとか謎で)、買って、合計30数ペソ。保安が、100ペソ札を出して、お釣りをもらって、その足で、店から1ブロックほど離れたすぐ向かいのパン屋さんに行きました。

そこで、ファクトゥラ(菓子パン)とチュロスを買うために。もともと、パン屋さんに行くために家も出たのよ!

先ほど中国の店でもらったお釣りの50ペソを支払いで出すと

「この50ペソ、偽物だから受け取れないわ」

えっ!?

「どこでこのお札もらったの?え?向かいの中国人のスーパー?じゃすぐ返しにいきなさいよ」

と言われる。あっ、ちくしょう、よく見てみたら、ちょっと注意すれば明らかに偽札ってわかるじゃん!!

なんか、印刷の色が濃いっつか紫すぎるっつか、かすれて消えてるようなところもあるし、紙も微妙に厚い…ような気がする?

135.jpg

パン屋さんで買い物して、即効スーパーに戻りました。この間たったの5分程度。

さっき、渡された偽札をとりかえろ、と言うと、断固として交換してくれませんでした。レジのところに小さく

「もらったお釣りを確認しろ、あとで間違いがわかっても取り替えたりしねーぞ」

と小さく注意書きがあるのを指差しながら、断固として。しかも、ものすごい最悪な対応。文句があるなら警察行けば?とまで言い出して。警察と中国マフィアなんてこの国じゃ、もちろんつながっていて警察行ったからってなーんもならないのをわかっていて、せせら笑うかのように言うチャイニーズ。悔しいから、お前ら中国人はこうやって偽札を作って、客に渡して、交換できないっていってもうけてるんだろ。お前ら金のことしか考えてないからな。全部インターネットで店のことそこらじゅうに書いてやるからな。と売り言葉に買い言葉で文句言うと。

「勝手に書けば」

と言うので、勝手に書かせてもらうことにしましたww いろんなところに書きまくって、さらに、ちらしをばらまこうかと思っていますww

さすが中国人、強気で、なんど粘っても、何を言っても、譲ろうとせず、最後まで50ペソ札を代えてくれることはありませんでした。客より金のほうが大事っすからね、あの国の人たち。あと、絶対負けませんよあいつら。

(人種差別や偏見じゃなくて、あくまでも経験からくる感覚です…)

他のお客さんには、いちいちレシートを渡しているのに気づいた私が、

「じゃあ、なんでうちらにだけレシート渡さなかったわけ?おかしくない?」

と攻めると、そのときだけ顔色を変えておろおろしてた。そのとき、これは明らかに、偽札とわかって、狙ってお札をつかませてるな、と思いました。中国人の組織で偽札作って、時々普段見ない新しい顔に渡して小金儲けてる、それが手なんだと思う。

第一、中国人のスーパーってのは、カードが使えない。言っとくけど、ブエノスってものすごいカード社会。普通のアルゼンチンのスーパーや、他のお店で、カード使えないってのまずないです。小さい店やサービスだとあるけどね。イコール、カードが使えない、っていうお店は、なんか臭い、税金逃れてるか何か、レコードに残らないようにしてる何かが裏にある可能性が高いってこと。

私はぶっちゃけ、もともと中国人嫌いなので、ますます腹が立ちました。さっきも言ったけど単なる差別とかじゃなくて、10年以上の海外生活の端々から学んだ中国人像が…もちろん、全員が悪いやつじゃないし、友だちもいるけど、10人に1人くらいしかいい人いないんじゃない?私が人生の中で出会ってきた中国人、中国関係の出来事は、明らかに悪い奴、いやなこと(それもどうしたらここまで嫌になれるのか不思議なほどの)、意地悪な奴の割合高かった。

憎しみとか、そういう思いは、何もプラスになることないのはわかっているけど、いらだってしょうがない。50ペソなんてたいした金額じゃないし、50ペソなくしたことに対して怒ってるわけじゃなくて、中国人の対応に頭にきてます。でも、悪いことをする人には、2倍、3倍になって悪いことが戻ってくるってわかっているので、それを自分に言い聞かせてなだめようとはしてるけど…

保安官は、もちろん最初はイラっとしてたけど

「たったの50ペソで勉強できたと思えば安いもんと思いなよ!何を今回学んだ?」

中国人スーパーには、もう2度と行かないこと、万が一行かなくちゃいけないときは、お釣りをこれでもかと確認すること、もしくは絶対に大きなお札で支払わないこと!!お札を手にするときは、どんなシチュエーションであれ、確認すること!!

(てかこの場合確認してなかったの私じゃなくて保安なんだけど…でも怒ってるのは何故か私w)

実は、保安もブエノスに住みはじめてすぐに、これと同じ目に中国スーパーであった事があるそうで。そのときは偽20ペソ札をつかまされたそう。それ以来、保安は中国スーパーが嫌いで全く行かなくなったそう。私が来てからは、時々中華街に行かないといけないことがあるから、そのときは、いちいちレジで支払う品物、レジに通すとき確認してるみたい。それでエラーを見つけて、その場で返金を求めたりすることもよくある。今日も、あんな店、対応の店員には、1ペソたりとも払いたくなかったので、買った品物だけは、しつこく言って返品し、お金を返してもらった。

こういう偽札事件、ブエノスではよくあるけど、特に中国人経営のスーパーでは日常茶飯事なんだって。私は別に、他にスーパー近所にたくさんあるし、別に中国スーパーに行く必要もないので、もう出来る限り中国人のスーパーには行かないわ。少なくともこの店にはもう2度と。

この50ペソ、誰かにこの店に持っていって買えるだけのワイン買ってきてもらったりでもしようと思います(笑)。ほんとは、偽札って気づいたら使うの違法って話だけどね!

ずるい人、わるい人たちは、こんな大都市だとたくさんいる。やっぱり自分の身を守る、いやな目に会わないように自分を守るのは自分しかいない。また色々学びました。明日になれば、またちょっと忘れているとは思うけど、すいません、今日だけはいわせてください。ちくしょう、中国人なんて大キライーー!!!中国製品ボイコットーー!!!

(我ながら、そこじゃないだろ、怒るところ…って感じだが)

128-1.jpg

これが偽札をばらまいてるAltos de Juncalというスーパーです。佳源系列の店のよう。Juncal 862にある。絶対に行かないでね!!

ちょうどさっき、保安官が友だちと別件でスカイプしてて、さっきあった話をしてたら、まだまだプンスカ怒っている私に、その友だちのお母さんが言った。

「ブエノスアイレスへようこそ!」

あははは、うまい!


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ : アルゼンチン
ジャンル : 海外情報

ブエノスアイレスで辛子明太子!

ブエノスアイレスのフローレスにある、バリオコレアノ(韓国街)の商店で、こんなものを見つけました!

(食べかけ)

103_20110809130454.jpg

ぬおおおおお!!!

辛子明太子じゃん!!!!

098.jpg

さっそく、買ってみて試してみる。やっぱり辛子明太子!!正確に言えば生タラコのキムチ!!流れで、ちょうど友だちが来ていたので、ご飯を炊いて、あっという間に1パックなくなりました。やっぱりこういうのは、日本人友だちと分かち合うのがいいね。1人だとなかなか食べきらないし。保安官も一緒にご飯を食べていたけど、ひとくち食べて、ふぅ~ん、へぇ~、といって、自分は、アルゼンチンの薄切りカツ、ミラネサを食べてました。

だから、ミラネサ用に、となりにちょこっとレモンが写っているんだけどね。

107.jpg

なかなかおいしそうっしょ。

これに味をしめて、数日後、またしてもバリオコレアノへ行ってまいりました!

003_20110809130454.jpg

ちょっとグロいけど、今度は、最初に買った店の、隣の店で買ってみました。どっちも試してみたかったから!あと、こちらは見た目からして完全に辛子明太子だったから。

最初に買ったほうが、ダシがききすぎなくらい、きいていて、味もこく、ゴマなどが入っていてもっとキムチぽかったのに対し、2度目に買ってきたこちらの方は、見た目通り、味も完全に辛子明太子!素晴らしい!まさかブエノスアイレスで辛子明太子が食べられるとは思いませんでした。タラコや、明太子って、海外在住者にとって、もっとも恋しい食のうちのひとつ。グラスゴーにいたときは、苦労して、完全冷凍パックに工夫して持って帰ってきたこともあるほどです。

(ほんとはいけないのかもしれないけどね)

お店のおばちゃんに聞いてみると、最初の店は「冷蔵庫で5日ほど」2軒目は「冷蔵庫で1週間ほど」持つと言っていました。それ以内に食べ切れなかったら、ひとふさずつ、冷凍しておいてもいいしね。お店のおばちゃん、

「キムチになってない、生のやつもあるよ!」

といって、冷凍してあるたらこも見せてくれたよ。それから、明太子、生でももちろん食べられるけど、火を入れてもおいしいよ、って言ってました。どちらのお店も、1パック25ペソでした。

辛子明太子って博多のものだし、もしかして、韓国から来たのかな?と思ってWikipediaで調べてみたけど、韓国が由来、とははっきり書いてはなかったけど、昔々から、韓国にもある食べ方なんだそうです。知らなかった~!

韓国街は、地下鉄紫のE線のMedalla Milagrosa駅が最寄り駅で、Av Carabobo 1000番台くらいから、ちらほら商店やレストラン、学校や美容院まで、すべて韓国語のお店が並んでいます。治安は良くないです。特に、Av Caraboboが、Av Coreaと名前を変える辺りからは、ボリビア人街になっていて、エリア自体はめっちゃ危ないので足を踏み入れないほうが念のため。

前にも韓国街や、韓国焼肉食べ放題についてなどブログに書いたことがあるので、興味ある方はどうぞ!

豚肉はまり話や、韓国の街、にんにくびっくりにコレクティーボまで!

コリアンタウンでカラオケ

他にも、尾崎豊のTシャツ着てたにいちゃんとの出会いの話とかありますが、そういうのは「韓国街」とかでブログ内検索するとでてくるかもです。。。


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング

テーマ : こんなのがあったなんて!!
ジャンル : グルメ

テーブル探し

引越ししてから、そろそろ1ヶ月たちますが(確か)、いまだになんとなーく落ち着かない毎日。それでもまぁ、初期の、なんだか理由はよくわからないけど、小さなことにイライラしてドカーンと爆発していた頃と比べるとだいぶ落ち着いたかも…アルゼンチンに住み始めて以来、ストレスたまる(と気づく)ことが全くなく、穏やかな日々を過ごしていたので、自分にもドッカーンパワーがまだ残っていたのか、とショックだったほど毎日イライラしてました。

引越しってストレスっていうけど、ねぇ。今まで10回以上は引越ししてきたけど、ストレスに本当になるんだなぁとちゃんと気づいたことがなかった。まぁ今回みたいに、いっぺんに荷物を運ばず、地道なペースで、しかも家具も全部揃ってない状況の引越しは初めてだったからかも。荷物は3つのアパートに渡ってあっちやこっちにあるし、日当たりは悪いし、キッチンは電気だし…。私のストレスを減らすため、あれやこれやと動いてくれたり、案を練ってくれる保安官には感謝、というか、すげーこいつと思いました。アルゼンチン女子は最強というけど、どんだけ最強なんだろか。よっぽどすごいんだろうな。それがアルゼンチン男子の忍耐力と、わがままに対応する適応力を育てるんだと思うわ!もちろんみんながみんなそうじゃないとは思うけど、回りのアルゼンチン男子はそういう人が揃っている気がする。

というわけでアルゼンチン男子おすすめです。

ってそういう話じゃなくて。

何がまず落ち着かないかというと、テーブルがない!パソコンのデスクもない!食器もない!ブエノスではアパートを借りるとき、家具なしの物件が多いのですが、今住んでいるところも、例外なく家具ナシ。だいたいこのアパートは、保安のママが所有しているもので、そういう意味では借りているものですらないのですが、もともと普段は人に貸しているものだったので、もちろん家具なし。それでも、親戚や実家などから、色々かき集めて、だいぶ揃ってはいたのですが、今足りないものを少しずつ買い足している状態。もちろん、ブエノスでそれぞれの物事がスムーズに進むわけもなく、それにまつわるアクシデントやおもろネタも満載で、色々ブログに書きたいこともあるのだけど、思うように毎日が過ぎていかない!っていう今日この頃。

ここ2~3週間は、暇さえあれば、とにかくテーブルやそのほかの家具探し!家のこまごまとしたもの探し!の日々が続いています。普段は外へ出かけたり、友達と会ったりする場合が多いけど、今はできるだけ家のことに集中してる。

そしてパソコンの机、食器やその他のものなどは揃ってきましたが、いまだにダイニングテーブルが見つからん。パソコンデスク等はまだしも、ダイニングテーブルみたいなものは、そうそう買い換えるものでもなし、ひょっとするとこの先一生おつきあいしていくものかもしれない、と思うと、そうそう簡単には買えません。安いものを買うより、いいものを買いたい。というわけで、あれや、これや、と見ている間に時間がどんどんたっていく…

先日は、パレルモソーホーにある、家具屋さん一帯を見てきました。Thamesと、Cabrera、Gorriti、Hondurasが交わるあたりに、デザインも割とおしゃれで、質もいい家具屋さんが固まっています。ブエノスって、なんにしても、同業者が固まって同地区に並んでいる場合が多いのでその点やりやすい。

今探しているダイニングテーブル&チェアは、他の家具が白が多いので、白が基調でデザインもよくしっかりしているものか、もしくはカントリースタイルでどっしりしたナチュラル系か。ガラスで出来たテーブルや、あまりシックすぎて金持ちの応接間用雰囲気がぷんぷんするのは避けてる。チューリップと呼ばれる、丸い昔からあるスタイルのテーブルも最初は考えてたけど、何度も見ているうちにちょっと飽きてきた。

ああこんなときIKEAさえあれば…と禁句を思わずはきたくなる。IKEAって、高い関税のせいでアルゼンチンに入って来れないって噂も聞く。

パレルモで見た家具屋さんで、ひとつ気になるテーブル&チェアがあったけど、やっぱり、配達されるのは、45-60日かかるといわれました。そう、ショールームにおいてあるのは、売り物じゃなくて展示品。EASYや、SODIMACなどのホームセンターじゃない限りは、展示を見て、注文して作られてから配達されるところがほとんど!しかしテーブル作るのになんで2ヶ月もかかるんじゃ~!!木を切り倒すところからやっているとしか思えん。

かなり食指は動いたけど、あと2ヶ月も待つのか…と絶望して、とりあえず見積もりだけ聞いて帰ってきました。

家具屋さんめぐりの間に、寄ったカフェがよかった!

069-1.jpg

レモネードに、ミントとジンジャーが入ってる飲み物。氷がスムージーみたいに細かくクラッシュしてあるの、なんていうんだ?こういう飲み物ってブエノスでは、大ハズレか、大当たりのパターンが多い!これ、超大当たり!カクテルとか作るのが好きで、いつか家にバーを持ちたい保安官は、これ、どうやって作るんだろう…としきりに言っていました。

071-1.jpg

保安官いわく、ここのカフェはケーキが美味しいので有名なんだって!というわけで私は、オレンジとにんじんのパウンドケーキ。めちゃうま~!!ストロベリーのオーガニックティーと。これも美味しかった。

ブエノスは、カフェ文化がどうのこうの!と言う割りには、あんまり美味しいカフェがたくさんないのが実情。由緒正しきカフェ・トルトーニなんかの、観光名所になっているカフェなんて、入るのに並ぶけど、別にコーヒーも軽食もおいしくないし、値段が高いだけ。なので、雰囲気もよく、値段も味も美味しい、また行きたい!と思えるカフェにあったらラッキーって感じ。

El Salvador y ArmeniaのMark'sというカフェ、ここはまた行きたいです。

http://www.guiaoleo.com.ar/restaurantes/Marks-978

http://www.markspalermo.com/

さて、このテーブルがない日々をどうやって乗り越えているかと言うと…

139-1.jpg

メタルの棚の一段を、イス2つに渡らせて、上からテーブルランナーをかけたり、マットをひいたりして、テーブルの代わりにしています。なんかこれはこれで最近なれてきちゃったんだけどね。2人ならいいけど、友だちとか来ると、スペースないけどね。

キッチンのコンロが、電気で、しかも2つしかないので、あんまり派手な料理はできないので、唯一、割と優秀な電気オーブンを駆使して、アルゼンチンながっつり肉!サラダ!いも!な料理がここのところ多いです。

110-1.jpg

早くテーブルこないかな~~~

あと、ダメ押しで、ティグレのマーケットMercado de Pulgas、サンテルモのマーケットなども見てみたいと思います。

インターネットでも見たり、Av.BELGRANO y Av.JUJUYにならぶ家具屋街も見たし、あまり安くてもろいのは買うつもりはないけど、それでもEasySodimacFalabellaは一応回ったところ。その他、人に紹介してもらったお店には、遠くても足を伸ばしています。誰かお勧めの家具屋さんとか知っている方もしあれば、教えてくださ~い!


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

タンゴフェスティバル2011

今年もタンゴフェスティバルが開催中です。毎日どこかしらで、タンゴ関係のイベントが開かれていて、例年通り盛り上がっています!私も、かじってみたことはあるものの、普段は別にタンゴも踊らないし、特に興味もないですが、踊りの方の世界選手権を見に行くのはやはり面白い!

先日、タンゴサロン部門(アクロバットな動きをしない、抱き合った姿勢をくずさない伝統的スタイル)の方の準決勝を見に行ってきました!なんと、今年は、この準決勝に、いつも一緒に飲んだくれたりしてお世話になっている友達が出場!応援団のひとりとして、チケットを(ほんとは配布日に並ばないともらえないのですが、並ぶつもりだったのに寝坊してさ…)その出場する友達にいただいたので、朝11時から、他の仲間たちと連れ立って3人ではりきって応援してきたよ。

001-1.jpg

タンゴフェスティバルウェブサイト

005-1.jpg

準決勝に出場するのは、全部で100組。ブエノスアイレスで行われる予選だけで、350組だったかな?くらいのダンサーたちがこのステージ目指して戦うそうです。それ以外に世界各地、及びアルゼンチンの各地方で行われる大会の優勝者や、トップダンサーたちももちろん集まってきます。↑こんな感じで、10組ずつ10グループにわかれ、1グループ3曲ずつステージの上で踊り、左端の方にいる審査員たちが点数をつけるの。踊り方だけでなく、見た感じがきまってるかとか、歩き方とかも重要なんだって。

もちろん、アルゼンチン国内からの出場者が多いんだけど、日本からの参加者も7組。他には、イタリア、コロンビア、ベネズエラ、ウルグアイなどからが多く、米国や韓国、ギリシャ、ロシアなどからのダンサーも参加していました。

042-1.jpg

そして、友だちが踊る順番がやってきた!最初の方に出るっていってて、4ラウンド目に来たので、それまでこっちがドキドキしっぱなしっていう。なんか緊張しすぎて泣けてきました。つーか自分はでねえから。意味不明だし。なんだこの盛り上がりは。

044-1_20110829125459.jpg

審査員がめっちゃ見てるのがわかるよね~。

051-1_20110829125810.jpg

かっこいいっしょ!!とても素敵だったよ。実は、このタンゴカップルの男性の方、例の、うまうまイタリアンパスタを教えてくれた人。これね↓

イタリア人の作るシンプル激うまパスタを再現してみた!

ちなみに女性のほうは、踊る折り紙忍者。↓

アルゼンチンの子供たちと遊んできたよ

そして100組が踊り終わって、決勝に出場できる40組の発表が!!男性の方の背中にそれぞれ番号がはってあって、その番号、続いて名前が呼ばれるのですが、私たちの応援しにいった、遠藤真由美ちゃんと、Francesco Scoppioくんの番号は220番。

「ドシエント。。。」(にひゃく…)

とアナウンスがかかるたびに冷や冷やドキドキ。

「ドシエント ベインテ トレス!!」(223)

と来たときには寿命3年くらい縮まりました。あ~心臓持たないから早く呼んで~!!って思ってるのは、よっぽど、応援してるうちらより、出てる本人たちでしょうに、こっちの心臓も早く打ちすぎて弱まってきました。

そしてついにきたっ!!220番呼ばれたっっっ!!!

ここみてみて!なんと決勝進出者40組のうち、16位の好成績でパス!

すご~~~~~い!素人目に見ても、格が違うと思ったもん。絵になってるし。やっぱりね、素人が見てても、「絵になる人」と、「フツーの人」ってあるわけですよ。あとね、伝統を踏襲してるような組と、新しい風を吹き込んでいるような組とかね。どうも審査員たちは、ちゃんとタンゴの伝統を守っているような組を選んでいるような気も。審査員に好まれやすい踊り方みたいなのも、どうも、あるっぽい。

私は、普段持ち歩かないデジイチを、この日は、張り切って持っていって、最初の1曲目とかはバシバシ撮影してたんだけど、はっ!と気づいたら踊りに見とれていて、写真とるのを忘れたくらい、素敵でした。

063-1.jpg

最後にステージに集まった、決勝に選ばれた40組の強豪たち。この世界選手権で決勝に残ることを目標に、毎日練習を頑張ってきたという真由美ちゃんは、ステージで号泣してた。その思いが伝わってきて、こちらも、もらい涙。めっちゃ感動的しました。美しい!友だちが、何かで成績を残すってこんなにも嬉しいもんなんだね!私も、頑張ろう!って思った。

(何を頑張るのか、はしらんが、まぁ全体的に色々とねw)

なんかね、これから決勝だっていうのに、興奮しすぎちゃって、準決勝終った後も、お疲れ様~!やっとこの日が来たね~って感じでさ。おいおい、これからまだあるからっ!

というわけで、サロン部門の決勝戦、明日、月曜日の夜、ルナパークで開催されます。決勝のチケットはさすがに、争奪戦なので(このチケットもらうのに、め~~~~~ちゃ並ぶんです)私は、行けません。会場まで行く人数人に、まゆみコールは託しました。家で、他の友だちと集まって、テレビを通じて応援しますよ!

(確かテレビでやるよね?)

まぁテレビでやらなかったら適当にみんなでビールでも飲んで酔っ払いの念を送りたいと思います。

頑張れ真由美&パンチョ!!!

P.S.誰かチケット余っている人いたら、喜んで受け付けますよ~~


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング

テーマ : アルゼンチン
ジャンル : 海外情報

フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
189位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
6位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。