CHOCO★BLOGG 2010年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校の先生も困ったチャン、なお話

私の住んでいるところでは、何もかもが、思ったとおりには進みません。
しかし、ものは考えようで、もとから思ったように進むなんて期待自体をしていないため、逆にスムースに行くと、まぁなんてラッキーなの私!と思うくらいなのでストレスを感じることはそうありません。

通っているブエノスアイレス大学(通称UBA、ウーバと読みます)付属の語学コースでも、「またか」な出来事がたくさん起きます。まぁ、私立の大学に通っているフルタイムの大学生、保安やその友達なんかに言わせれば、

「UBAなんてそんなもんよ。まぁ、ブエノスアイレス大学なんて、本コースでも、7割スムーズに授業があればいい方?それも、僕らが私立の大学に通っているひとつの理由なんだよ!」

ということなんだそうで。なるほど。
この国では、国立の大学は、アルゼンチン人でも、外国人でも関係なく、なんと無料なのですが、その分色々ややこしい問題や、ストライキなどが多いようです。私立だと多少お金を払う分そういったところが、解決されているのと、学校の設備がある程度良かったりするよう。なので、わたしがこれから書く話も、語学学校ひとつとってみても、高いお金を払っていく週払いのようなプライベートの学校では、おそらく起きないでしょう。

ま、かといって、大学のコースの一部とはいえ、わたしの通っているのは、週8時間の語学コースで、本来の大学のコースとはまた別なので、無料ではないし、特にスペイン語のコースは、外人向けだと思ってかほかの語学コースより割り増しなお金を取られます。でも、私立の語学学校よりは、よっぽどリーズナブルで、割と定評のある授業が受けられるようになっています。

といっても!先生のあたりはずれは、結構あるのですが。。。

そういったことを含めてなのか、また、色々違った先生から学んだほうが、勉強になるからか、1回につき2時間の授業、週4回のコースで、月&水、火&木と分けて2人の先生に教わります。いい先生は本当にすばらしく、やる気がある上、とても親身になって教えてくれますし、語学のプロなので、とてもいい勉強になります。ところが、いつもそういった先生に当たるとは限りません。たとえば、前のコースでは、もはや病気かと思うほどの、強力な遅刻魔の先生に当たりました!

このノラという、もうお孫さんがいるかのようなお歳の先生(でも、ハツラツとして、若い感じです)、毎日20分は遅刻してくるのです…最低でも。平均して30分の遅刻は当たり前。それでも生徒の多くは、授業開始の時間に教室に入り、またノラ来ないねといいながら、コーヒーを買いに行ったり、残りの生徒は、先生が遅刻するのを前もって想定して、来そうな時間を狙って到着したり…。しかし先生は、一応、急いで息を切らしながら教室に到着するはするのですが、「遅れてごめんなさい」とは一言も言いません。言ったら立場がなくなってしまうからなのかしら。

でも、こちら側からすると、時間にお金を払っているわけですから、30分遅刻したからといってそのままにされては困ります。というわけで、先生は

「今日は、この教室で次の授業が入っているから延長できないのだけど、今日はわたしは30分遅刻したから、来週の授業を30分延長してもいいかしら?」

と毎度毎度言い、

次の授業が30分延長、ということになっていました。申し訳なさそうながらも、

「今日

というのは、まるで、いつもは遅刻していないかのような言い分。それでも問題を起こすのも面倒だし、言ったところでどうなるわけもないことを知っている我々生徒は、またか…とため息をつきながらも、ああ、いいですよ、と応じるのでありました。悪い性格の先生では決してないんです。

ところが

延長するはずの日の授業になっても、ノラは、やはりまた30分遅刻してくる…そしてまた30分延長…の繰り返しで、いつまでたっても、追加の時間が追いつかない状態。もはや生徒側はあきらめの境地。来るだけまし。ほかの大学の先生でも、当たり前のように遅刻してくる先生はたくさんいるようで、生徒側も、

「あの先生は遅刻してくるからゆっくり出よう」

くらいの感覚でいるようです。しかし、我々、他国から来た生徒にしてみれば、

「授業に遅刻してくる教授なんてはじめてみたよ!」(オーストラリア人)

「僕の国では、先生の到着が15分遅れたら、もう待たなくていい、帰っていいんだよ!」(アメリカ人)

「どうしてこんなに毎日遅刻の先生が首にされないのかが不思議!」(日本人…てか私)

この先生、な、なんと、この日くらいはまさか!と思っていた

口頭テスト当日の朝まで遅刻してきたのです!!

しかも40分も。。。
さすがにこのときは、あいた口が塞がりませんでした。まぁ、別に死にゃしないからいいんですけどね。そういう私も十分、遅刻魔なもんで。。。

そんな、キャラの強い先生とは前のコースでおしまい。3週間前から次のコースが始まりました。私のクラスの担当になった先生はまた2人。つーかこの国には、男の先生というのはいないのでしょうか?語学の先生っていうのはもともと女性が多いけれども、それでもなお女性率が高い。先生はたくさんいるのだけど、おそらく男の先生は一人もいないと思います。女性は、気分屋だったり、ヒステリーであったりもするし、どの世界でも、ずば抜けているのは男性ですし、男性の方が教えるのが上手であったりすることが多く、英語を学んだときも個人的には男性の先生の方が好きだったのですが…

そうなんです。

今度はヒステリーの先生にあたってしまったのです。

2人のうち、1人の、ピラーという先生が、もうひどい。

「何で間違うの!レベル2を勉強してきたのは誰!?(今レベル3のクラスです)」

「レベル2で何を勉強してきたの!?」

「(声が小さくて)何にもきこえないよっ!!」

「(英語が母国語の生徒に対し)アナタの発音はとっても悪くて、何言ってるのかぜんぜんわかんないわ。そんな話し方じゃ誰も理解してくれないよ、もっと練習しやがれっ!!」

「(生徒がした質問に対し)まだそんなことは知らなくていいんだよ。それは(あんたたちみたいな雑魚とは違って)上級クラスのレベル6の内容だし。」

「(先生が質問したあと、静まり返る教室…)あん?答えは?イエス or ノー???どっちなんだよ!?」

「(間違えた答えを発言した生徒を完全無視)」

「宿題やってこなかったの?週末なにしてたんだよ、このやろう。ホリデーじゃないんだぞこのやろう。」

エトセトラエトセトラ。。。
しかも、いつも不機嫌、怒っている顔で目が三角。

もはや完全に、彼女の機嫌によって地球は回っている状態。。。
なに、あんた今日、生理?それか彼氏に振られたんでしょ?

おまけに、

「私、生徒の名前を覚えるのがへたくそなの、最初に断っておくけど。」

と先に言ったはいいものの、本当に覚えない。というか、こういう職業の人って、人の名前を覚えてナンボ、そのあたりもプロ意識につながるので、へたくそなの、と割り切って言い訳している時点で、間違いかと!!

覚える努力ぐらいしろよこのビッチ!!

私に対してもするけれど、ほかのすべての生徒に対しても、厳しいとか、そういう問題を超えて、もはや侮蔑の世界です。人を馬鹿にしている。聞いた話によると、日によっていいときと悪いときがあって、結局のところやはり、先生のご機嫌によるようです。私はお金払ってまで、そんな先生につきあっていられません。教室にいる間の時間は、まるで、

戸塚ヨットスクールか、軍隊にでもいるかのような気分!

前回のタームは、毎回30分以上遅刻の先生に当たり、今度はこれか。。。

私は彼女の授業を2回受け、ものすごいストレスに苛まされ、間違えるのが怖くなってしまったため、早速大学に申し出て(理由は告げず)同レベルのクラスで違う時間帯に変えてもらいました。30も半ばにして、こんな生徒にやつあたりするような仮にも「先生」と呼ばれる人から語学を学びたくはありません…

そんなわけで、先生&生徒とはいえ、合う、合わないが非常にはっきりしてくると思います。こういう、ピラーのようなキツイ先生より、ノラのように、遅刻はたんまりしてくるし、授業ものんびりだけど、人柄はいい、っていう先生のほうがよっぽど私はいいです。でも、中にはスパルタで教えてもらいたい人もいるかもしれない。人それぞれでしょう。私の場合は、「よくできました!その調子!間違えたっていいのよ、当たり前。間違いをしながら覚えていくのよ!」と背中を押してくれるタイプの先生が好きです。

特に、今の私は、無職ということもあって職場で嫌な人がいたりすることもなく、周りの人はいい人ばかり、保安も神経質だったりヒステリーであったりとか微塵もない、優しくおおらかな性格で、家でも喧嘩をすることがありえないので、私もイライラすることが日常なく、ストレスフリーの生活を送っているため、たまにこういう人に出会うと過剰に反応してしまうというのもあると思います。その上、私の場合トラウマのようなもので、自分のムードで周りの人に被害を与えてしまう人から異常にダメージを受けやすく、自分の生活のバランスまで崩れてくるため、できるならそういう思いをしたくないので、そういう人を見かけると、生活から、できる限り排除するようにしています。

新しく変わったクラスの先生2人は、とてもいい先生で、授業内容はとても気に入っています。

しかし!たった一つ、とても残念なのが、変わる前のクラスメイトは、個性的な人たちがたくさん集まっていて、カラフルでとても楽しかったの。変な人ばかりだけど、みな明るいし、授業も刺激的でした。クラスが終わると、カフェに直行しておしゃべりしたり。今くらいのレベルになってくると、頑張ればスペイン語で会話ができ、ちょうど練習にもなってよかったし。

新しいクラスの人たちは、なんというか、静かで真面目。。。こういっちゃいけないのですが、退屈。。。私がつまらないジョークを言っても、先生以外は誰も笑ってくれません。なは。いや、でもきっと話せばみんないい人たちなんですけどね。一人、明るく盛り上げていけるように頑張りますわ。

UBAがらみだけで、「またか」な話はほかにもあるので、また懲りずに書きたいと思います。


最後まで読んでくれてありがとう。ランキングに参加中です。
クリックしてもらえると嬉しいな!コメントも、気軽に残してくださると喜びます☆

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ : アルゼンチン
ジャンル : 海外情報

生存報告

しばしぼんやりしているうちに、また、3日あいてしまいました。
普段読んでいてくれる人たちに、生存報告といきます!

大体からして、昨日の6日は、うちのオトンの誕生日だったというのに、昼間の3時になってから、あれ、今日って、雨がザーザー降ってきた日だ!(=6月6日)ということに気づきときすでに遅し。こっちの昼間の3時は日本の夜中の3時ですんで…

というわけで、この場を借りて、オトン誕生日おめでとう!

今度、時差がうまいことあったときに電話いたします。。。

ちなみに、どうやら、うちのオトンは、かわいいコックさんに加え、なんとダライ・ラマとも同じ誕生日ということが判明しました。ダライ・ラマの75歳の誕生日は、昨日だったようです。

と、少なくとも、アルゼンチンの新聞、Clarinは報じていました。

でもこれ、間違い…。国民的な新聞が間違えていてよいのでしょうか?

ダライ・ラマ14世の誕生日、正しくは7月6日の模様です。

ダライ・ラマといえば、私は一度、グラスゴーにいた折、お話を聞きに行ったことがあります。チベット仏教の最高峰の僧侶であり、偉大な影響力を持つ人ですから、なんだかすんごい手の届かないお偉いさんのような気がしてしまいますが、3万人ほどのオーディエンスを前にしての彼のお話からにじみ出る人柄は

近所のパブで飲み明かしたら楽しいこと間違いない、隣のおっさん。
しかも、サンダル履いて、ジャージで来ちゃった感じ。

非常にさばさばしていて、気取りなく、親しみやすい方でとても驚きました。私は無宗教ですが、仏教の考え方はとても共感するところがあり、宗教を超えてある種の生き方だと思っています。ダライ・ラマ法王のお話することも、納得することが多く、ツイッターでもフォローしていますが、まぁ本人が直接タイプしているわけではないでしょうけれど、いつも含蓄のある言葉をつぶやいていらしてためになります。とても当たり前でありながら、普段忘れがちで心に留めておくのが難しいことを、教えてくださる感じで心が洗われますのでぜひ。

なんか近況報告のつもりが、ダライ・ラマの話になってますが?

そうそう、昨日、初めて、新聞を買ってみたんです、日曜新聞を。本当は、ずるして英語新聞のBuenos Aires Heraldを買ってみようと思ったんですがね、

30メートル置きに建っているといっても過言ではない、キオスコに数件聞いて回るものの、ねぼすけの私みたいな客が行くころには、ことごとく売り切れ…

というわけで、アルゼンチンの新聞、Clarinを買ってみました。そして、カフェで、わかる振りをしながら、パラパラめくってみました。

英語を勉強した経験から言って、ある程度、語学がわかるようになってきたら、わかる振りをするというのは有効だと思います。たとえ、100語並んでいるうちの8割の単語がわからなかったとはいえ、たとえ、理解できたことがまったく逆方向の間違っていることだったとしても、宇宙語?と思いながらも読んでいたら、なんとなく何を言っているのかはわかるもの。大体からして、日曜新聞なんて、ボリュームがありすぎて、日本語の新聞だって隅から隅まで読んでいる人はいないのですから、なんとなくでいいのです。

これは勉強になるので、これから毎週、日曜日は新聞の日とすることにしようと思います。

土曜日は、保安も交えて、学校の友達と、飲みに行きました。

パレルモにある、シュガーバーというところ。げっ、スポーツバー?ダセー!と思いましたが、やはりブエノス・アイレスのパレルモ、というわけで、ダセーわけはありませんでした。なかなかイカした内装で割と落ち着ける感じで、あとで聞いたら、外国人がなぜか集まってくる場所なんだそうで…なんででしょ。どうりで、夜が更けてから、別の学校の友達が偶然同じバーにやってきて、合流となったわけです。そういや、メニューも英語でありました。で、ここの

ハッピーアワーが、夜の7時から12時まで。

よーするに、この時間帯は、飲み物が安いわけなんですが、それにしても、夜の12時まで。これ、イギリスだったら、パブ&バー自体が閉まってしまうんですが…

(注:法律上、基本的に飲み屋の営業時間、イングランドは23時まで、スコットランドは0時まで、と決まっています。クラブなどはまた別です。)

12時までハッピーアワーだなんて、一体何時までお店はやっているんでしょうか…?

まぁまぁ。今週末から、ワールドカップがはじまるんで、ブエノスアイレスは偉い騒ぎになるはずです。この国では、試合でアルゼンチンが勝ってしまうと、公共の交通機関までがまともに機能しなくなってしまうほどのエライことになるようで、お祭り好きとしては待ちきれません。この日のバーでは、バレーボールの試合が流れていましたが。アルゼンチン選手、さすが美男子ぞろいです。ただし、身長が2メートルというのは、高すぎですが…でもバレーボールなのでしょうがないですね。

そうそう、金曜日は、Festival Ciudad Emergenteという、若手のアーティストの集まるフェスティバル的なものに少し足を伸ばしてきました。まだまだ無名のミュージシャン、DJ,デジタルアーティストや写真家の展示に加え、既出の映画の上映などがあるフェスティバルでした。今年で3回目のよう。5日間、毎日イベントが午後から夜まで一日中あって、入場無料。ポップアートに興味があったり、実際表現している若者たちは、日本ともイギリスとも、なんとなく感覚が似ているな~と、なんだか落ち着ける場所でした。

06042010005.jpg

写真は、会場内で、まさに今このとき、グラフィティが描かれているところ。すごいにおいでしたが、すいすいとどんどん絵ができあがっていくさまは見もの。かっこよかったです!そういえば、ブエノスアイレスでは、クールなグラフィティにたくさん街角で出会います。

一緒に行った友達が、寒いから早く帰ろう~というので、軽く見て帰ってきてしまったので、こういうイベントにはこれからは

一人で行こうかと思いますw

あと、おいしかった夕飯メニュー。メモ代わり。

韓流肉味噌 レシピID :239678

大葉にんにく醤油で有名な勇気凛りんさん(勇気凛りんさんは、FC2でブログもされてますよね!)のクックパッドのレシピを基にして、きゅうりとにんじんのナムルをつけ合わせに、白ご飯、レタスを添えて、韓国風肉味噌をやってみたところ、大うけ!翌日、家に遊びに来た…というか時々住んでいる感じの保安の友達にも食べさせてみたところ、好き嫌いの多いアルバロが

「ユダヤ料理に似ていて、なじみのある味だ。とてもおいしい!」

(彼はユダヤ人。ブエノスにはユダヤ人がとても多いです。)

と人の分まで完食。なんと韓国料理がユダヤ料理に似ているとは。これってナムルもすべて混ぜたら、バリバリ、ビビンバ風なんですが。

まだまだ世の中には、発見がたくさんで、毎日面白いです。

ただでさえ長くて読みづらいのに、このような色々混ぜ合わせた、さらに読みづらいブログはやめにし、次からは、「まとまり」に気を配りたいと思います。混ぜておいしいのは、ビビンバだけってことで!

…というわけで、元気に毎日生きています!


最後まで読んでくれてありがとう。ランキングに参加中です。
クリックしてもらえると嬉しいな!コメントも、気軽に残してくださると喜びます☆

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング

テーマ : アルゼンチン
ジャンル : 海外情報

日本人ならではの…

外国、しかもロンドンやニューヨークのようなところでない、ビミョウな外国に住んでいると、「日本人」であるというだけで色々ヘンテコな仕事の話や、駆り出し&質問&出来事などなどに遭遇することがよくあります。

テレビ出演やインタビューなどもそのひとつ!

今日は、日本人向けのコマーシャルのオーディションがあるというので、出る&出ないにかかわらず、とりあえず面白そうなので、迷わず参加してきました!

小さな部屋で、一人ひとり、名前を言って~年齢を言って~後ろにさがってぐるっと回ってスマイル♪ みたいなことをやらされ、ちょっとした演技(?)っぽいことをやって、最後にはほかのオーディション参加者たちと歌を歌わされ、なんだかとっても面白おかしく楽しい経験でした。もちろん日本人だけでなく、ほかの役向けのアルゼンチンの人たちが、同席した人は4人だけでしたが、待合室にたくさんいました。

彼らは突然

「あなたは今、ちょうど日本についたところです。まずは何をしましたか?」

みたいなシチュエーションを振られて、役になりきらねばならず、大変そうでしたが見ていて面白かった。

さて我々日本人は、まずは紙を渡されました。


「持ち主に最新技術の新製品を配達させていただきたいと思います。使いやすくて効率的な製品です。ロボットを発展しはじまりました。必ず、ロボットの「DNA」は持ち主の「DNA」から造られた。記録してしまいました!おつかれさまです!今、アルゼンチンに帰ることができます!」


一部はこんな感じなのですが、終始、まったく、意味不明です!!大笑いでした。どう考えても、インターネットでスペイン語を打ち込んで適当に翻訳したのでしょう。。。しかも、この、それこそ宇宙語みたいな日本語のお話を、自分なりに解釈して、カメラの前で説明させられるという!できねぇよ!最終的には、紙よりもよっぽど自分なりの解釈の方が意味不明だったことと思われます…

いやはやしかし、役者ぶったり、歌ったり、ぐるっと回ったりと何かとわくわくする新体験でした。一緒になったアルゼンチンの人たちは、初対面で、たったの1時間ほどをご一緒しただけですが、終わってみれば、もはや友達のよう。「スエルテ!」(グッドラック、みたいな感じ)でキスをしてお別れ、こういうノリがちょうど心地よく、顔も気持ちもにっこりします。

思ったより時間のかかったオーディションのあとは、同席した日本人の人たちと、お茶を飲みにゆき、とても楽しいひと時をすごさせてもらいました。お天気が良かったので、帰りがてらお散歩もして、とてもよい一日になりました。こちらも、日々出会いに恵まれて、毎日に感謝しています。

これからも、面白そうなことが転がってきたら、いちいち首をつっこんでずうずうしく生きていこう。仕事にかかわらず、なんでもしますので、何かありましたらぜひ情報お寄せくださいね~。何でも屋として、三十数年生きてきましたので。。。

世間はワールドカップ一色、誰と話しても、何をしていても、試合の話ばかりで、それもまた面白いです。明日は、アルゼンチンの試合!なんかみんなソワソワして心が落ち着いていない感じを受けます。

私は例のイタリア人の友達の家でみんなで見ようと誘われているのですが、どうなるかわかりません…こっちだと朝11時からなんで、だいたいその時間までにスタンバれるのか?

ブエノスの街中でも、大きなスクリーンで見られるようになっています。

詳細はこちら

日本人の仲間たちも、一緒に見る?どこかで集まらないの?とちらほらとあるので、知っている限りの日本人に声をかけ、最終的にここに集まってみることになりそうな気配です。日本人だけでなく、日本に住んでいたことのある人や、ハーフの人や、日本好きの人たちとも声を掛け合っているので、楽しくなりそう!どなたが見ているかわかりませんが、また詳しく決まったら、ブログにも載せようと思うので、ブエノスにいらしてお時間あるかたは、そこで一緒に日本を応援できたら楽しいかもですね!

アルゼンチンも、もちろん応援しています!!


最後まで読んでくれてありがとう。ランキングに参加中です。
クリックしてもらえると嬉しいな!コメントも、気軽に残してくださると喜びます☆

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

実況中継

結局寝坊したし、風邪もひいているので、家で応援することにしました、アルゼンチン対ナイジェリア。

はじまったばかりですぐ、いまさっきアルゼンチンがゴールを決めたのですが、うわさに聞いたとおり。。。

ゴールの瞬間、テレビをミュート!!

老若男女の叫びが、近所から、道から、ノイズが、ラッパが、車のクラクションが外からモリモリ聞こえてきた!!!すごい盛り上がりよう!!

おもしろ~い!!

こりゃアルゼンチン楽勝だな。でも頑張れ!
いや~家でのんびり見るのもいいですね、これ。


最後まで読んでくれてありがとう。ランキングに参加中です。
クリックしてもらえると嬉しいな!コメントも、気軽に残してくださると喜びます☆

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング

テーマ : アルゼンチン
ジャンル : 海外情報

風邪をひいたり、ワールドカップみたり

この冬(注:南半球なんで今、冬なんです)はじめて、風邪をひいてしまいました。木曜日くらいに、のどが痛みはじめ、風邪の初期症状かな…と思っていたのだけど、

「風邪などひいていない」

と2~3日自分に言い聞かせていたのですが、負けました…

いつも思うのですが、風邪をひいていると、なんだか人間としての感覚が、平衡感覚が、なくなるというか… 不注意になるというのか… とにかくいつもしないようなミスをたくさんしてしまうのですが、みなさんはどうですか?

たとえば今日の私。

・コップに入っていた水の存在が視界に入らず、ぶったおしてノートをびしょびしょにした
・買ってきたばかりの牛乳3パックをスーパーの袋ごと落として箱をつぶした
・ごみ捨てようと思って足でゴミ箱のペダルを踏んだら、中にごみを入れる前に閉じてミスった

そんなこんなの繰り返し…

しまいには、夕飯のエンパナダス(アルゼンチン流餃子)を失敗の巻~にしてしまいました。水分が多かったのか、ちゃんと焼けずに、そこがこびりついて底抜けエンパナダスになってしまいました…いつもこんなことないのに…



その上、鼻がつまっているので、味見もできず、保安に味をみてもらいました。

私、病気の人かなにか?

(いや病気なんですが風邪も立派な)

鼻がつまって目の周り頭周辺がぼんやりしているので、いろんな感覚が鈍ってしまうんですよね。犬と同じ原理かと思いました。それか、鼻とか耳とかってつながってるから、三半規管の働きが弱くなってしまうんだろうか?

もう、このぼんやり感がいやでいやで、風邪を引いたときによく作る、ねぎをたっぷり入れたスープや、はちみつレモンしょうが汁入りなどを作って早く治そうとしています…。でもいったんひくと長引くんだよなぁ~ あ~やだやだ… みなさんも風邪には気をつけて…

ところで、ワールドカップ、アルゼンチン初戦とりあえず、1-0で勝利!
今ブログを書いていたら、保安が、

アルゼンチンの応援歌を書いてあげる!!

(…あげる…って、あの、別に頼んでいませんが?)

と嬉しそうに寄ってきたので、せっかくのご好意を受けることにしました。

vamos vamos Argentina
vamos vamos a Ganar
Que esta banda quilombera
no te deja, no te deja
de alentar

頑張れ 頑張れ アルゼンチーナ
頑張れ 頑張れ 僕らは勝つぞ
このうるさい野郎どもが
ずっとずっと最後まで応援し続けるぞ!


今のところ、家でこの歌を練習させられています。。。

韓国戦だけは、こちらでは朝早かったので見逃したのですが、アルゼンチンvsナイジェリアは、家でばっちり応援しました!

ひとつ前の記事に書いたように、ゴールの瞬間に外から聞こえてきた歓声はすごかった!しかもね、試合中は、街が静まり返っているんです…。窓をあけて耳を澄ましても、車の音も聞こえてこないくらい… みんなテレビの前で、息をのんで試合を見ているようです。本当にサッカー好きなんだな~。

しかも、メッシがゴールをはずすたびに、

「あぁ~」

「のぉ~!!」

という声がまた聞こえる。なははははは!!!

保安だって、普段は、アルゼンチン男子にあるまじき、で、別にサッカー好きじゃないんです。どこかのチームをサポートしているわけじゃなくて、国際試合しか見ない。そんな彼が、ワールドカップは別。

全試合インターネット上のスケジュール帳に記入してあります。

また、今日、アルゼンチン戦、朝11時からだったので、万が一寝坊しないように、

なんと、お義母さんが11時ぴったりに、「準備はいい!?」と電話してきました。

まぁ、どこもかしこも、こんな感じで、じーさんもばーさんも、ちびっこたちも、口を開けばサッカーの話で持ちきりです。

アルゼンチンは、今回の試合で、20回ゴールのチャンスがあったようなのですが、そのうち10回をナイジェリアのキーパーに阻止され、結局決まったゴールは1つだけ。

なのでなんとなく、すっきりしない試合ではあったんだけど、終わった後、中継のアナウンサーも「今日の一番良かった選手は、ナイジェリアのキーパーですね~」監督のマラドーナも「ナイジェリアのキーパーは良かったね」、そしてメッシまでも!!みんながナイジェリアのキーパーを褒め称えていた!!

ってそういう問題だったのか!(開眼)

私的には、3ドアの小さな車のように小回りがきいて、かわいいメッシーと、興奮しすぎて前に出すぎて、つい転がってきたボールを手にとってしまうマラドーナが見ものでした。あと、わき目も振らず無心で走るゴリラかと思いきや、テベス!

マラドーナは、そのうち、勢い余って、ボールを蹴りだしちゃうんじゃないかと、ひそかに心配しています。

私もこの際、

♪no te deja, no te deja de alentar♪

で、最後まで応援するぞ~!

日本もアルゼンチンも頑張れ、頑張れ!


最後まで読んでくれてありがとう。ランキングに参加中です。
クリックしてもらえると嬉しいな!コメントも、気軽に残してくださると喜びます☆

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コリアンタウンでカラオケ

またまたコリアンタウンに行きました。

06132010011.jpg

通りの街灯のひとつひとつに、アルゼンチンと韓国の旗が友好的に飾ってありました。前はこんなのなかったよな?

奇しくも、アルゼンチンの次の試合は、vs韓国戦!!アルゼンチン負けたら(たぶんないとは思うけど)どうなっちゃうんだろ。保安は、ニコラスともマーティンとも(数少ない韓国人の友だち)もう友だちやめると言っていましたが… 

(冗談で、ですよ…たぶんね)

06132010016.jpg

06132010017.jpg

今日も、韓国料理食べ放題、おいしかったよ~!!

場所は、前ブログに書いたときに一応載せてあります こちら

ここでは肉なんか安くて毎日食べられるので、男どもがそれでも肉を食らい続けるのを横目で見つつ、私は普段食べられない、もったいない新鮮野菜のナムルなどを中心にモリモリ食いました!!ビタミン補給!!うま~い~。

ちなみに、写真はまだまだ一部。もっともっと出てきました。すごいでしょ。季節柄か、おなべがメニューに出ていて、今日は4人いたので、2人分を韓国風海鮮鍋、あと2人分を焼肉にしてオーダーしてみました。そんなことできるんだ!だってどっちにしても食べ放題だから、バリエーション加えて両方楽しめるってことなんだもん。ラッキー!

どうせ卓上で話されるネイティブスペイン語にはついていけないので、私は夢中で食べていて、別卓にあった海鮮鍋の写真も、取り皿に分けた鍋も写真ありませんが… いつものごとくやる気ないようですみません。

ここのレストラン、小皿料理が毎度毎度ちょっとずつ違うんですが、今日は、「甘くないおしるこ白玉入り」が出てきて、砂糖を入れたくてたまらないと思いながらもキレイに平らげてしまいました。びっくりしたのが、こういうの、ちょっと食べられないだろうなと思っていたアルゼンチン人が完食していたこと!

「いやぁアルゼンチンの料理に似てるのがあってさ」

って何それ!と思ったら、レンズ豆のシチューに似ているんだそうで…

(いやいや、ぜんぜん似てないんですけど、この味音痴…!)

黒豆の煮たのも出てきたんですが、これまたぜんぜん甘くないの。韓国の料理は甘くしないんでしょうか?

海鮮鍋には、えび、かに、貝類、白身魚となんと!マダラのでっかいタラコが入ってました。そういや、タラコの季節って、季節が反対だから今か?となるとタラコを買いたい人(私)はどこへ向かえばいいのだろうか?

なんか写真見てたら、また食べたくなってきちゃった…

おなかが一杯になった我々が続いて向かったのは…なんと

カラオケ!!

06132010020.jpg

さぁ、何をうたおかな~♪

ブエノスアイレスにも、韓国街にはカラオケ、しかもカラオケボックスがあると聞き、一度行ってみたいと思っていたんですが、今日ついに潜入!韓国の歌、英語の歌に加え、日本語の歌もあります。

(なんでスペイン語の歌とか、アルゼンチンの歌はないんだろ?)

保安とその友だちが英語の歌をバンバン入れていましたが、私は場の雰囲気を無視して勝手に日本語の歌を久々に歌ってストレス解消してきました!っていっても普段ストレスなんてたまらないくせに何いってんだ!スピッツとか、松田聖子とか、森高千里とか、プリプリとか… 選択が古くさ…

最後2曲というときになって、みんなが知っているベタベタな曲を入れよう!となったとき、選ばれたのがボン・ジョビ(笑)。ここで、私のよく知らない「It's My Life」(2000年)を入れる保安と、彼らの歌えない「Livin' On a Prayer」(1986年)を入れる私。普段感じない、10歳の歳の差をこういうときに感じるのであります…

え~ボン・ジョビといえば、「Livin' On a Prayer」だよね~!?

(そうと言って~笑)

06132010024.jpg

初めてのカラオケに緊張…かと思いきや、歌いまくる保安。

06132010036.jpg

カラオケグッズはどこの国も一緒。タンバリンとか… リモコンが韓国語でよめないの以外は…

今日は連れて行ってもらった韓国オリジンのニコラス君の知り合いのところに落ち着いたので、店の名前もわからないし、レストランの宴会用みたいな広いところで、ボックスじゃあなかったんですが、韓国人街エリアを中心に、いくつかあるみたい。日本人や韓国人以外の、外国人の人たちもネタ的によく遊びにいっているようです。値段は1時間、1部屋40ペソくらいから。

たとえばここに少し案内があります(英語です)。

ただどこも、夜は割と治安の悪いところだというのと、ブエノスアイレスの中心から結構離れていてアクセスがあまりよくないので、ひょっとしてこんなブログを見て、行ってみよう!なんて思っていただいちゃった方はぜひお気をつけて!

明日は、ワールドカップ、日本vsカメルーン戦!朝11時からです。サンマルティン広場の大スクリーンまで行って、心をこめて応援してきます!!ブエノスにいらっしゃる方で、これ見ている人もしいたら、日本人の固まりっぽいの見たらぜひ声かけてくださいね!みんなで応援すればきっと~!

バモー バモー ハポン!

おまけ:

IMG_5628.jpg

コリアンタウンでやっとマッコルリを見つけたよ~。けっこうおいしい☆


最後まで読んでくれてありがとう。ランキングに参加中です。
クリックしてもらえると嬉しいな!コメントも、気軽に残してくださると喜びます☆

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

日本vsカメルーン

日本カメルーンに勝ちましたね!わっしょいわっしょい!!

ブエノスアイレスの日本人のみんなと雨の中、サンマルティン広場の大画面(今日は大雨だったので残念ながら、テントの内部で…)で応援してきましたよ!

「ゴーーーーーーーーーーーーール!!んだ~ぁ んだぁ~!」

の実況中継アナウンサーの声が忘れられません。

そうです、スペイン語読みされちゃうんで、ンダ、が、ンダになってしまうんです!!

わっはっはは~んだ~じゃねぇよ!!ンダだよ!!って、しつこく笑っていたら、

「Messiのことだって、日本で流される中継では、日本のアナウンサー絶対メッしぃーって間違って呼んでるでしょ!」

と保安が。うーん、確かに。ssiの発音が微妙に変わってくるんだけど、日本人にとっちゃ「し」も「シ」も一緒だしな。

でも、まちゅーだ!まちゅーだ!も大うけだったけどね。、いえてないし。あ、なんか揚げ足とってる?

後半かなりハラハラさせてくれましたが、とりあえず勝ったんでいいでしょ!岡田監督のガッツポーズもかなり笑えました!!っていうか笑うところじゃないんですけど…

カワシマ選手が、毎度ボールをとめるたびに、確かめるように抱えているのも身にしみました。

グラスゴーにいたんで、思い入れ深い(そして自信を持って「知っている」といえる数少ない選手の)シュンスケの姿がないのはやっぱ、なんだかだで残念ですが。でもそれあっての1点とも言えるのでなんともいえない?

最後かなりハラハラしたけど、とりあえず勝利できてよかったです。日本お疲れ様!ってまだまだこれからなんだよね。初の海外勝利、で浮かれているのもいいけれど、これをバネに、次のオランダ戦も頑張れ!今日の勝利だって奇跡なんていわれちゃってるんだから、奇跡続きでオランダに勝っちゃったら、オランダにもメディアにもざまぁみそづけ(死語…)、ついでにデンマークも踏んづけちゃえ、って感じで相当面白いんだけどね。

とりあえず一勝!日本チーム、そして一緒に見たみんな、勝利の感動と楽しい観戦をありがとう!かっこよかったよ!ブエノスアイレスでも、日本チームをちゃ~んと応援していますよ!アルゼンチンの国旗の白いところに日の丸つけて(笑

次も、朝早いけど、盛り上がってくぞ~!
今週からやたら朝型の人間になりますよ!
木曜日は、アルゼンチンvsコリアも朝8時半からなんで。

なんかこのごろワールドカップブログになっちゃってますが、ワールドカップのときになると突然シッタカ(知ったかぶり、ともいいます、鳥とかじゃありません)のように現れる、あなたの隣にもよくいる、たいしてルールも知らない、いち即席にわかサッカーファンなんで、どうかご了承ください… ミーハーですいません…

夜は、ロックコンサートに行ってきたんですが、それについてはまた明日。


最後まで読んでくれてありがとう。ランキングに参加中です。
クリックしてもらえると嬉しいな!コメントも、気軽に残してくださると喜びます☆

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
197位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
4位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。