CHOCO★BLOGG 2010年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒッピーの更新、もとい…

こんにちは!お久しぶりです!
またしても長いことブログをほっぽりだしてしまいました。。。

「しばらくブログ更新してなくてすみません!」

とか言っているブログを通り過ぎるたび、

(すみませんていうかブログってジコマンでやってるのに、別にあやまらなくていいよ)

なんて思っていた、ヤナやつな私ですが、その「すみません」の気持ちがなんとなくわかってしまった次第です。確かにブログ更新してないのって少し後ろ髪ひかれるというかなんというか… 別に誰も楽しみにしてないし!なんて自虐的な気分にもなってしまいますが、さっきブログ村などすごい久しぶりに行ってみたらば、全然更新していないのに、応援ボタンをクリックしていてくれる方がいたり、更新してない間、「どうした?元気?大丈夫?」と各地で心配してくれる方も結構いて、逆に申し訳ない!すみませんなんてジコマンのくせに、なんて思っているほうが、断然自己中ですね、と気づきました。日々、人として勉強ですわ。

ブログしてない間何してたかって言うと、人と遊んだり、ドラクエで遊んだり、猫と遊んだりして、ボケっとしていました。。。あ、あと勉強もちょっとしてました。相変わらず元気で、毎日楽しく過ごしてます。

今日は、保安の故郷の友達、ウーゴくんがブエノスに仕事で引っ越してきたというので、一緒に会ってきました。都心(?)で待ち合わせしていたので、待ち合わせ場所付近で(いつものように)デモ行進が行われていた!

05082010903.jpg

05082010904.jpg

ありゃ、これは… 今日の行進は

マリファナ合法化運動じゃないすか!!

噂では、ブエノスアイレスでは、よくある、マリファナの売買に関わらない限り(個人で所有している限り)は、大麻はOKって話なんですが。持ってるだけならOK、他人に関わらない限り個人の使用もOKなんだっけな?人に売らなければいいの?なんかよくわからんけど、一応違法なのでしょうかこれは。まぁ運動してるくらいだし、そうなんでしょ。イギリスでも、「キノコは栽培&鑑賞用ならいいけど、食ってはいけない」とかいう微妙な法律があったと思うのだけど、まぁそういう一連の。バリバリ室内で栽培してて、「見てるだけよ~かわいいでしょおほほ~」なんてほざいている人もちらほら見たことありますが…(笑)。

(てかキノコだって別にいいじゃん。キノコだよ、だって。食べものじゃん…ダメ?昔は普通に渋谷の街角で売ってたもんだが…)

いやぁ、ブエノス、本当しょっちゅうデモ行進行われていますけど、今日みたいに、山ほど人がいたのもまた珍しかった!

そこらじゅうヒッピーだらけ!!ぎゃははは。

誤解を避けるため、ちなみに私はヒッピーは好きだし、見かけはまだしも、心はヒッピーですが何か。

しかも、こいつら、パレードしながら、実際マリファナ吸ってますから。いい匂いがそこかしこからしてきて、どいつもこいつも、ダウナーな感じで相当キマってます!!あははははは。いくら、合法化運動でも、イギリスでも、日本でも、パレードはしていいけど、歩きながら公衆の面前で吸ったらやっぱり、一応まずいと思うんですが… 別に警察もなんもいわず、そんなこともフツーにありな、アルゼンチンがやっぱり笑えて、私は好きです。

私は個人的に、マリファナ合法化、断じて賛成ですし。タバコより害がないから、とかそういうこと言うつもりは毛頭ないですけど、タバコやお酒と同じくして、人に迷惑をかけない限りは、自己責任のもと、個人の選択でやるかやらないか選べてもかまわないと思う。例えば、拒食症とか、ガンとかいろいろなことに薬としても使えると思うし。基本、私はケミカルなドラッグはなんか、特にスコットランドでは多方面で利用者を見てきて、もしかして、それないと人とも話せないの?みたいな悲しい気がして好きじゃないけれど、マリファナは葉っぱだからいいと思う。

(なんじゃそら)

ま、ガンバレ、ヒッピー!!
合法になったら私にもまわしてね(笑

05082010905.jpg

どっへ~!でっかいジョイント!!

05082010908.jpg

ラブ&ピースなかわいいバン。

その後、近くで開催されていた、日本文学祭に少しお邪魔してきました!

05082010913.jpg

私も準備で、一日だけお手伝いさせていただきました。綺麗にデコレーションされていて、来場者もたくさんあり、ビバ!ハポン!あと1週間くらい展示されているそうです。お近くの方はぜひ。それぞれのランプに、短歌、俳句が書いてあります。日本庭園をかたどった展示などもあり、日本の美。

詳しくはTOMOKOさんのブログまで

05082010918.jpg

今日は指圧の講習会?みたいのが開かれていました。毎日、何かと催しがあるそうです。

ここでは、偶然にも居合わせた、日本への帰省から戻ってきたばかりの、ブログを通じてお知り合いになったメガネざるさんとも、初めて実際お会いすることができ、何かと収穫のあった一日でした。メガネざるさんは、息子さんの秀吉さんと、旦那さまを時々ブログに載せてられるので、

「あっ、この赤ちゃん!知ってる!秀吉さん!」

ってすぐわかりました。かわいかったです。^^

夜は、KANSASという、まぁ、結構ありがちなめちゃアメリカンなバーベキューレストランへ。まぁ、おいしいんですけど、アメリカンレストランてなんちゅうか、焼いただけー混ぜただけーな気がしちゃって、あんま特した気分しないんですが…でそんなこんなでいつものように写真ありませんが…

来週、またしてもスペイン語のレベルテストがあるんで、しばらくまたおとなしく勉強します。スペイン語の話や、いつものようにおいしい話もろもろ、つもる話がたくさんあるので、ブログも以前のように更新していかないと!とは思ってます。一旦、ブログやらないくせがついちゃうと、もとに戻すのが大変なので、そうならないうちに…。そうそう、コメント書き込みも、またしばらく制御されていたんだけど、さっき試したら直ってました。

までも、のんびりいつものように、やっていきますので、今後ともどうぞよろしく。



前、ミクシィにアップしていた日記のうち、ブエノスアイレスへ来てからのものだけ、ブログに移しています。

エゴグラム

気が向いたら、読んでみてください。


最後まで読んでくれてありがとう。ランキングに参加中です。
クリックしてもらえると嬉しいな!コメントも、気軽に残してくださると喜びます☆

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ : アルゼンチン
ジャンル : 海外情報

ソーセージとマッシュポテトでイギリス料理

今日は、アルゼンチンのもったいないソーセージで、バンガーズ&マッシュを作っちゃいました!

バンガーズ&マッシュとは、ソーセージ&マッシュともいう、イギリスの料理です。そうです、その名の通り

単なるソーセージとマッシュポテト!

イギリス料理といえば、リンボウ先生のエッセイ、イギリス料理といえばマズイ!ってのが定評ですが、いや~これがどっこい、意外においしいものがたくさんあって、私は好きです。家庭料理なんて、ちゃんと作ってもらったり、自分で作るかすれば、かなり手の込んだものが勢ぞろいしていて、おうちでじっくり煮込んで作られたシチューとかもうこの上なくおいしいもんです。

ただ、たった一度だけ、スコットランドの名物スープスコッチブロスを、半日かかってレシピ通りに作ったら、スーパーで買う缶詰の味とまったく同じにできあがって、

これはいいの?だめなの?

って悩んだこともありますが…

続きを読む

テーマ : 料理
ジャンル : 趣味・実用

tag : ソーセージ&マッシュ イギリス料理 レシピ

スペイン語と同時に学ぶ創造性のトレーニング

昨日と今日はまたまたスペイン語のレベルテストでした。
今まで受けたテストの中で一番難しかった!

…って今までで一番レベルが高いわけなんで、当たり前っちゃ当たり前なんだけどそういう意味じゃなくて、手ごたえありまくりだったってこと。これ、ちょっといきなり難しすぎない~?模試とぜんぜん違うじゃんっていう…

まぁ話とぜんぜん違うんですけど、っていう出来事はここでは日常茶飯事にあるんですが。

テストの内容は、まず、カメラマンとして活躍しているアルゼンチン人が、カメラマンになるまでの歴史、現在と、これからを書いた新聞の記事の長文解読から始まったのですが… だいたい最初の長文が、ひとつのテストを通してテーマになることが多く、そこから派生して、別の観点から違う問題があったり…

そして最後の質問がキターッ

「もしも、あなたが、カメラマンの○○氏のように、何かしらのアーティストだったとします。作家、音楽家、画家、などの中から自分の人生を選び、生い立ち、家族や友達からの影響、自分のキャリアがどうして始まったか、自分の仕事の好きなところ、嫌いなところ、これからのプランについてなどを、新聞の記事にすることと仮定して20行くらいで書きなさい。」



なんやそれ!!!

って一瞬固まってしまいました。

このごろうすうす気づいてはいたんですが、なんかやたらと

イマジネーションを求めてくる問題や練習が多いのです!!

てか、こういう、あることないこと書かないといけない問題って、母国語でも難しいんじゃん?

もはや語学の勉強を超えて、想像性の域に入ってるんじゃん???

私も、自分の得意な分野なら、あることないことでたらめに書けるんですが、なかなか自分の知らないことは、書くの難しい。それでも、なんとか振り絞って、それこそあることないことでたらめに書きましたわ。くそ~なんてつまらないんだろう、少ししゃれの利いたこと書きたいよと思うんですが、何しろ私のつたないスペイン語で書くんで

「私はピアニストです。6歳のころからピアノを始め、一日中ピアノを弾くのが好きでした。今でも好きです。(中略)音楽大学へ進学し、ピアノを習いました。今の私は、昔よりずっとピアノが上手になりました。」

って、大学までいってピアノ習ってるくらいなんだから、ピアノが上手になりました、って当たり前やろ~!!!

「私のキャリアは、大学在学中にはじめた、ブエノスアイレスのバーでピアノを演奏する仕事から始まりました。」

って、なんかすごいハイソっぽい大学で勉強してるのに、場末のバーでバイトかよ!!!

「その後、バーで別のピアニストとギタリストと知り合い、一緒に音楽をはじめました。以来3人で音楽を作り続け、3枚のCDを出しました。私たちの次の予定は、世界ツアーです。最初の公演地は日本です。」

って、場末のバーからいきなりCDで世界ツアーかよ!!!

って自分でとことんつっこみながらも、あまりの自分の使えないスペイン語力ではこのくらいしかできず、とりあえずつじつまがあっていなくても、スペースを埋めただけよしとしようと自分をなだめすかし、テストは終了。

クラスの生徒はみんな先に帰り、残ったのは私だけ。あ~こりゃもう絶対落ちたなと思った。ぜんぜんできた感触なし。

そして今日は2人一組で口答試験。試験の10分前ほどに、シチュエーションを設定した紙を渡され、それにそってパートナーとしばらく会話を続けないといけないのですが、それがこんな感じ。

「生徒A:先週の土曜日、とても気に入った男の子(または女の子)とであった。そのことについて、あなたは友達に説明している。どこであったのか、どんな人だったのか、何をしたのか。そして、この先、どうやって続けていけばいいのかについて友達にアドバイスを求める。」

「生徒B:あなたの友だちが先週の土曜日、とても気に入った男の子(または女の子)と出会ったらしい。そのことについてあなたは友達に尋ねる。どこであったのか、どんな人なのか、何をしたのか。それと同時に、とまどっている友だちに、これからどうやって続けていくか、アドバイスを出す。」

これ、普通ぱっとみて、どうみても、異性間の話でしょ?ところが、うちの相方のトビー、練習しているとき

「UBA(うちらの語学コースのある大学)のクラスで、出会って、その後ビールを飲みに行ってその足でレストランにいったんだ。」

えっとー。それは、ちょっといきなり進展早い?私次何、アドバイスすればいい?

「それからそれから?」

「それから、そのまま飲み続けて、たくさんビールを飲んだよ。」

あれ?なんか違う?

「ねぇそれって、女の子だよねぇ?進展早すぎない?いきなりビールのみすぎ(笑)」

「え、そうなの?(笑)僕は男友だちのつもりだったんだけど。」

あ~まぁ確かに。同性でもいっか。

で、そのまま試験で男友達という設定で話を進めると、やはり試験官の先生方、

「あなたたち、これ理解してるわよね?なんで男なの」

と。

「男で何が悪いんですか?友だちとして同性を気に入る場合だってあるじゃないですか。彼がブエノスアイレスにまだなじんでいなくて、ほかに一緒に遊びに行くところはないか、っていう感じでアドバイスを求めているという設定です」

とあることないことを口走り、なんとか切り抜けた。でもさぁ~ ゲイっていうパターンもあるんだから、そのへん考えてほしいよね~おばさんの先生がた~。ブエノスアイレスなんてゲイ山盛りいるし~。

創造性のテストにほとほと疲れ果て、あとは野となれ山となれと思っていたら、なんと!結果は、パス!でした。しかも、思っていた筆記のテストがこの上なく良かった。あんな幼稚な文章で点数くれるんだ… ってすごい意外だった。全体的に、かなり自信なかったのにほとんどあっていてびっくり。ただ、スピーキングが、やっぱりぜんぜんダメダメで、筆記に助けられてパスできたという感じ…

その後、受かったクラスメイトたちと、アルゼンチンの定食屋にご飯を食べに行き、昼間からビールのんで、赤ワイン&ソーダ(アルゼンチン流)飲んで肉食ってお疲れ様… 努力をねぎらい合う。いや~美味しかった。せっかくスペイン語のテスト受かった後なのに、全員イングリッシュスピーカーだから、途中から

「これではいかんよ!!スペイン語で話そう!!」

ってがんばったよ!!スペイン語で話すと息苦しいけどね。でもちゃんとしゃべれるようになりたいし、自分の弱い部分も最近気づいてきたので、そしてそれは特にスピーキング!(あとライティング)家で英語しゃべってんのがいけないんだよ!!

ってわけで家でも、このごろがんばって英語禁止にしています。私の方から率先して。もうそうでもしないとそろそろ授業もついていけません。。。てか、私、今なにやってんだっけ?今の一番の目標はスペイン語の習得じゃん。まじめにやんなくっちゃだめじゃん!って。

いや、でもね。スペイン語をマスターするころには、創造性も相当磨かれてると思う。テキストの練習問題で、宿題に出される文章作成とかでもさ、

「セニョール○○と、セニョール○○が、あれやこれやしまして、そうでこうでああでした。さて、それではこのあとどうなったでしょう!お話を作りなさい!」

っていう、最初に物語があって、その続きを書きましょう、ってのが本当多い。まだ

「あなたの国ではどうですか?」

「あなたの子供のころは、今と比べるとどうでしたか?」

などの、本当にあったことならいいとして、作り話は難しいんじゃ!!私だいいち、嘘つくのが苦手なんで、本当にあったことしか書くとしても書けないんだよ!!

ってうちに帰って保安に文句を言っていたら

「うそつきもアルゼンチンの文化」

と一笑に付されました。てか、確かに。。。皆さん、あることないこと。。。

「チャムショ(chamullo/chamuyo)ってのがあるくらいでね」

と。チャムショ、ってのは、私にはまだ、どうも完全に理解するのが難しい言葉なのですが、まぁ、いわゆるあることないことで人を信用させる、あっといわせる、だます、的に近い小話をすることのような意味らしいのですが… 

そんなわけで、アルゼンチンに暮らすからには、スペイン語だけでなく、あることないことくっちゃべることのできる術も勉強する必要があるみたいです。

なるほど!そーゆーわけで、学校でもこうやって教えてくれるのかもしれないわ。

(そーなのか?)

ま、来週からも次のレベルでイマジネーションに磨きをかけることとします。


最後まで読んでくれてありがとう。ランキングに参加中です。
クリックしてもらえると嬉しいな!コメントも、気軽に残してくださると喜びます☆

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

ピーナッツには気をつけよう

せっかくテストも終わり、なんだかだで受かり、楽しい予定も満載だった週末。

金曜日の午後、次のコースのエンロールメントに行ったのですが、そして、そのエンロールメントは、もうコメディかっていうくらいのアルゼンチンな世界でまたブログのネタにする予定だったのですが、それもままならず(次に持ち越しますw)、というのも、コースへの支払いのあと…

前のコースを通じて知り合った友達と4人で連れ立って、またしても合格祝い?へと、一杯やりに。

大人4人で飲んでいたので、バカのみしていたわけでもなんでもありません。3時間くらい、普通のバーでゆっくり赤ワイン2本を4人で開けただけです。水を飲みながら飲んでいたし、まずアルコールのせいってことはない。スペインのタパスほどすごいものじゃありませんが、アルゼンチンでもお酒を1ラウンド頼む度に、何かしらスナックがフリーで出てきます。ポテトチップスとか、塩気のあってサクッとした軽いものとか、

ピーナッツとか!!

この日は、最初は、生っぽいピーナッツに塩がまぶしてあったのと、塩気のあるサクッとしたスナック2種が出てきて、2本目のワインを頼んだときには、同じものが再度来たのに合わせさらに、グリーンオリーブと、落花生の殻付きのものが出てきました。

スペインでも、アンダルシアなど南のほうへいくと、お酒を1ラウンド頼むたびに、タパスがただでついてくるんだよね。その昔、スペインに旅に出たとき、スペイン人の友達が、

「アンダルシアにいくときは、いつもより、はりきってビールのみなよ!1杯め、2杯め、と仲間内でお酒を頼むうち、タパスがグレードアップしていくからね!レストランなんかいかなくても、バルにいけばお腹一杯だよ!」

って教えてくれたことがあって、実際ほんとにそうだったような思い出がある。

…と思って、今自分の記録を見てみたところ

1軒め 
1杯め サンドイッチ
2杯め イカのフリッター

2軒め
1杯め ししゃものからあげ
2杯め 甲イカのからあげ
3杯め タラみたいな魚のからあげ

1軒めはまだいいとしても、2軒めはあれ、全部、とっても美味しいような…

ってそんなこと書いてたら、またスペイン行きたいな~!!スペイン語しゃべれるようになって、スペイン行ったら楽しいだろうなぁ~!

「お前ナニモノ!?日本人なんだろ?なんでアルゼンチンのスペイン語しゃべってんだよ、へんなやつ!」

って言われるんだろうな。ブフフフフ。

で、私なんかアルゼンチンのスペイン語しか知らないから、

「何、こいつらのスペイン語、すっごい変!!」

って思うんだろうな。どっちが変なんだかわからないけども。

あれ、話それちゃったけどもいつものように。。。

とにかく、アルゼンチンでも、タパス的なおつまみは、ラウンドごとに、バージョンアップしていくのかなぁなんて思うのですが(この日は若干そうだったので)、実際のところどうなんでしょ?あんまり1つのバーでガボガボ飲んだことないのでわかりませんが。

ま、それがいけなかったのか…

私はピーナッツを山盛り食ってしまったわけです。ピーナッツアレルギーの話をしながら。というのも、一緒に飲んでいたうちの一人の女の子、フィーがちょうどピーナッツアレルギーの持ち主で、昨日外食した際、なぜかフモスに紛れていたピーナッツのかけらか何かにあたり、大変なことになり(本当にシリアスにピーナッツアレルギーの人は、例えばちょっとのピーナッツオイルが食事に入っていただけで、命に関わることになります)、結局、薬局にいって救急のための注射を処方してもらわなくてはいけなかったそう。ピーナッツアレルギーって怖いねぇ、他のみんなは何かアレルギーある?なんてのんきに話しながら、私は、テーブルにあったピーナッツをもりもり、バカみたいに食べていたのでした。

ほろ酔い気分で帰宅。帰宅してからもしばらくは、正常で、1時間くらいは、いつものようにフェイスブックとかしていました。しかし突然に、吐き気を催し、トイレへ直行。あんまり飲んでないのにおかしいな?と思いつつ、普通にまた水を飲むと、またすぐ吐き気が。

あれ~。これは、お酒のんで具合悪くて吐き気があるのと違う~!

と気づいたのは、また水を飲んで、3回めのトイレに向かったとき。

てか気づくの遅いよ…

どうやら、水を飲んでも体が受け付けてくれないようで、でも吐くと脱水症状になるので、また水が飲みたい。でも飲んだらまた吐いてしまうの悪循環。こういうときは何も摂取したらいけないんだよね、ってわけで、しばらくベッドで横になるものの、気持ち悪くて寝れない…。あまりの喉の渇きに、やはり時々水分をとってしまうけれど、その度に、またトイレ…。そのうちに、上からも下からも、のひどい状態に陥って、もう収集がつかなくなってきました。

疲れ切って、金曜日の夜は、寝たきり… パソコンすらできずぐったり…

土曜日は用事をキャンセルせざるを得ず… 朝一度、嘔吐&下痢があっただけで、あとはこの日は一日、8度弱ほどの発熱があり、再び寝たきりばあさん。夜はなんと、保安官に頼んで、作り方を教え

アルゼンチン人におかゆを作ってもらいました!!

美味しかったよ。それを少し食べただけで、ずっとあとは寝床。。。こういう時にこそ、相方のありがたみを感じますね。

今日はだいぶ復活して、アルゼンチン建国200年記念の、日本のパレードがあったんで、それはなんとか見に行きましたが、ほんとそれだけで体力消耗して、まっすぐ帰ってきてしまいました。ほんとウルトラマン並にしか体力が持続しませんが… 

ま、ある意味デトックスになったのか、要するに体の中のものすべて排除されたわけで、体重も1.5キロほど減っていました。ここへ来てだいぶ太ったので、ちょうどよかったかと。あははは。

私は、海老とか蟹などの甲殻類にアレルギーがあって、あんまり好きじゃあないですけど、嫌いでもないんで時々食べちゃうんですが、ある時日本に帰省した折、美味しいお魚を食べに遠征に連れて行ってもらった銚子の食堂で食べた巨大海老(アレルギーがあるってのに久々の帰省に調子こいて味噌まで食べたのがたたった)にやられたらしく、今回とまったく同じかそれ以上のひどい嘔吐&下痢&発熱になったことがあります。蟹なんかは、アレルギーでも出されたら食べちゃうんで、食べて顔中はらしたりして、

「あんたいい加減死ぬよ、アレルギーって怖いんだよ」

って、言われたり。ある時、生そばを食べて、これまた顔中にぼつぼつができて、そばアレルギーということまで発覚して

「私、アレルギーだらけじゃん、美味しいもの食べられないジャン!!」

って泣きそうになったこともあります。美味しいものが命の私にとって、美味しいものが食べられないなんて致命的。

ここへきて、もしもピーナッツまでアレルギーがあるとしたら!

アレルギーって、歳をとるごとにでてくるらしくて、人生のうちの許容量を越えちゃうと、突然アレルギーになるとかなので、この歳で新しくピーナッツアレルギーが出たっておかしくはないのですが。うちの父も、確か50になるくらいまではなかったのに、突然、花粉症が出たりしていたし。

でも、本当にアレルギーならば、触っただけでかゆくなったり、口に入れたら口内が腫れたりするはず。例えば、私は、海老の処理が素手ではできません。殻を外したりしているうちに、手が真っ赤になってかゆくてかゆくて。

なので、今回のやつは、ピーナッツが、悪くなってたのかな?それとも、やっぱり、知らず知らずのうちにピーナッツへの許容量がなくなって、アレルギー体質になってしまったのかな?私も似たような経験がある、などなど、他にも何か知っている人いたら、ぜひぜひ教えてください~。

まぁ、テストの後、そして次のコースの始まる前でよかったかも。この頃、睡眠不足でもあったので、しばらくいやってほど寝とけ、っていう神のおぼしめしだったのかもしれません。

(クリスチャンではありません)

とりあえず、今のところまだ体力が持ちませんので、今夜はまた横になることにします… つうか横になりすぎで腰が痛いんですが。そして一つ願うのは、どうか私よ、猫への許容量だけは、この人生のうちで使い果たさないでくださいよ!

追記:

な、なんと、その後発覚した事実…今日、この日の飲みの現場にいたうちの4人のうち、週末にかけてその後話さなかった、クラスメイトが今日、授業あと、

「ちょっと、ちょっと、とんちゃん!金曜日!ピーナッツ!」

もうそれだけでわかりました。

「えぇ~っ、もしかしてフリアも!?」

なんと、彼女も、私とまったく同じ症状がピーナッツ後出て、寝込み、週末の予定をキャンセルせざるを得なかったようです。しかもさらに興味深いのが、今日午後、会っていたまったく別の友達も、

「私ね先週金曜日、とあるレストランで食べたクスクスに入っていたピーナッツに当たったらしくて、ずっと食中毒で苦しんでて病み上がりなの!」

というのです。とあるレストランはまったく別のところです。

これは一体…

ブエノスアイレス一帯で、ピーナッツが汚染されている模様!!いや、ブエノスに住む人すべてがピーナッツアレルギー化か!?どちらにせよ、ブエノス在住の皆さんは、ぜひお気をつけください!!

(ってそんなことあるのかよ…)



前、ミクシィにアップしていた日記のうち、ブエノスアイレスへ来てからのものだけ、ブログに移しています。

気が向いたら、読んでみてください。

オタク祭り

最後まで読んでくれてありがとう。ランキングに参加中です。
クリックしてもらえると嬉しいな!コメントも、気軽に残してくださると喜びます☆

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング

テーマ : どうでもいいこと
ジャンル : その他

新しいコースの始まり

今日は、新しいレベルのクラス初日でした。

初日くらいはと思って、時間通りに (というか5分ほど遅刻気味で…小声) 学校についてみると、なんと!

がら~~ん。

教室には、ちょうど同時にたどり着いた、前のクラスから引き続き一緒のマティルダ(オージー)と私、2人のみ…

「あれ、初日だっていうのに、誰もいないね?部屋あってるよねぇ?」

初日から、いきなりこの、ゆる~いスタートですか。ああはい、もうわかってますけど。新しい先生は、15分ほど遅れて到着し、やっと授業は始まりました。幾人かの生徒も、先生よりさらに遅刻。クラスの面子も、ドイツ人の、変な人臭をぷんぷん漂わせている男の子以外は、全員前のクラスからの生徒たちで、ちょっと新鮮味に欠けるクラスではありましたが、遅刻してきたとはいえ、新しい先生の授業はとてもよく、勉強したぞ感のある、楽しく充実した2時間でした。

ちなみにそのドイツの変な人ジェラルド、もちろん変な人大好きの私が見逃すわけもなく、隣に座ったのをいいことに、いろいろおしゃべりをかましてきました。しかも、すばらしいことに彼はたぶんクラス中で一番スペイン語がうまく、おまけにドイツ人だからまず間違いなく上手に英語が話せるはずなのに、無駄話はすべて英語、のほかのクラスメイトと違って、終始スペイン語!好きだその姿勢!乗った!

こういう人は、あやうく日本語がしゃべれたり読めたりしちゃう場合があるので、あえて記しておきますが、変な人呼ばわりしてしますが、あくまでもいい意味です!個性は素敵だと思います!

彼の大学の専攻はコンピュータエンジニアリング(ちなみに保安官と一緒ですが…)ということで、それだけでオタク臭が漂っていて、すでに興味深々な上、なんと彼は授業中ひまなとき、ノートにお絵かきしている!おまけに良く見れば、ノートではなく、アンケートに使うような、上にクリップがついた板にはめた紙にお絵かきしている!その後、自己紹介的なコースの初日のため、クラスメイト同士お互いのことを知るために、質問が書かれた紙に答えを記さなければならなかったとき、

「理想の職業は?」

という質問に対し、

「彫刻家」

と答えやがった!は?えっと、さっき、エンジニアの勉強したって…

「うん、コンピュータも好きなんだけど、石を削るのも楽しいかな、ってひとつのアイデア。えへへへへへ」

ふむ、さすが、意味不明な幾何学模様をお絵かきしているだけある。しかも、えへへへへへ、って口の辺りしか笑ってないし!その辺りがまた変な人でヨイ!

「お気に入りの映画は?」

「オールド・ボーイ、知ってる?韓国の。」

ってあの!生きたタコにがぶりといくやつか!

(ってそのシーンしか覚えてないけど)

「好きなバンドはレディオヘッド」

このあたりはわかりやすいぞ~。しかし、そのどんよりとした空気から、意外にも

「好きなスポーツは、マウンテンバイク!」

という発言が!

こういう変な人は、ぜひ、また違った色の変な人、保安官と仲良くしてもらうに限るでしょう。ギークトークで盛り上がりそうだし。まぁそのうち。てか、料理も好きだっていうし、私と気が合いそうなんですが…ぜひ保安ともどもお友達になってください。

(…ってこんなところで言っても)

授業受けながら、机でタバコをトントンして整えてる、毎日パーティでさ~今日も二日酔い~来週国に帰るんだけどぉ~の若い女子たちよりよっぽど面白そうです…まぁ、それなりに仲良くしているけど、あんまり、パーティアニマルなツーリスト生徒とはうまがばっちりとは合いません。10年前、英語を勉強していたときの私はきっと、まさしくああだったんだろうけど…それも今は昔…

一方私は、好きなスポーツ?え~水泳?好きな本?いろいろありすぎてわかんない。あっても日本のだし、訳せない。好きな俳優?そんなのはいない。理想の職業?やれるならなんでもやる。仕事くれ。エトセトラ

で、自分、いつからこんなつまらないおばさんになってしまったんだろう…ってがっくり。

ま、でもクラスがあがるたび、初日の授業で、少しずつ、ましな自己紹介ができていけるようになって(ましなスペイン語が話せるようになって、内容的な話ではなく…)、ちょっと安心した一日でした。

…って違うネタについて書くはずだったのに!!変な人の話で終わっちゃったよ。。。



前、ミクシィにアップしていた日記のうち、ブエノスアイレスへ来てからのものだけ、ブログに移しています。

気が向いたら、読んでみてください。

腰痛


最後まで読んでくれてありがとう。ランキングに参加中です。
クリックしてもらえると嬉しいな!コメントも、気軽に残してくださると喜びます☆

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

人生の楽しみ方とは…?

このごろ何かと充実していて、いい意味で忙しいです!スペイン語コースも次のが始まってから、新しい風が入ってきたというか、人との出会いにも動きがあって、スペイン語も少しずつわかるようになってきて楽しくなってきました!実は、クラスの面子も、2日目にして全員そろい、本当は11人いました。しかも見事に全員違う国籍。めずらしい。

なので毎日、ブログに書きたいちょっとした出来事や、面白い人たちの話などがたくさんあるのですが、なにぶん、コンピュータに向かっている時間があまりない!おまけに、来週の火曜日、5月25日は、アルゼンチン建国200年記念の日のため、何かとイベントが目白押し!街に出て私もまぎれてお祝いしてこようと思っています。これにあわせて、保安の家族もブエノスに来ているので、今日はママと、明日はパパとという感じでそういったお付き合いも、いろいろあり…

「あ~パパ~?今日はママとご飯食べに行くから、明日行こうか?」

という感じで電話している保安の声を聞きながら、親が離婚してると、何かとスケジュール調整も大変だなぁと。本人は、もう慣れっこだというし、今となっては、ダブルで何かとオイシイ思いができていいんだとか…確かに…

そんなわけで、今日はママとママの仕事仲間さんとご飯を食べにいってきました。

Barrio Norteにある、Rigolettoていう、ビストロ的な、カフェ&レストラン。雰囲気も良く、ブエノスの典型的な気軽に入れるレストラン。どこに入っても、ある程度おいしいし、いい空気が流れていて好きです。私は、魚の焼いたのの盛り合わせを食べました。このごろでは、会話にもある程度参加できるようになってきたし、ついていけなくなっても、ヒアリングの練習になるくらいまでのレベルまできたのでそういう意味でも楽しいです。

それにしても、今日は週の真ん中の水曜日だというのに、我々が入店した、食事時22時のレストランは超満員!街角の普通のレストランなのに、待っている人もたくさんいました。ブエノスアイレスの人たちは、外食が大好きで、それがひとつのカルチャーになっているふしがあります。貧富の差はあっても、経済もさほど良くないし、給料も相当なプロフェッショナルな仕事をしない限り、大してよくないはずなのに、いつもどこのレストランに入っても、満員なのは何事なのかと。

世界大戦があったころ、アルゼンチンは地球規模で見ても、裕福な国のひとつで、おまけに戦争に参加せず、ヨーロッパの食料庫として機能していたので、よその国で人が殺し合いをしているのもどこ吹く風。お金持ちたちは毎晩ワインを飲み交わし、おいしいお肉を食べて、毎晩遊んですごしていたといわれています。戦争が終わり、不景気の風が吹いてきても、後先考えず、ぼんやりして同じ生活を続けていたら、いつのまにか経済危機が訪れ、不安定な国になってしまったらしいのですが…

最近、日本に住んでいたというアルゼンチン人と話していたとき、

「アルゼンチン人たちは、時間にルーズだし、無責任だし、計画性がなくてぼんやりしてるでしょ。ちょっと動いただけで、すぐ疲れたって言うし。たとえお金がなくなって、冷蔵庫に何も入ってなかったとしても、笑って幸せにしてるんだから、おかしいよね。」

って言っていて笑ってしまいました。確かに、全部、嘘ではないと思います。

でもそうとはいえ、相当な経済危機が訪れて、たくさんのお金を失おうとも、めげたりせず、ケセラセラの精神で何もかも乗り越えていけちゃうタフさはすごいと思うし、見習うところだと思う。

一方、学校などで知り合う外国人の友達はみんな口をそろえて

「アルゼンチンの人たちは、人生の楽しみ方を良く知っているし、それをするのが上手だよね。それがいいところだし、好きだ。」

っていう。どっちも本当だと思う。時間にルーズだとしても、遅れたって別に大丈夫な事柄もあるし、あんまりきちきち計画立ててもしょうがないし。ひどくまじめくさって無駄なことで悩むよりは、多少無責任でも、ボケっとずうずうしく切り抜けていったほうが、気をもまずにすむし。ひとつの物事は見方によって違ってくるし、考え方も人それぞれではあるけれど。

満員のレストランで、明るく楽しく食事する人たちを見ながら、そんなことをいろいろ、考えていました。



前、ミクシィにアップしていた日記のうち、ブエノスアイレスへ来てからのものだけ、ブログに移しています。

気が向いたら、読んでみてください。この記事でおしまいです。

ところ変われば…


最後まで読んでくれてありがとう。ランキングに参加中です。
クリックしてもらえると嬉しいな!コメントも、気軽に残してくださると喜びます☆

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

アルゼンチン建国200周年

来週の5月25日は、アルゼンチンが生まれてから200年、アルゼンチン人の議会ができてから数えて200年ということらしいです。そんなわけで、今国中が大騒ぎになっています!まぁ当日の25日くらい何かすればいいや、なんてぼんやりしていたら、お祝い好きなアルゼンチン(?)は、もう一昨日からパーティを始めました!正味5日間ですが、まぁ1週間くらいかけてお祝いしようってわけだ…さすが…

街中、お店もどこもかしこも、アルゼンチン国旗でいっぱい。昨日スーパーにいったらスーパーの中も国旗だらけだった。猫も杓子もアルゼンチンカラーの洋服きてたり。てか、文字通り本当に猫が着てた…

やはり、こういう国を愛する感は、アメリカだな!と思わされます。もと植民地であった国が自由になって開放されて建国されたバックグラウンドからくる気持ち…というのは、むしろ逆に他の国を抑圧していたような国、日本で生まれ育った私には到底味わえない、自分の国を大事に愛する素直で自由な気持ちだと思います。まず、日本で国旗だらけだったら、天皇万歳的で怖いし…

そうそう、5月25日というのは、日本でいう建国記念日。植民地だった国ですから、独立記念日、というのがまた別にあり、それは7月9日。独立から200年、というのはまた別に2016年にあるんだって。その時は、きっとまたパーティとかやるんだろう。。。なんかもう、私にはよくわからんよ。。。

一昨日から世界でいちばん、幅の広いと言われる7月9日通りは封鎖され、人々が集まれるように開放されています。下の写真は、18キロもある、なが~い国旗を持って人々が歩いているところ。この国旗は、1999年から、毎年少しずつなが~くなってきているのだとか!これからあと200年たったらどうなっちゃうんでしょ!!他にも、アルゼンチン各地から集まってきた人たちのパレードがあったり、出店がたくさん出ていたり、イベントがもうたくさんありすぎて、なんだこのお祝いっぷりは!!老若男女、国じゅうあげてパーティです。ブエノスアイレスだけでなく、他の街でもたくさんイベントが行われているようです。

1207469.jpg

http://www.lanacion.com.ar より

はっきりいって、もう仕事とか勉強とか、別のことしている場合じゃありません!国中あげてお祭り騒ぎなわけで、関係ない人たちも無理やり巻き込まれている状態!一昨日より、7月9日通りでは、夜は8時からコンサートが開かれ、昨日は朝の4時までやってましたが… うちらは昨日は家でのんびり、テレビを見ていました。

それにしても朝の4時まで!!

これが毎日…つか、アルゼンチンが200歳になるのは、25日なんですが…今からこんな飛ばして、みんな体力は持つのでしょうか…日本じゃこんなのありえません…何がなのかわかりませんが、とほほと思いながら、紛れて全力でパーティしている状態です!わはは~楽しい~!!

アルゼンチンが、自由を勝ち取ったのを最初に、それまで植民地だったラテンアメリカの国々は、次々に独立していったといいます。それなので、この200年はとても意味のあるもので、他の国からもたくさんお祝いがかけつけており、アルゼンチンだけが躍起になってお祝いしているというわけでもないようす。

そんなわけで、昨日のコンサートも、世界でいちばん幅の広い、どでかい、なが~い道が人でいっぱい!100万人集まったという話。8時からどんどん人が増えて行って、朝4時になっても、人だらけでした。テレビでみていても、その様子は圧巻。実際のところ、現場にいったらアリンコの一人になってしまうわけで、きっと寒い、帰りたい、と思うくらいで、1日くらいはテレビで全体像をみていたほうが、そのすごさをちゃんと目で見れるかもしれないです。ウッドストックや、グラストンベリーなんて目じゃないその写真をネットで探したけど見つからなかった。ぜひお目にかけたいのだけれど!!

私たちも今日からはばっちり、毎日参加してきます!

昨日、家でのんびりしていたのは何を隠そう、保安の家族がみんなブエノスアイレスに来ていて、毎晩外食に連れ回されて、疲れていたのです…しかも25日までこれが毎日続くわけで一旦休憩しないとやってけない。みんなはホリデー気分でも、ブエノスに住んでいるこっちは通常の毎日があるわけで。みんな200年をめがけてブエノスに集合しているんだけど、彼の家族は離婚していたりなんだりで、毎日違う面子とあわなければならず… 外食は好きですが毎日はちょっと…

DSCN5280.jpgDSCN5275.jpg
DSCN5284.jpg

上の三つは、ポーランド料理に行ったとき!
私はポーランドは旅行で行ったことがあるのですが、地元の味を知っているせいか、ふーん、別に…って感じでした。あんまりおすすめできないけど、ネタ的に一回くらいいってみてもいいかも?って店でした。

La Casa Polaca

反時計回りに、私が頼んだBigos。ロールキャベツみたいの、ご飯とお肉が入ってる。保安が頼んだPielogi。それからデザートのチーズケーキ。

翌日は、創作料理的なレストランへ。

DSCN5285.jpgDSCN5286.jpg
DSCN5288.jpgDSCN5292.jpg


María Magdalena

ここは、開店してからたったの1年の若いお店で、料理、サービス、料金などなどすべてに力が入っていて、なかなかよかったです!同じく左上から、鹿のステーキ(タブーリ風サラダ添え)、サーモンのステーキ(下にはお米の甘酸っぱく煮たのが…汗)、あと、うさぎ肉のチョコレートソースがけだかなにか、変わったソースがかかったやつ、キヌアと一緒に。ここは、パンとか、デザートとかすべて美味しかった!ただ、お店の内装が、もっとよくできるのになぁという感じでした。

そして昨日は、家で、アルゼンチン名物エンパナダを作りました~

エンパナダはいつでも食べられる国民的スナックですが、アルゼンチンの誕生日の5月25日あたりは、ロクロという、シチュー的なものと共に食べられる、季節的な料理でもあります。中身は、牛挽き肉を、玉ねぎと炒めたものが入っています。今日はパプリカとワインで少し煮込みました。そこへ、グリーンオリーブの輪切りと、固ゆで卵をざく切りしたのを混ぜて包むのがアルゼンチン風。外の皮、うちで作ることもできるらしいですが、今日はスーパーで買ってきました。

175.jpg

ようはアルゼンチン的餃子ですね!

183.jpg

オーブンで強火で15~20分ほど焼きます。できたては、サクサクして、パイみたいでとっても美味しい!3つも食べればもうお腹一杯です。付け合わせになっているのは、にんじんとコリアンダーのサラダ。これはとっても美味しいのでおすすめ!レシピを載せておきます、

にんじんを好きなだけグレーターでごりごり
そこへ、にんにくのみじん切りを、オリーブオイルでカリッとさせ、油があついうちにじゅっと混ぜ混ぜ

(これは、油となじまないと栄養分のカロチンがでなくてにんじんを生で食べる意味がない、と聞いたことがあるので、カロチンでますように~のおまじない)

コリアンダーを適当にちぎってすきなだけ
マヨネーズか、サラダクリーム、レモン汁、塩コショウで味付け

美味しくていくらでも食べられます!いつものごとく適当なレシピでごめんなさい!お試しあれ~

さ~それでは私たちも、あと3日間、パーティに参加してきます!!


最後まで読んでくれてありがとう。ランキングに参加中です。
クリックしてもらえると嬉しいな!コメントも、気軽に残してくださると喜びます☆

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング

テーマ : アルゼンチン
ジャンル : 海外情報

フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
200位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
4位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。