CHOCO★BLOGG 2006年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腑に落ちない…切符のミステリー

ちょっとコレ、見てください。

グラスゴー&プレストウィック間の切符


これ、何だと思います?スコットランドの(ていうかUK中どこでも一緒だけども)電車の切符です。そして、よおぉ~く目をこらしてみればわかるとおり、グラスゴーセントラル駅もしくは、クイーン・ストリート駅から通用する、郊外にある、プレストウィック空港までの切符です。どちらも、シングル、片道の切符。上が帰りの切符(今日)で、下が、行きの切符(昨日)。上は今日購入で、下は昨日購入。

続きを読む

テーマ : スコットランド
ジャンル : 海外情報

あふりらんぽ(4月11日@Mono)&二階堂和美(4月12日@CCA)

※注意
以下、とっても、長ぁくなってしまいました。


グラスゴーにて、日本人ミュージシャンのライブが、偶然にも、2日間続けてありました。つわけで日本人三昧してまいりました。

まずはAfrirampo

あふりらんぽポスター

ホント、このポスター、見なかったら行かなかった。
久しぶりに、ナイス&スレイジー行かなかったら、知らなかった。
昼飯食いに行った中華が、開店前だったら、そのパブへ行かなかった。
友達の葱が、ロンドンから来てなかったら、飯を食いに行ってない。

エトセトラ、偶然が重なって、ライブがあることを知ることができた。しかも当日に。本当にありがたい。あまりにありがたかったので、そしらぬ顔をして、はがして持ち帰りました。ポスター盗常習犯。すんません、宣伝の邪魔して。でも当日だったからいいでしょ。

ライブに付き合ってくれたのは、兵庫出身の葱さんなのですが、ロンドン在住とはいえ、はるばる関西からグラスゴーへやってきて、まさか大阪のバンドを見るとはね。

続きを読む

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

女の子だけの話

私はテスコのめちゃ近所に住んでいるので、スーパーでのお買い物はいつもテスコ。てか、それ以前にスーパーといえばテスコ!テスコ大好き人間。まあ場所にもよるらしいけど、ものはいいし、値段もそれなりに安い。そんなわけで、“テスコクラブカード”という、買い物するたびにポイントがためられるカードも忘れず持ってるんですが、今日はクラブカードから、でっかい封筒が届いてた。こんなん初めて。わ~い!なんかプレゼント入ってんだ~とわくわく封筒を開けてみたら…。

続きを読む

テーマ : 買い物
ジャンル : 海外情報

ワタシのバジル

わは!野菜作り選んじゃった、スレッドテーマに!なんか本格的!全然本格的じゃないんだけど!

バジル


今日は、お友達のマネをして、窓際ですくすく育っている、ワタシの愛するバジルの写真を載せてみました。まあ、愛するってゆっても、いずれは食べちゃうんだけどね。これ、普通にテスコで買ってきた、ポットに生えてるバジル。もう、一度、たくさん料理に使いました。それから1週間くらい経過。キッチンよりか、部屋のほうがこのごろはまだ日当たりがいいので、部屋の中においてます。暇さえあれば、眺める、触る、ニヤと笑いかける、のが日課。

バジルは、お日様の光と暖かさを必要とするみたいで、冬の間は、だいたい枯れてしまうんですが、春や夏には、スーパーで買ってきて、葉っぱを何回かつまんだ後も、ぐんぐん育ってくれます。ただし、2つポインツが。

続きを読む

テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用

Microcosmos

マイクロコスモス昨日、Microcosmosという、虫映画をDVDで見ました。素晴らすい!色々な意味で大変フレンチな映画ですんで、フランス映画のスレッドに投稿してみましたりしましたりして。


フランスの生物学者たちが作ったという、たくさんの、小さな虫たちが出演するドキュメンタリーです。いや、ドキュメンタリーというよりも、コレ、壮大なストーリー!普段は気付くこともできない、目線の低いところで、こんなにたくさんのことが、一日に起こっている。小さい虫たちが、生活している。子供の頃は、この目でしっかと見届けていたような覚えのある、でも悲しいかなオトナになって忘れてしまった、美しい出来事たち。


特殊なカメラで、おそらく、すごい長い期間をかけて作られたのだと思う。人間からの視点ではなく、主に虫の視点から描かれているので、雨は、まるで洪水のよう、水滴の一粒は、コップに1杯のお水のよう。普段は気持ち悪い幼虫だって、うるさいハエだって、恐ろしいスズメ蜂だって、こうやってじっくりと対面すると、とても愛らしくて、可笑しくて、神秘的。 大嫌いな毛虫にすら、好感が持ててしまうという、映像の不思議。時々、バックに流れるクワイア風の音楽もステキです。


しかしこれ、なんで18禁にならないの、というくらいの、ものすごいセックス&バイオレンス描写満載。フランス映画だからってねぇ。しかも、これ現実世界で行われていることの隠し撮りよ?人はダメで、カタツムリの超濃厚なセックスや、巨大モンスター並みに映る鳥に、ガツンガツン食われるありさんたちなど、それはありなのか!ずうずうしいぞ人間たちよ!と世に問いたい、96年の作品でありました。

続きを読む

テーマ : フランス映画
ジャンル : 映画

DRAGON QUEST - The Journey of the Cursed King

ドラクエ8突然ですが、ゲームの大好きな私。といっても、全然詳しくないし、めったにプレイしませんが。割と保守的なのか色々手を出さないし、どうせイギリスのゲームは、つまんなそうなのばっかりだしで。だからドラクエ大好きといったほうが正しいか。世代なのでね。さて、この度、生誕20周年にして、ヨーロッパ進出をようやく果たしたドラゴンクエスト!その背景には、アメリカでの苦戦があったらしいけど、今回の作品が、アメリカでも好調だったのに気をよくして、ヨーロッパでも発売に踏み切ったとのこと。ちなみに、アメリカでは、5と6は版権の関係だか、エニックスが北米のマーケットから退いたか何かで発売されてないけど、それ以外は、最初は違う名前だったけど、一応発売されているらしいです。


そしてその記念すべきドラクエ、数日前、やること山盛りだというのに、我慢できずにさっそく買ってまいりマシタ。(ちなみに、日本版のDQは、規格が違うのでUKのPS2ではプレイできません) 初めての発売だから、人気はないのかなぁ、なんて思っていたら、バージンでは、チャートの2位になってて驚いた。今まで発売のなかったヨーロッパでは、当然のように日本みたく『DQ vs FF』なんて図式はないにせよ(いや日本でも、エニックスとスクエアが統合した今となってはねぇ…)、こちらでもオタクなRPGファンの人たちの間では、ドラクエの名前は一応知れ渡っていた感はある。ドラゴンボールZ人気あるし。DQは鳥山明がキャラクターデザインだから。それにほら、なんせ、日本のものは、なんでも『クール!』だからさぁ…でもみんな勘違いしてんだけど…ヘンな日本のアニメのTシャツ着てウロウロしたりとか。。。日本人の彼女募集中(キモ)とか。。。うちの日本食店のお客さんによくいるけど。。。(以下略)


ま、私が買ったのは、バージンではなく、寂れた地元のゲームショップなんだけど。客は一日に1人か2人あればいいほう、カウンターの向こうで店番は丸一日ゲームしてるっていう。しかし、どうやって金もうかってんだアレ!ウラで改造とかして稼いでる以外考え付かない。


おっと、相変わらず前置きが長くなっちゃった。 (以下、少しネタバレを含むので、UK版プレイ予定の人がいたら注意)


 

続きを読む

テーマ : ドラゴンクエスト
ジャンル : ゲーム

クスクスサラダとハインツの不思議

お友達がクスクスサラダの話をしていて、そういえば、昔よく、簡単クスクスサラダを作って山ほど食べたよなぁ、と懐かしく思い出しました。マンチェスターに住んでいた頃、交流のあった友達が、作ってくれたサラダが美味しくて、その簡単レシピを教えてもらって以来、はまってしばらく毎日のように食べてたんだけど、作らなくなって長いことたってた。それが久しぶりに食べたくなったので、さっそくテスコに材料を買いに。

とりあえず必要なのは、サラダクリームとケチャップ。両者とも、私の食卓にはほとんどあがらないので、家にないから。さっそく、それらの売っている棚に直行してみると…。

もちろんのこと、ビン入り、プラスティックの容器入り、と様々な大きさとカタチで中身は同じものがたくさん並んでいる。普通、日本だとこれが、容量が増えれば増えるほど、同じ分量で考えると値段がお得になるシステムになっているはず。うちはどうせ、大きいのを買っても残るだけなので、一番小さくて、値段がお得なのを買おうと見てみると…。

一番小さいケチャップは、プラスティック入り。しかし、なんと、値段的にはそれよりも少々内容量の多い、ビン入りのが一番安い。サラダクリームも、一番小さいのは、プラスティックよりもビンのほうが、100グラム単位で考えると、ずっとお得。

サラダクリーム&ケチャップ

例えばケチャップ。250グラム入りの、プラスティック容器に入ったものは、80p(100グラム当たり32p)。ところが、342グラムの内容量で、入れ物がビンだと、たったの63p(100グラム当たり18.4p)。あれれ。サラダクリームの場合、460グラム入りがプラスティックだと一番小さいやつだったんだけど、これは159p(100グラム当たり34.6p)して、ビン入りだと、285グラム入りで、たったの85p(100グラム当たり29.9p)でした。

こうやって言葉で書くとわかりずらいんだけど…。赤字のところだけを比べていただければ少しはわかりやすくなるかと。とにかく、ビン入りのほうが、プラスティック容器入りのより、目に見えて安いということになります。これは一体何故?日本とかドイツのように、リサイクルが進んでいて、ドイツにいたっては、プラスティックの容器ですらきちんとリサイクルされていて、店で売っているボトル類は何度も使われて白く濁っている、くらいの国なら簡単に謎はとけます。しかし、ここはスコットランド。ゴミの出し方に法律はありません。自分で進んでリサイクルしようと思えば、スーパーの外などに、ビンやカンを収集するボックスが置いてあって、そこへ持っていくことはできても、逆に言えば、進んでリサイクルをしない限りできないわけで、ずぼらな国民がそんなことをするわけがありません。というわけで、ビンもカンも、紙もプラスティックも、果ては電池に至るまで、なんでも一緒くたにポイ。でかい黒いゴミ袋に入れて、裏庭にある、ゴミ袋をしまう小屋に、いつでも好きなときに入れておくだけ。ゴミの日、なんていうのももちろんない。適当に知らないうちにゴミ収集車がやってきて、ゴミ袋を収集して終わり。国的に、リサイクルの機能が発達していない―ゆってみれば、この状況下では、リサイクルしてしまうと逆にお金がかかるということが容易に想像できる。ということは、もしビンがリサイクルされるとすると、逆に値段が高くなる、と考えたほうが筋は通るわけで。ますます頭がこんがらがる。

初めてこの国に来たとき、これにはとても驚いた。イギリスって、リサイクルが進歩している国だと思っていたから。日本みたく人口密度が高くないので、使われていない土地がたくさんあるから、あまり問題にならないのかしら。一応問題になっていることはなっている、とは聞いたことがあるけれど、それにしては、何の法律もない。バプでの禁煙試行、とかする前に、実はこっちを早く片付けたほうがいいのでは。とすら思ってしまう。

話がそれましたが、ではなぜ、ピカピカのビンに入ったケチャップやサラダクリームの方が安いのか?謎です。また、どうでもいいけど知りたい虫が騒ぐんだけど、こういうのはどこへ聞いたらわかるの?思わず、テスコの店員に聞いてみようかと思ったけど、まさかあいつらが知っているわけもないので、そのまま店を後にした。ひとつだけ、考えられるのは、

ビン入りって、すんげー使いづらい!!

誰がこんなアホなこと考えたんだってくらい!ナイフで中身をしごきだすか、ブンブン振らないと中身が出てこないんだから!おそらく合理的、機能的、って言葉はこの国の辞書にはあるまい。。。

そうそう、そのクスクスサラダ、続きにレシピを載せたので、よかったどうぞ。

続きを読む

テーマ : かんたん料理
ジャンル : グルメ

フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
227位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
5位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。