CHOCO★BLOGG ウルグアイ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外にもある日本のみかんとお米:ウルグアイのサツマと弥勒米、ハヤテ米

今回プンタデルエステに3月26日〜4月30日の間いたなかで、何しろお世話になったのが、みかん!こちらでは、3月から5月の間が旬だそうです。

Satsumaという名前で売っていて、ジューシーで甘く、(ほとんど)種もなく内皮も薄く食べやすい。日本で食べるみかんよりさわやかな甘みで、個人的には好み。みかんはアルゼンチンにもあるんですが、当たり外れが多すぎて全然おいしくないことも多くてあまり買わないんだけど、ウルグアイで買うみかんは毎度毎度おいしくて!同じ種類なはずなんだが何故…

IMG_5313.jpg

皮が緑色〜オレンジ色のが山積みになって売っていて、スーパーでも自分で好きなのを選んで買えます。緑でも熟しているんだけど、やはりオレンジ色の方が甘くて美味しい。昔おばあちゃんに教えてもらった、甘い「でべそなみかん」を見つけたらもれなく買います。でも皮がフカフカになってなく、外の皮が薄く身がしまっていてかつ、触って硬くないもの。この1ヶ月ウルグアイでサツマを食べ続けて、すっかり、美味しいみかん博士になってしまいました。出始めはキロ当たり25ウルグアイペソくらいだったのが4月下旬には19ペソ。日本円にしてだいたい1キロ80〜120円くらい。また一年経つ頃にはすっかり忘れているので覚え書き。

最近好き嫌いが激しくて、食べたくないものは口を貝のように閉ざして抵抗するネナたんですが、みかんは大好き!午後のおやつの定番になり、毎日のように食べていました。中の薄皮をむいてあげるのですが、むいてもむいても追いつかない!2つ3つぺろっと食べてしまいます。

また、ウルグアイでは、お米がたくさんとれます。ただしその多くは輸出用であり、小国ながら、世界第7位の米輸出大国なんだとか!日本米も「弥勒米」と「ハヤテ米(カピカ)」というのが、普通のスーパーでも1キロ入りの袋で購入できます。

ウルグアイの弥勒米

弥勒米の方は、玄米もあり、玄米をよく食べる我が家はいつもお世話になっています。ハヤテ米の「カピカ」というのは乾式研米機のことで、ぴかぴかのお米になるからカピカという名前だそう。すなわち、ハヤテ米は無洗米。普通の無洗米とはまた違って、文字通りぬかを乾式で少なくしているため、美味しく長持ちするということです。ぬかがついていると虫がつきやすいですもんね。玄米なんて常温に置いておくとあっという間にコクゾウムシの餌になるので、我が家はいつも冷蔵保存です。ちなみに、ブエノスでもコシヒカリが買えますが、弥勒米とハヤテ米は見たことがありません。アルゼンチンでもお米を生産しているので、国内生産→消費のための保護なのかもしれません。ブラジルにはあり、むしろ弥勒米などはブラジルの日系社会がターゲットだそうです。

しばらくぶりにお鍋で白米を炊き、上手に炊けなくて困っていたところ、ネットで見つけたおいしい炊き方。この通りやると本当においしく炊けます。保存版。

鍋炊きご飯の炊き方

そんなわけで、もしも日本食が恋しくなっても、お米とお醤油(とみかん)さえあれば、南米の小国でもなんとかなるわけです!


最後まで読んでくれてどうもありがとう。色々ポチっとしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽にしていただけるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ 人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ : 果物
ジャンル : グルメ

tag : みかん satsuma ウルグアイ

プンタデルエステのおすすめレストラン:Parador La Huella

プンタデルエステの市街から車を走らせて30分ほどのところに、Jose Ignacioという小さな集落があります。高層リゾートマンションが乱立する、少々(かなり)無機質なプンタデルエステですが、市街から少し離れると、美しい自然があちこちにあり、すがすがしい南米の空気に出会うことができます。ペニンシュラから、La Barraの海沿いにレストランやお店が立ち並ぶエリアを走り、ホセイグナシオへ向かう道は、静かな海沿いにラグーンがあったりとドライブするだけでも気持ちがいいところ。

人口300人足らずのホセイグナシオに、突然大勢の人で賑わっている場所があるのですが、それがLa Huella - あしあと、と言う名前のレストラン。シーズンオフの現在は週末金曜日〜日曜日と祝日だけのオープンみたいですが、シーズン中には予約必須。1日1000人のお客さんを回す大きなレストランなのに、1週間先まで予約が取れないこともあるという超人気店。ラテンアメリカのベスト50レストランにも選ばれています。

IMG_20150329_154928.jpg

ここよりも美味しいレストランなら、ブエノスアイレスにもいくつもあります。でもまた絶対行きたくなる、成功するレストランの要とは「味」だけではないという、明白ながら忘れがちなことを思い出させるお店です。ロケーション、オーディエンス、内装、様々な要素が重なり合って生まれる躍動するような雰囲気。窓の外はすぐ白い砂浜。作りこまれたリゾートではない、美しくゆったりした自然のビーチ。いろんなことが奇跡的で、エネルギーでいっぱい溢れています。このお店を訪れたら、そのまぶしい空気を感じに、奥の方まで行って店内をぐるっと歩いてみてほしい。奥にはお店につながって、なぜかラコステの店舗があるので、そこをぶらっと覗きついでにでも。

IMG_20150329_143925.jpg

有名人がお忍びで来たりもするそうですが、基本みんな休日のラフなスタイルで肩肘張らず、美味しいものを食べて幸せな時間を過ごしています。そんなレイドバックなところもいい。なんてったって、元を突き詰めれば海の家ですから。真夏はご飯を食べたら、すぐ外のビーチへゴー!食後の腹ごなしに、海沿いを近くの灯台までちょっとお散歩に行くのもいい。夜もやっていますが、夜のお店どんな感じなんだろう。全く想像つきません。

料理はいたってシンプル。あえてシンプルに徹しているそうです。でもちょっとしたひねりがそれぞれあって、どれも美味しい!ちょっと時々焦げちゃったりとか、前と違うじゃん、ってこともないことはないのですが、まぁ南米のビーチですのでご愛嬌ってことで。

IMG_20150329_140917.jpg IMG_20150329_144341.jpg
IMG_5448_201504281001406e7.jpg IMG_5456.jpg
IMG_20150329_150728.jpg IMG_20150329_144349.jpg

なぜかバーカウンターの奥に達筆な日本語の掛け軸がかかっている。ウェイターに意味を知っているか聞いたところ、日本語のわかるお客さんに「ようこそ」だと教えてもらったということだが、どこのどなた様がそんな究極の意訳を教えたのか?

IMG_5426.jpg

お店で出しているメニューのレシピを惜しみなく詰めこんだステキな装丁の本もあります。お店に置いてあるので、食後にのんびりめくってみたりするのも楽しいです。

IMG_5446_20150428100825055.jpg

ちなみにこのレストラン、オーナーが3人いるのですが、彼らお店の中をいつもうろうろしているのです。お客さんと仲良さげに話しているんですね。うちの義母もその一人と知り合いなのですが、なぜ知り合いなのかは知りません。思うに、なんらかのきっかけでお客さんと親しくなり「成功店のオーナーと知り合い(でサービスもしてもらえる)」という気分を計算抜き(しているかもだけど)で与え、お店のファンを作るのが彼らの役割。お客さんの気持ちを単純に考えると、そうされたら特別な気分になるし嬉しいですよね。話しかたも立ち居振る舞いも、気さくで本当の友達みたい。そんなところも、プンタデルエステに集まる人々の心をくすぐる人気のひとつなのかも。

IMG_5471.jpg

Parador La Huella

*シーズンオフは閉まっている時期もあるので問い合わせてから行くのをお勧めします。


最後まで読んでくれてどうもありがとう。色々ポチっとしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽にしていただけるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ 人気ブログランキング

テーマ : 海外グルメ
ジャンル : 海外情報

tag : ウルグアイ おすすめレストラン ビーチ

ある日の夕方:マテ茶とアルファホール

「ウルグアイ人はマテを持って生まれてくる」と冗談があるほどマテ茶が大好きなウルグアイ人。アルゼンチンでももちろんマテ茶は文化ですが、さすがにウルグアイ人ほどではありません。買い物をしている最中でさえ、マテと魔法瓶を持ちながら歩いている人がいるくらいです。あまりに手放さないので、運転中はマテ禁止!という法律さえあるそうな。ほんまかいな。対してアルゼンチンでは、ドライブ中に目覚ましのためにもマテを飲む人が多いので、ガソリンスタンドには、ほんの小銭を入れればマテ用のお湯を出せる機械がついています。

IMG_20150418_164506.jpg

ウルグアイって人口はたったの340万人の小さな国なのに、一年に3000万キロのマテの消費があるとか…スーパーに行ってもこの有様!一列全部マテ茶葉とマテ関連グッズが並んでる。こんだけマテ茶好きの国民の割に、売ってる茶葉のほとんどはブラジル産またはアルゼンチン産でした。

これは普段あまり頻繁にマテを飲まない私たちも、飲まなきゃ!というわけで、アルゼンチンでは見かけないものの中で一番心に響いたやつを買ってきました。

IMG_5341.jpg

よく見てみると、Yerba Compuesta、要するにマテ茶葉100%ではなく、他の数種の薬草とブレンドされたものみたいです。酸性にならず、肝臓や神経に響かないと書いてあります。「おばあちゃんが入れてくれるマテ」みたいなイメージで買ったつもりだったのですが、もしかして「おばあちゃんが飲むマテ」を買っちゃった!?内容物を見てみると、Yerba Mateの他に、Sarandi Blanco, Congorosa, Carqueja, MburucuyáとLlanténが入っている。なんのこっちゃ。ググってみると、例えば最後のシャンテンというのは、オオバコのことみたい。おばあちゃんというよりも、オババになった気分です。

ちなみにウルグアイのボンビーシャ(マテを飲むストロー)、アルゼンチンのと違って、お茶を吸い込む根元部分が広くとってあり詰まりにくく飲みやすいので好きです。偶然私が見るのがそうなのか、そうしたのが特徴なのかわかりませんが。ウルグアイに来ると、買ってアルゼンチンへ持って帰ります。

IMG_5338.jpg

マテ茶を飲むからには、お菓子も食べないと!というわけで、マテと仲良し、お約束のアルファホール。「ウルグアイで一番のアルファホール」という売り文句と、おばあちゃんマテとよく似合うトラディショナルなパッケージングに惹かれジャケ買い。

IMG_5348.jpg

夕暮れのベランダは、今一番近い素敵なカフェです。海に太陽が沈んでいくところを見ながらマテ茶でのんびり。太陽が沈むと空が真っ赤に染まって、いつまで見ていても飽きません。景色を見ながら、プンタデルエステ名物、Lapataiaのドゥルセデレチェもパンにつけて食べます。

IMG_4959.jpg

IMG_5355.jpg

さてアルファホール。

IMG_5351.jpg

アルファホールって日本でいうと、まんじゅう的立ち位置だと私は思っています。いろんな種類があるんだけど、一番ベーシックなのがこの白いお砂糖でコーティングされたのと、チョコレートでコーティングされたの。紅白まんじゅうみたいでしょ!保安官の地元、サンタフェには、まさに白あんのまんじゅうみたいな味がして美味しすぎるアルファホールがありますが、名前を忘れたので今度サンタフェにいったら見つけてきます。

IMG_5354.jpg

中身はもれなくドゥルセデレチェ。

IMG_5359.jpg

そうこうしているうちに、太陽はすっかり沈み真っ赤な空。

IMG_5356.jpg

IMG_5363.jpg

ネナたんも夕焼けの空を指差してテンションあがってます。

IMG_5367.jpg

彼女のおやつは、あま〜いアルファホールではなくて例のお米のパフおせんべい

アブエリータのマテは、アルゼンチンの普通のマテに慣れている私にはあんまり美味しくなかった。すっごい粉っぽくてなんども逆さにして粉を取り除かなければいけなかったし。一番気に入っているのは、ネナたんのようで、戸棚を開けるたびに、おばあちゃんの写真を指差して嬉しそう。おばあちゃんも子供が好きだけど、子供もおばあちゃんが好きなんだ。こぼれないように、セロテープでとめてパッケージを渡したら、抱きしめておばあちゃんにチューしてました。


最後まで読んでくれてどうもありがとう。色々ポチっとしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽にしていただけるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ 人気ブログランキング

テーマ : 海外生活
ジャンル : 海外情報

tag : ウルグアイ アルファホール マテ茶

ウルグアイ名物:チビート

ウルグアイ名物といえばこれ、チビート。

338087_10150613940222228_1125286894_o.jpg

薄切りステーキ肉のサンドイッチです。やわらかい赤身の肉が使われていて、美味。

170166_10150126676192228_1875403_o_20150420130118648.jpg

半分こ。

軽食屋にピザ屋さん、カフェにちょっと高級なレストランまで、だいたいどこのメニューにもあります。Chivito Común(普通のチビート)だとお肉とレタスとトマトに卵くらいのシンプルな感じ。Chivito Completo(チビート完全版)になると、チーズやハムなどが入ってくる。Chivito Canadiense(カナディアンチビート)というのもあって、これにはさらにベーコン追加。薄切りやわらかお肉の他に必ず入ってるのが、マヨネーズ、オリーブ、ゆで卵(目玉焼きのこともある)、レタスとトマト。ここに赤パプリカ、ハム、チーズ、ベーコン、玉ねぎなどが入ったり入らなかったり。そして大体が山盛りのポテトフライと一緒に出てきます。

IMG_20150411_153007.jpg

ある日のChivito Completo。

IMG_20150419_195539.jpg

今日のChivito Común。

IMG_20150419_195519.jpg

今日のChivito Canadiense。

IMG_20150419_194935.jpg

真っ白に霜がついた、冷え冷えのジョッキとともに出てきたビールと一緒に。

だいたいこういった食べ物には、発祥にまつわる逸話があるものですが、チビートはプンタデルエステ生まれ。1940〜60年代にプンタのペニンシュラで一番有名なレストランの一つだったというEl Mejillón(今も同名のレストランが存在するが、別物)に、夜遅くやってきた女性のお客さん。プンタに来る前にアルゼンチンのコルドバを通ってきて(コルドバの人だったという説も)そこで気に入ったらしい「チビート(ヤギの肉)はないか?」と注文。しかしその日は停電で大変だった上に、夜も遅い。そもそも、ウルグアイではヤギの肉は食べないので、お店にない。お店の人は代わりにあるもので、バターを塗ったトーストにジューシーなステーキ肉、ハムを挟んで出したところ、女性はいたく気に入り、以来シェフがメニューに追加して人気となったそうな。ヤギ肉とは全然関係ないのに、チビートと言うのはそんな理由だそうです。

アルゼンチンにもほとんど同じ、ロミートというサンドイッチがあります。同じく、牛肉のlomo(背中の部分)が使われています。ロミートは、丸いパンよりも細長いパンに挟んであるイメージ。ゆで卵よりも、目玉焼き。オリーブは入っていない。似てはいるけども、なぜかチビートの方がただのサンドイッチとは言わせない、ザ・名物という存在感があるような気がします。

ちなみにチビート。だいたいどこでも、al panとal platoで注文することができ、前者はパンに挟まって、後者はパンに挟まずサンドイッチの中身だけが、ポテトフライの上に豪快に乗って出てくる。al plato para 2など2人以上でシェアできる大皿をよく見かけ、エンサラダデルサ(ポテトサラダ)や人参のサラダ、パルミット(ヤシの若木の芯の缶詰)、ピクルスなどが豪快に盛りつけてあって、掘っても掘ってもなんか違うのが出てきて永遠になくならない化け物が出てきます。手元の写真を探したところ、残念ながら見つからなかったので、気になる人はchivito al platoなどと画像検索してみると、楽しいかもしれません。


最後まで読んでくれてどうもありがとう。色々ポチっとしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽にしていただけるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ 人気ブログランキング

テーマ : 海外グルメ
ジャンル : 海外情報

ウルグアイで懐かしいお菓子に出会った

国や場所が変わるたびに、定番をいくつか見つけて落ち着きたいもののひとつが食事。子供が出来てから、生活にある程度のリズムや習慣が必要になってきました。

毎日エネルギー炸裂中のおちびさん。すぐお腹が空くので、何かはいよ、と渡せるちょっとしたお菓子があるとご飯とご飯の間の間が持ちます。日本では、アンパンマンのビスケットとか、一歳からのかっぱえびせん、とか痒いところまで手の届く赤ちゃん用お菓子がたくさんあって、お出かけ時、小腹すき時、ご機嫌斜め時などあらゆる場面でお世話になりました。

が、そんなものはここにはありません。ならば何か代わりをと。お菓子だけでなく、美味しく食べれるものを増やして欲しいので、いろんな食材をいろんな料理法で、ゆるーく試している毎日ですが、1歳4ヶ月児は、好きなもの、食べないものがはっきりしてきてなかなか一筋縄では行きません。

ある日のこと、いつものようにスーパーをうろうろしていると、やたら充実しているクラッカー関係の棚が目につきました。ふと見るとそこには、お米のおせんべい的なものがたくさん。人気のようで、ぼんやり見てる側から2人ほどウルグアイ人がカゴに入れていきました。今まで気づきませんでしたが、ウルグアイにあるってことはアルゼンチンにもきっとあるよね。

20150406_164053-001.jpg

白米が大好きなネナたん。とりあえずクラシックなやつを手にとり、材料を見ると、玄米と塩。これなら、悪いものは入っていないし、いいおやつになるかも?

IMG_5000.jpg

結構大きめ、手のひらサイズ。味はみたまんま、うす塩味のポン菓子です。

IMG_5003-001.jpg

期待通り、カリポリ良い音を立てて気に入ってくれたネナたん。しゃがみこんで何をしているのかと見てみれば、

IMG_5008-001.jpg

熊本県を訪ねて以来、だーいすきになった、くぅくぅことくまモンに、「ああーーー

IMG_5018.jpg

ーんむ!」と言いながら、食べさせてあげているところでした。

このお米膨らましつぶしせんべいには、塩味の他に、味なし、チーズ味、甘いの、など、数社からいくつかのフレーバーが出ていました。ひとまず、クラシック、とあった塩味を買ってきたわけですが、ポン菓子。ってことは。甘いやつは、にんじん(駄菓子)みたいな味がするわけでしょ!?

翌日→そりゃ買ってきますよ。甘いやつ。

やっぱり、ポン菓子だー!ほんのり甘い…でもサクサク、でなくてカリポリ感が残念な薄甘、私の好きじゃない人工甘味料の味…よくパッケージを見ると、スクラロースとアセルファムKが入ってた。残念度さらに倍。。。

それはさておき、日本から久しぶりに帰ってくると、このちょうど良い塩梅な雑パッケージングに安堵を覚えます。日本だと間違いなく、でっかいシリカゲルの袋が入っている、もしくは個包装になっているでしょう。ここでは、約15個の手のひら大のおせんべいが、袋にまとめて入っており、開封後止められるようにビニタイがひとつついているのみ。

「カリカリ度を保つ為、しっかりと口を閉じてください。万が一、湿気てしまった場合は、オーブン中火に3分ほど入れていただくと元に戻ります」

とパッケージに注意書きがありました。それでいーーのだ!


最後まで読んでくれてどうもありがとう。色々ポチっとしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽にしていただけるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング

テーマ : 海外食生活
ジャンル : 海外情報

フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
101位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
2位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。