CHOCO★BLOGG 0歳児・育児関連

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

所変われば:子供の生活スケジュール

最近、絵本を見せたり読んであげると、一応何かしらの反応が見られるようになったネナたんに、こんな本を買いました。

Numbers, Colors, Shapes

IMG_0317.jpg

見ての通り、数字、色、形、最初に覚える簡単な言葉や動作が書いてある小さなカラー写真の本なのですが。

早速開いてみて見ると、一番最後のページが、起きてから寝るまでのスケジュールでした。

IMG_0325.jpg

朝起きて、朝ご飯食べて。本人や兄弟姉妹が幼稚園や学校に行ったりもするでしょうし、パパやママもお仕事に行くかもしれませんし、まぁこのくらいですよね。

IMG_0326.jpg

朝ご飯を食べてから、着替えるか、着替えてから朝ご飯を食べるかは人にもよるでしょう。お昼12時にランチというのも日本人の私からすれば、普通です。お昼の時間は国によってだいぶ違いますけど。アルゼンチンなんて遅めで、14時に昼食をとるのも普通だし、スペインなんかもお昼が一番ボリュームのある食事で伝統的には2〜3時間かけたりするみたいですし。そのまま流れでシエスタ、みたいな。

IMG_0324.jpg

で14時頃遊ぶんですね。ふむふむ。…ってここら辺からカルチャーショック来ました!えっ17時に夕飯食べちゃうの…イギリス人みたいだなお前らも。早飯すぎっ!

IMG_0323.jpg

18時にお風呂に入っても別にいいけどさ、えええっ。19時に寝ちゃうの!!!マジで!!!日本でも、子供は20時に寝ましょう〜〜なんて言うし、そういう理想論みたいのはまだ受け止められるけど19時にはびっくりした。2014年の世の中こんなタイムスケジュールで子供だけ生活できるんでしょうか…19時に子供が寝たら大人の時間、とかいいそうだな、アメリカ人。

アルゼンチンの子供たちが通常何時に寝るのかはよくわからないんですが、19時ってことはまずないと思う。こういうのって国によってだいぶ違うんだろうなぁ。あーびっくりした。

他のページも、突っ込みどころがたくさんあるのですが、自分が小さい頃、そういう気になるところを指摘するとオカンに、

「そういうのは”屁理屈”というのよ」

と言われていたのを思い出しました。

ネナたんは8ヶ月になり、ブエノスを経つまではずり這い移動だったのに、ここへきて10日くらい前からハイハイができるようになってしまいました!きゃあぁ。嬉しい悲鳴と大変な悲鳴と両方。

IMG_0014.jpg

いつのまにかお座り→ハイハイ姿勢→お座りの繰り返しの体勢移動もチャキチャキできるようになっちゃって。毎日筋トレに励み、日に日にハイハイ速度も増しています。動けるってことはすごい成長で、本人もとても嬉しいみたい。今借りている家は、玄関を入るとずっと長い廊下になっていて、動き回るスペースがたくさん。床にはカーペットがしいてあるので、今の成長時期にちょうどいい場所です。

IMG_0016.jpg

いたずらもたくさんできるようになってきました。本をドバーっと出したり。大家さんのものだから、それなりにしといてほしいですが。せっかくおもちゃを買って与えてあげても、おもちゃが入っていたパッケージの紙や箱をかじったり、しゃぶったりとか、ティージング用のかみかみするのをあげても、お風呂に入るときに滑り止めにするマットをかじる方が好きだったりと、親の心子知らずというんでしょうかこういうの。

好奇心旺盛で動き回り、気に入らないことがあったり、疲れるとぐずぐず文句も言うようになって、親の方は忍耐力の試練を受けている状態。そろそろつかまり立ちも始めたので、目が離せません!ほんっと子供の成長って早いなぁ。


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

離乳食開始

ブエノスアイレスは街中ワールドカップムードで楽しい限りです。お店はどこも、水色と白でデコレーションされており、代表チームへの思いを感じて、ほっこりとします。今日ランチに出かけた店も、よく見れば白と水色のデコレーションだらけ!カフェのメニューボードには、Vamos Argentina! とこれまた白&水色で書いてあり、下にはミラネサなどのアルゼンチンメニューが!テレビのあるお店はもれなくW杯の試合を流しており、誰もが画面に注目している。そんな風景が至る所で見られます。便乗して道端で応援グッズを売るものもあり。キオスコや新聞雑誌のスタンド、文房具店などでは、アルゼンチン色の飾りつけグッズや、帽子や旗などが売られていたり、気が早い所ではワールドカップのトロフィーのレプリカが売られていたりも。メッシのノートまで!うーん、欲しい!

W杯らしく、まさか、まさかの出来事の連続で今日は、再びまさかの前回優勝スペインのグループリーグ敗退。うちのアルゼンチン人やスペイン語のクラスメイトのブラジル人などは

「(優勝候補の敵が)これでひとつ消えた。」

と喜んでいるようす。私はピッチを去るときのイニエスタの頭が急に真っ白に見えたのが気になりました。

まぁそんなこんなでワールドカップをとことん楽しんでいる今日この頃でありますが、我が家では開幕と同時にもう一つ始まったのが、ネナたんの離乳食。いくつかの本やインターネットをざっと読んだところ、離乳食はあまり早くはじめない方がよい、との結論に達しまして、6か月を過ぎるまで完全母乳でやってきました。そして、普通の離乳食のほかに、今流行りの(?)イギリス発祥のBaby-Led Weaningというやり方があることを知り、通常のSpoon-Led Weaningとのいいとこどりでとりあえずなんとなくはじめてみることに。

IMG_8744.jpg

どどーん!赤ちゃんの椅子届いたよー!!ってネナたんに言ったら、まるで理解したように、開ける前に箱に近よって行き、あーあー!!って言いながら箱をたたいていて、すごく嬉しそうでした。おもろい。ハイハイまではまだほど遠いですが、最近ではずりばいってやつ?ができるようになってしまい結構遠くまでいけてしまいます。油断禁物。床掃除に余念がありません。私も一生懸命掃除していますが、お腹によくほこりとかついていて…

baby-mop.jpg

世の中には実際、こうやって商品化してしまった人もあるらしく、みな考えることはおなじですな。うちもひとつ作らないとかしら。

本題に戻りまして、BLWのやり方は、普通の離乳食のように、ピューレにしたものを赤ちゃんの口に運んであげるのではなく、やわらかくゆでた野菜などを赤ちゃんのつかめるサイズにし、目の前に置くだけ。人間の根本に帰ると、昔の人々が野菜やお米をゆでてすりつぶして裏ごしして…なんてやっていたとは考えにくく、6か月くらいの赤ちゃんであれば目の前にだされたものを手に取り口に入れるのは自然に起こることで、そうして自主的に動くことにより食べるという行為を身につけて行く…というまぁ多少ヒッピーなやり方なんですが。私はそういうの結構好きなので。日本語ではまだまだ情報が少ないですが、英語で調べると流行りの元になった本や情報がたくさん出てきます。イギリスではこっちの方が主流になりつつあるとかないとか。

↓友達が教えてくれた離乳食についてのページ。自分が疑問に思っていたことなどすべてが明らかになり、まるでバイブルのような1ページです。英語ですが、どなたかもし役に立つ状況の方いたらぜひ!

Weaning babies onto solids - Mumsnet

ひとまず初日はオーソドックスに10倍粥なるものをスプーンで与えてみましたが、すんごい美味しくない顔されて爆笑。翌日は、Baby-Led方式にのっとって、バナナをつかみやすい長さにして目の前においてみた。

やっぱり手に取ってぐにゅぐにゅして口に入れるんですねー。面白い。バナナは赤ちゃんに人気で、早く与えてしまうとこのおいしさに慣れてしまい他のものを食べなくなる、なんて書いてある文献もよくみるのですが、うちの娘には不評でした。

IMG_8773.jpg

ぐにゅぐにゅ楽しそうですがあまりおいしくなさそう。

IMG_8774.jpg

ほとんどは口に入らず、まえかけ(ってかこれなんてーの?)の中に落ちているのは気のせいではない。

いやー知らなかったんだけど、バナナのしみってとれないの。服についたのが真っ黒になってびっくり。なんでも全般的に果物のしみってとれにくいらしく、ついたときは無色透明でもあなどれないらしいです。さっそくスーパーでシミ取りを買ってきてお世話になりました。この先もだいぶ使いそう…

ほんの数日おかゆ、バナナと試して、おいしくない顔をされ、次。人参いってみました。BLWですとスティック状にしたものをやわらかくゆでてそのまま与えるらしいのですが、バナナで相当ぐちゃぐちゃに汚れたのに少々参った私は普通にピューレにしスプーンであげてみたら、これが相当お気に入り!もっとくれもっとくれとあっという間に完食。人参を数日続け、今日からはウリ型のカボチャ(zapallo anco)を同じようにゆでてつぶしてあげています。これも、やっぱり美味しいって!

お医者さんによっても多少違うようですが、ネナたんの主治医の小児科の先生も、「離乳食は6か月過ぎてからゆっくりでいいよ」という派でした。6か月の検診のとき、ざっくりとした説明とともにもらった手書きのメモには、

1日 1野菜
- かぼちゃか人参のピューレに、コーン油、オリーブオイルまたはヒマワリ油を1さじ混ぜたもの
- Nestum de Arroz
- ポレンタ(コーンミールのおかゆ)
- すりおろしりんご
- バナナピューレ
- ホールヨーグルト(バニラ)
- ミネラルウォーター(メーカー指定あり)

をだいたい10-20さじくらいあげてみて、20日たったら

- じゃがいも
- さつまいも
- サパシート
のピュレをあげてねとのことでした。

えっ、離乳食に油!?ってびっくりしたのですが、ニンジンやカボチャに混ぜろとのことなのでよく考えると、カロチン摂取のためかもしれずと思い、少し混ぜたり混ぜなかったりしてあげてます。ところ変わればシリーズは面白いので、離乳食も日本の本、アルゼンチンの雑誌を買ってみて見比べたりしてますが、一番違うのはやはり肉食の国、赤みの肉をあげるタイミングですね。日本だと10か月~離乳食後期と書いてあることが多いですが、アルゼンチンだと結構早くからあげてしまうそうで。肉がどうしてベイビーに必要か、というコラムまで載っていました。逆に日本だと白身魚を早くからあげるのに対し、アルゼンチンの本には、魚はアレルギーがでることもあり、生後1年くらいまで上げない方がよいとありました。ちなみにこの国の魚はほとんど全部白身魚。

Nestum de Arrozとはなんのこっちゃとググってみると、お湯にとかして使うベビーフードのお米のパウダー。英語圏の友達がベビーライス、って言ってたのこれか…。すごいまずそうだし、普通におかゆ作るし。

まぁ私のやる子育てなので離乳食もざっくり適当に。とりあえずは、時間もだいたい昼頃。時々忘れて時間頃おっぱいをあげてしまい、今日はなしってことで、ってなったり。食べてくれなくても、不味そうな顔をされてもそれはそれで笑えるしおっぱいがあるし。離乳食はいいとしても、わざとやってんのかってくらい夜中何度も起きられると放り投げたくなるときもありますが、小さいのはほんの今だけだし、楽しくやっていきたいと思います。


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

アルゼンチンでも日本の伝統

今月はイベントが2つ。

IMG_6652.jpg

まずはひな祭り。初節句と言っても、今年はお雛様がまだないのと、当日は疲れていたので、お寿司をデリバリーして、写真を撮っただけに終わってしまいましたが…折り紙でお雛様を折って、友達がお土産にくれた雛あられのおかげで、それらしくなりました。ネナたんには、私が赤ちゃんのとき着ていた、まだぶかぶかのおベベをきせて写真をとりました。ちょうど両親が来たとき頼んで持ってきてもらっていたのです。

そして誕生から100日を迎えたので、お食い初めをしました。お食い初めは、日本人でも以外と知らない人が多いのにびっくり。うちは、年中行事をちゃんとしてくれる家庭だったので、それで私もやろうとなんとなく決めていました。私に食べさせるマネをする父や祖母の写真を良く覚えていて。こういう日本の伝統行事をやるかやらないかは、やっぱり育った家庭によるところが大きいのだろうな。

100日とは限らず、地域によって多少違ったり、誰が食べさせるマネをするか、何を用意するか、どんな順番で食べるマネをするか、など色々あるみたいですが、平安時代から続く伝統だそうです。ここまで健康に育ってくれたことを喜び、感謝し、子供が一生食べ物に困らないことを願うお祝いなのでちょっと頑張りました。

IMG_6951_2014032213425402d.jpg

珍しく、45センチくらいある巨大な鯛(Besugo)に、中華街で出会う。どうせならでっかいやつを!でもオーブンで焼いたら、見事に怖い仕上がりになってしまいましたが、まぁ形だけはOK。味はおいしかったよ。

IMG_6949.jpg

煮物椀は、人参、干しシイタケとごぼうをだしで煮たものと、別にゆでたオクラ。干しシイタケ、ごぼうもオクラも中華街で。きゅうりとわかめの酢の物。わかめはこの間両親に日本から持ってきてもらった日本産。きゅうりは中華街で買った日本のきゅうり。それから、お赤飯。ささげはないので、小豆でね。細かく言うと、小豆だと崩れてしまうのでいけないとかあるみたいですが、この土地でできる精一杯をね。それから、ヒラメのお澄まし。この前日に、ヒラメのこぶ締めを作ったときに使った昆布でだしをとったので、白っぽくなってしまいましたが。まぁよしとして。青みにカイワレ大根。梅干しは、うちの母の漬けたものを日本から密輸。漆の食器セットとかはもちろんないですが、いただいたり、買ったり日本から持って来たりなんだかんだ揃ってきた和風な食器でそれらしく頑張りました!

保安官にかまってもらっても、途中で赤ちゃんが泣いたりぐずったりと全部で半日くらいかかってしまい、私何のためにやってるんだっけ…って投げ出したくなることもあったけど完成。ネナたんの健康と幸せを思いながら心を込めて作りました。考えてみれば、わが子に初めて作る食事。…本人は食べないけど。私がプロセスして乳となる。料理の間、一日不機嫌そうだったネナたんも、お雛祭りの時にも着たオベベを着せると、なんだか興奮して上機嫌に!お食い初めの間はずっと笑顔で楽しそうでした。わかるのかな。

保安官と私で食べさせるマネをして、あとは2人でおいしくいただきました。意外や意外、お赤飯をおいしいと言ってたのが驚き。んー確かに、おまめが入ってるギソ(こっちの煮込みみたいの)とかっぽい味がしなくもないかもなので、なじみやすいのかも?普段は、煮えた人参は甘いから好きではない保安官も、お花の形に切ってあってかわいいからと、煮物も食べてました。子供か。

IMG_6900.jpg

もちろんセサミもんも参加。

ブエノスでも、中華街カサハポネサ(日本の商店)、さらには健康食品店など、日本食材を買えるところがちゃんとあるので、手に入るもので全然できるものです。土曜日買い物→日曜日準備と実行、って2日かかったけど、楽しかったし、充実感。ネナたんもご機嫌で楽しそうだったし、やっぱりやってよかった!将来、もしも、またお食い初めをする日が来たら、このページを自分で検索している自分の姿が見えます。その時はネナたんも一緒に食べられるのね。

お料理はあますことなく3日くらいかけて残らず平らげました。お祝いの料理なので、残したりしたらバチが当たりそうでしょ。特に鯛がでっかかったので、あれやこれやと手を尽くし。最後は身をほぐして、こちらも材料に買って残ったカイワレ大根と一緒にペペロンチーノな味付けで、パスタにしてみた!美味かった。

しかし、なぜ赤ちゃんが食べられないのに100日目になんかやるの?と思ったけど、このくらいから歯が生えてくる赤ちゃんもいるらしいのと、昔は離乳食をこのくらいの時期から与えたりしてたみたいですね。昔と言っても結構最近の話。今は離乳食は早くても5か月くらいから与えるのが普通ですよね。

アルゼンチン人でもあるけど、日本人でもあるネナたんのために、海外にいるからこそ、言葉だけでなく文化もちゃんと教えてあげたいなーと思います。日本を伝えるのは、日本人の親の私の役割だもんね。


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

震災を思ったり、子供の成長を見たり

昨日は3.11の震災から3年でしたね。ネット上で、色々な情報とかビデオを見たりなんかして、私も私なりにあの時のことを思い出し、被災地の方々や、今も復興には程遠いかの地を思いながら一日を過ごしました。3年前のあの日、夜中起きていてちょうどオンラインで見れるテレビを見たら、津波のライブ映像が流れていたのでした…その時は、まさか本物の映像とすら思わず…。あわてて実家に電話をかけ、つながらず心配したことを思い出します。仕事で東京にスタックしていた妹には、実際起きている状況がつかみづらく、なぜか一番日本から遠くにいる私がネットで得る情報の方が早く、携帯でネットを使って連絡をとりあったりもしました。

震災のことを思い出し、ビデオなどを見ると、悲しく辛くなり、複雑な気分になりました。うまく言えないけど、なんというか何の不自由もなく幸せに暮らしている自分が申し訳なくて。人間は自然には勝てないとか、人間だって動物なのだから不公平な世の中、いつかは死ぬんだとか、宇宙規模で考えたら人間なんてありんこ以下のサイズだとか、いろんな方法を使って説明を付けようとしましたが、なかなか自分の思いには折り合いがつかず。3月11日が終わりを告げると、なんとなく淀んで、解決方法のなかった思いもやっとどこかへ去って行ったので、1日そうやってあの日を思い出して、忘れないことがやるべきことだったのかなぁと思ったり。

それもあるけれど、色々考えをめぐらせた末、震災を思い出しても悲しくなることが解決策なのではなく、そこから何かを得て自分ができることをすることしか結局ないとの結論みたいなものが出たからかな。ネット上で多くの人が言っていたのが、生きているというだけで感謝、当たり前で平凡でも、日常に感謝するってこと。「生かされているこの命を、誰かの為に使っていくことが、やるべきことなのだと思います。」っていうコメントをどこかで見て、なんとなくすっきりしました。

最近、なんかなーなんか物足りないなぁと思っていたので、いろんなことがすっとしました。子育てで、自分のためにとれる時間が、子供が寝てからしかないので、結果的に自分だけ夜型の生活になって、生活時間がシフトしているせいもあって、時間がないなー!何かしたい!と思ったり、今現在仕事してないことが、私の頑張り度が足りないからかなーと思ったり、なんか色々ぐるぐると考えていることがあって。色んな人と知り合ったり、旧友と話したりすることから考えることもつらつらと。

ブログにも色々書きたいことがあるけれど、まともに時間もなく、あれやこれややりたいことはあっても、上手に時間も使えず、もっとちゃんとしなくちゃ!よし、ちょっとずつ、6割でもいいから頑張るぞー!という毎日でした。家事もはかどらなかったりして、あーだめだなーとか思うこともあったのですが、子育てしてるからしょうがないなとゆるくいこうぜと!

結局、なんだ。その。今の私に一生懸命できることは、ネナたんを育てることなんだなと。それは少なくとも、毎日楽しくちゃんとやってるから、ほかのことが中途半端でもそれさえちゃんと出来てればいいんだと。今日、

IMG_6727.jpg

日頃の、腹這い体操による筋トレ成果と

IMG_6543.jpg

日々の試行錯誤の末、

3か月と6日にして、寝返りを達成したネナたんを見て、妙に納得しました。

IMG_6767.jpg

初めての瞬間を目撃~!!

今までも途中まではできたのですが、最後に腕がひっかかってなかなかそこがクリアできず。今日、あともう少し!というところだったので、じっと見守っていたら初の成功。それはそれは嬉しそうでした。まだまだ、1度の寝返りに3~5分くらいかかりますが、一度成功したら、あとはもう何度も繰り返す。もうテーブルの上に軽い気持ちで寝ころばせたりできません。

…というわけで、床にマットをしいてみました。

IMG_6773.jpg

すぐにまた寝返りをうって、よだれだらけにしてくれました。

IMG_6777.jpg

今度は反対側に挑戦。

IMG_6784.jpg

疲れるとバッテリーが切れて突っ伏すので、救出。

昨日はできなかったことが、今日は出来るようになっているなんてざらです。赤ちゃんの成長ってほんと目が離せない。なんか色々考えた末、今日のこの出来事があって、やっぱりシンプルに毎日の驚きとか喜びを感じながら暮らして行けばいいのだというところに戻ってきました。そこから自分にできることを少しずつやっていけば。別にすごくなくても、一番じゃなくてもいいのだから。小さな人間のお世話をできて、成長を見届けられるチャンスを与えられたことにまず感謝。何不自由なく幸せに暮らしていけることが当たり前ではないことに気づき、まるで自分ももう一度新しい人生を始めるかのように、赤ちゃんと一緒に成長していけることに感謝。前向きで協力的で家族思いの保安官、そして周りの人々に感謝。

育児の中から、色々学ぶことが、私自身にもあるんだなぁと。毎日の練習と失敗の繰り返しの果てにある成功に人間の原点を見ました。まさに七転び八起き。


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング

テーマ : ある日のできごと
ジャンル : 育児

2か月検診と予防接種、最近の様子

赤ちゃんていつから「注射は痛い。これから注射される。嫌だ。泣いてやろう。」って分かるようになるのかな?今日で2か月と12日。少し遅めになったけど、2か月検診に行ってきました。そこで処方箋がもらえるのでその足で予防接種に。6種混合(DPT(ジフテリア・百日せき・破傷風混合ワクチン)とポリオ(急性灰白髄炎)、インフルエンザ菌b型(ヒブ)、B型肝炎ワクチンの混合ワクチン)と、肺炎球菌のワクチンを、1本ずつ右と左の太ももに。ロタウイルスのワクチンはなんと、経口摂取でした。結構、日本とワクチンの種類ややりかたが違うみたいで、あとでゆっくり調べてみたい。日本では、3種、4種混合まではあっても6種まで混ざってるのはないらしく、太ももに打ったり、口から飲んだりもないみたい。しかも私、生まれてから初めての予防接種までの間に免疫がつくということで、妊娠後期に赤ちゃんのために母体に3種混合DPTを打ってありました。これも日本だとないらしい。

ワクチンの説明が一通りあってから、赤ちゃんをベッドに横にし、足を抑えて太もも片方ずつに打つのですが…病気を防ぐためとはいえ、「バイキンが体の中に!!」「しかも痛い!!」ときたらもう、かわいそうで。針を刺す瞬間は見てられない~と思ったけど実はバッチリじっくり見てましたが、刺した瞬間とワクチンが入ってる瞬間に、思い出したように、「ふえ~~~ん!!」と泣いた以外は、全然平気だったネナたんでした。わが子ながら、さすが。抱っこしたら速攻泣き止んだ。ロタウイルスを飲まされているときは、注射器で少しずつ口の中に入れていくんだけど、なんかおいしいみたいで味わって(?)おり、終わったときには笑顔でした。。。うちの子面白い。。。

ワクチンの前に主治医の先生のところへ行ってやってもらった2か月検診では、体中をくまなく調べてもらい、異常がないことを確認してもらいましたが、その間も始終、先生の目を見つめながら、アウー、アックン、ウーなどと愛想よくおしゃべりしており、ほほえましく、先生も見ている私たちも大笑い。いつまでもこうやって検診の度にフレンドリーな感じでいってもらいたいものです。生まれて10日目ごろに出された処方箋で検査してきた耳の検査、先天性股関節脱臼のエコー検査の結果も同時に持って行ってみてもらいます。細かい検査は別の医師に検査してもらい、結果を主治医に持っていくのは、産科と同じパターン。

すくすく成長して、2か月と12日で体重は5950グラム、背丈は59.5センチになりました。特にここ2~3日で急にしっかり、どっしりしてきて抱っこしやすくなった。よく遊ぶし、よく寝るし、よく飲む。本当に申し分ないです。2か月に入ってから、やり始めたのが、エビぞりしたまま泣く!よく観察してみれば、首もまだちゃんと座ってないのに、寝返りをしたそうな無茶ぶりを発揮している様子!そして出来ないから泣いている。順序は無視して、とりあえずやりたいことを突き詰めたがるその姿勢は、さすがわが子!

ベビーベッドも出来上がり、寝かせてみた。

IMG_6303.jpg

…のだが、

しばらくして様子を見に行くと

IMG_6304.jpg

エビぞりのまま、寝返り失敗。ずりずりと体がずれていくだけで、こうなって

IMG_6308.jpg

こうなってた。

さらに半回転し、360度回っちゃってた。あまりにウケすぎて、写真をとることを忘れてしまった。

こんな寝相の良さを発揮してもらっては、怖くてベビーベッドで寝かせられないので、昼間は、ドーナツ型の授乳用にも使えるクッションをベビーベッドにおいて、そのくぼみに寝かせるようにしたら、すやすやと、まとまった時間、よくお昼寝してくれるようになりました。夜は、危ないので、とりあえずまだ乳母車で寝てます。

エビぞり→寝返りしてみたい→きっと、うつ伏せになりたいのだ!仰向けばかりもつまらなかろう!と母は解釈し、最近は、腹這い体操をさせてあげています。

IMG_6296.jpg

どうも正解だったようで、嬉しそうに頭を持ち上げたり足をバタバタして運動してます。自分で首を動かせるのは楽しいみたいで、疲れるまでよだれを垂らしながら頑張ってる。ぃよいしょ~!と、横でいつも応援してます。最近、だい~ぶ、ネナたんが今何を要求しているのか、ということが泣き方や表情やおしゃべりで分かってきて、(私との)2人の間の距離が縮んできてやりやすくなってきたように思います。単純に育児に慣れてきたんでしょう。

腹這い体操や、寝返り失敗以外の、今のネナたんの趣味は、上からぶら下がるオモチャを見つめて、手足をバタバタ、たくさん声を出しながら大興奮すること。

IMG_6218.jpg

セサミもんも見守る。

それから、手をじっと見つめること。これ、見てるこっちがめっちゃ面白いです!これ何だろう~って顔してほんと一生懸命見てるから。しかも、「ワオー!」とか言ってめちゃ盛り上がってるしね。「ハンドリガード」っていう仕草らしい。

IMG_6374.jpg

なにやら発見→ちょうど顔の前に来たから、なめてみたりとか→このなにやらは私のものらしい→どうも自分で動かせるようだ→このなにやらを使って何かできるようだ、という感じでこれからレベルアップしていくのでしょうか。赤ちゃんがこんなオモロイ生き物だとは知りませんでした。


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
332位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
6位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。