CHOCO★BLOGG アルゼンチンの飲み物

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルゼンチンの飲み物シリーズその4 フェルネット

今日は、やっと出番来た!感のある、

フェルネット・ブランカ

フェルネ(ット)さんです、こんばんは!

日本語表記だと、フェルネット、と書くみたいですが、聞こえ方は、フェルネッという感じです。つわけで、ここではフェルネと書きます。この方がまた、曲者で。

超まずい。

そのまま飲むと、イソジンうがい薬の味以外の何者もしません。アルコール度数も39パーセントですから、もしかして本当にイソジンの代わりになったりして?

まぁ、そのまま飲む人はまずいないでしょうが…いるとしたら、70歳以上のお年寄りという話。なんでも、フェルネは、もともとイタリアのリキュールで、もちろん、ほかの多くのものと同じように、アルゼンチンにもイタリアから渡ってきて根付いたわけですが、もともと、消化を助けるための食後酒として飲まれていたようなんです。ストレートでね。

要するに、薬用養命酒的なものだったのか?

それが、時を経て、1980年代になって、ソフトドリンクと混ぜてカクテルにすると、特にコーラと混ぜて飲むのが美味しい!ということで、また脚光を浴び始めたのだとか。要するに、それまでは、ちょっと廃れた感じの、古臭いイメージのあるお酒だったみたい。

アルゼンチン人がパーティを開けば、誰かしら必ずフェルネを持ってくる人がいる。そして、パーティを開くたびに誰か持ってくるので、あーもう酒がない!って家を見渡しても、いつでも、コイツだけはやっぱりいたぁ~って感じの一家に(少なくとも?)1本あるボトルではないでしょうか。

フェルネと一口に言っても、いろんなブランドのがあるんだけど、うちはいつもFernet Brancaです。これが一番おいしい…つうかこれしか飲んだことないんですが。

レシピは企業秘密らしいんだけど、様々なハーブをアルコールに浸して抽出したリキュールだそうで。没薬、ルバーブ、カモミール、カルダモン、アロエ、サフランなどのハーブ&スパイスを、ワインとブランデーの混合液に浸してろ過したものを、1年間ほど、樽で寝かせてできあがるそうです。色の黒っぽいのは、カラメルで着色してあるから。

ほかに入っているっていう噂のある薬草とか(薬も!)で、私がびっくりしたのは、コデイン!えっっ。っっってか!!コカの葉っぱ。おおおなるへそ。エキニシア(風邪薬のハーブで前よくお世話になってた)。セント・ジョーンズ・ワートまで…アブサン?それ酒じゃん。

入ってるって噂の薬(草)物とか面白いので興味ある方はウィキペディアまで!英語のページにしか書いてなかったです、何故か。

アルゼンチンでは、安いブランドのフェルネには、コストを下げるために、ハーブ&スパイス類の混合が押さえてあって、人工的なものが多く含まれていたり、熟成の期間が短いか、全くなかったりという「エセ」フェルネもあるみたいです。フェルネ・ブランカはさすがにそれはないと思います。

050_20111124144339.jpg

用意するものは、フェルネのボトルと、コカコーラ。これ、初めて飲んだときは、カルチャーショックでした。今でも忘れません。まずくて…コーラと混ぜちゃってもったいないと思ったくらい。でも周りのアルゼンチン人はこれ、ガンガン飲んでるし…何アンタたち?と思っていたんだけど、これが不思議なもので。

何度か飲むうちに、この苦い不思議な味にはまってきて、今では、あえてフェルネコークを選ぶほど、大好きになってしまいました。外のバーとかでも頼んじゃったり。家でも、毎晩ワインを飲むのは高いしで、フェルネコークを飲むことが多いです。ちょっと一杯、とか、キッチンドランカーとかでさ。750mlのボトル1本で50ペソしないので、ワイン1本飲むよりだいぶ燃費いいです☆

これ不思議なんだけど、自分で作るより、保安官に作ってもらったほうが10倍くらい美味しいの。彼曰く、絶妙なバランスがあるそうで。ホントは、フェルネ1に対してコーク4くらいの割合で作るらしいんだけど(企業のサイトにあった)、保安官のはもうちょっとフェルネ少な目かな?

上の写真のやつは、ちょっと入れすぎくらい。写真撮っているうちに、氷でフェルネがとけちゃっただけなんだけど。この写真より気持ち少なめに入れる。

フェルネコーク

そんで、なみなみっと、コーラを注ぐと、上面に、ギネスビールもびっくりのふわふわの泡ができます。上の写真は、これまた写真とっているうちにもたもたしていたので、そのおいしそうな泡が消えちゃってますが。あー。

英語、スペイン語アルゼンチン語、日本語の3ヶ国語が飛び交う我が家では(というと聞こえがいいですが、もはや、どれもまともにしゃべれないので、3つ混じっちゃっているだけ、「ジャスパングリッシュ」です。反面、私が勝手に話す日本語をどんどん覚えていく保安官はすごいかも?)、フェルネコークと呼んでいますが。アルゼンチンの人は、Fernet con Cocaとスペイン語でちゃんと言います。要はうちはスペイン語(イタリア語?)と英語まじっちゃってます。さっき保安官に

「あれ?え、でもなんでフェルネコークってうちら言うんだっけ?」

って確認したら、

「それは単なるとんちゃん語」

といわれてしまいました。。。なははは。

豆知識としては、コルドバの人たちは、めっちゃたくさんフェルネを飲むことで有名だそうです!それはウィキペディアにもありましたが、ブエノスアイレス州全体で1400万人の人が住んでいて、アルゼンチン全体のフェルネ消費量35パーセントに対し、コルドバ州は、300万人で30パーセントとか。ひょー。どんだけ飲むんでしょ。

私たちも、ブエノスアイレス州での消費にかなり貢献してると思いますわ。えへへへ…


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ : ドリンク
ジャンル : グルメ

アルゼンチンの飲み物シリーズその3 赤ワイン、マルベック

その2、ビールのキルメスから1年以上たってますが…

忘れてませんぜ!!てかこのコーナー、飲み物?とかタイトルにあるけど、アルコール飲料についてしか書いてないので、アルコールって名前に変えたほうがいいんじゃ…

てなわけで今日は、アルゼンチンの(赤)ワインといえば!の

042_20111118023355.jpg

マルベックたんで~す!

なんか海外ではチリワインに押されてる感がありますが、おそらくそれはあんまり商売根性なさそなアルゼンチン人の性格によるものじゃないかと私は勝手に思います。じゃあチリにはビジネスセンスがあるのかといえば全然知りませんが(笑)。

まぁでも、少なくとも、アルゼンチン人には、人生を楽しむテクが自然と身についてると思う。例えば、美味しいものはまず、自分で飲んじゃえ的な。なはは。なんでも、アルゼンチンのワイン生産量は、世界5位ほどの量だけど、ほとんど国内で消費しちゃうみたいだからあまり外で知られてないって話を聞いたことある。それでもさすがに近年は、日本でもアルゼンチンワイン名がしれてるよね?安くてうまい。スコットランドにいたときも、私良く飲んでいました。アルゼンチンか、チリのワインばっかり飲んでた。

044_20111118023355.jpg

私、マルベックって、アルゼンチン独特のワインのぶどう種、って勝手に思い込んでいたんだけど、違うのね!もともとは、フランス全域で栽培されていたとか。しかも19世紀の半ばまでは、ボルドーワインを代表するうちの一つのワインだったそう。

今でも、 Auxerrois とか、Côt Noirという違う名前で、マルベック種は、フランスのごく一部で地味に作られているそうですが、その数はかなり廃れてしまったそうです。

そのマルベックが、アルゼンチンに渡ってきて、こんなに盛大に盛り上がって、国を代表するようなワインにまでなったのは、アルゼンチン高地の、太陽がさんさんと降り注ぎ、雨が少なく乾燥した気候があっていたから!ということみたい。その上、雨が降らなくても、雪解け水がある。また、マルベックのどっしりとした味が、焼いた肉にばっちり合うのです。むしろ、アルゼンチンのぶどうを育てる環境が、マルベックをどっしりした味に仕上げるのでしょう。アルゼンチンの肉食獣たちの五臓六腑に、うまいことしみこんで言ったわけですね。

しかも、マルベックって、他の種類に比べ、ポリフェノール含有量が多いのが特徴なんだそうです。健康にいいってことね。じゃー飲みすぎくらいでちょうどいいかな

134-1.jpg

そんなわけで、うちでも、アルゼンチン的ながっつり肉の日は、ほとんど必ずワインを開けます。よく飲むマルベックは、nieto senetinerのEMILIA。美味しい上、ジャケボトルもかわいいのでお気に入り。

048_20111118023354.jpg

あとは、Del Fin Del MundoのVentusってやつとか、San Hubertoのとか。写真に写ってないけど、chandonのlatitud 33も良く飲みます。値段の割りに美味しいワインの代表格かも。

わたしは結構、ジャケ買いとかしちゃって美味しかったらまた買ったりもするけど、だいたいボデガ(ワイナリー)の名前でアルゼンチン人は判断するよう。わたしもこの頃多少覚えてきた。また、細かく言えば、美味しい銘柄って年によっても違うでしょうし。

これらのワインはだいたい30~35アルゼンチンペソ(=540~640円くらい)のランク。ほんの1年くらい前まで、20ペソ払えばだいたい美味しいワイン、ってイメージがあったんだけど、それがこの頃30ペソに。勝手に「わたしも舌が肥えてきたんだわ♪」って大いなる勘違いをしてたんだけど、友達と話したりした結果、どうもインフレの影響みたい。この頃、20ペソ払っても「あれ?こんなはずじゃなかったのに…」ってのが多くて、30ペソ代のを買うことが多くなったかな…

まぁ、日本円に換算すると、何それやっすい!!って感じだけどね。円持ってる人は、来るなら今!でも、酒税の影響などで、日本国内で買っても値段ほとんどかわらないよね、最近は。

でも、マルベックと一口に言っても、ピンからキリまで!いいやつは何百ペソとかするし。でも、まずスーパーでは50ペソ以上のワイン買いませんが。時々、贅沢したいときにワインショップで買うか、誰かにおごってもらうくらいかしら☆ それに、特別な日、っていうとどうしてもワインてより、シャンペンに流れてしまうこともあり…

それに、酒飲み一家の我が家、おいしいからとはいえ、毎晩ワイン1本あけてると、燃費悪いですから、毎日は飲んでません。もっとランニングコストのいいアルコール飲んでます。それはまた次回に。

今日はお肉にぴったり!のマルベックでした~~。乾杯


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

アルゼンチンの飲み物シリーズ その2 キルメスのビール

おっ、続いた!第2弾は、

ビーーーーーーーーーーーーーール!!!!



(サッカーのスポンサーなんでゴーーーーーーーーーーール!!!をイメージしてみましたw)



で、ドドーン

IMG_5823.jpg

「こんにちは、Quilmes(キルメス)です。」

(背景が生活感あふれていて申し訳ない)

「ブルーとホワイトのストライプ、見た目もばっちりアルゼンチンでしょ、わたしたち。すっきり、ピルスナー系のさわやかで軽い飲み心地で、のど越しもグーよ!スペイン語ではビールのことを、la cervezaと言うので、わたしたち女の子なの、どうぞよろしく!」

ちなみにアルゼンチンでは、ビールといえばだいたい、この大瓶633ミリリットルを軽く超えた1リットルの巨大ビンに入って売っています。国民的アイドルのキルメスは、中でも一番安い分野に入り、うちの近所のスーパーでは3.9ペソくらい(=100円以下…)。んで、このビン、飲み終わったらちゃーんとリサイクルできます。店に持っていくと1瓶あたり1ペソほど戻ってくる。

まさに水より安い!むしろ水みたいに飲んじゃう!

(これがひとたびレストランに行って飲むと、5倍くらいの値段になっちゃうのだけどね)

うちでは、Quilmesと、Stella Artois半々でいつも常備してるよ。ビール大好き!今日もごくごくいっちゃうよ~。日本にも輸出されてるって噂。ちなみにスコットランドにいたときも、近所の酒屋で売ってるの時々みかけた。

なんとアルゼンチン国内で飲まれているビール、このキルメスだけで、75%の売り上げをしめているのだとか。まさにアルゼンチンを代表するビール。やっぱり設立した人は ドイツ人 の移民だったそうですが、そんでもって、会社はどんどん売りに出されちゃってついにはブラジルの会社に91%もの権利を持ってかれちゃったのだそうですが(小声)

アルゼンチンといえばキルメス、というステイタスは1888年の創業以来今も変わらず、国内のたくさんのブリューワリーで醸造されています。キルメスは、アルゼンチンサッカーのナショナルチーム、アルゼンチン代表のオフィシャルスポンサーともなっており、2010年ワールドカップが終ったばかりの今は、王冠がこんなサッカースタイル。

IMG_5825.jpg

ナショナルチームのスポンサーをしているばかりでなく、キルメスの名を冠した…というか、ブエノスアイレス州の一部である、キルメス市にある(ややこしいなオイ)、Quilmes Atlético Clubのスポンサーもしているんだってさー。

そして、キルメスといえば、コマーシャルに定評があります!たとえばこれ(2003年頃)。アルゼンチンのロックやポップスの有名曲の部分部分をつぎはぎして、歌詞がシーンに沿うように歌われ、ミュージカル仕立てになってるCM。



普通のビールだけじゃなくて、スタウトとか、赤いのもあるよ~。

quilmes.jpg

あっ、そうそう。この間友だちに教えてもらったの!!ビールを飲み残したとき、

IMG_5826.jpg

こうやって、スプーンでふたをしておくと、一晩くらいなーんてことない、気が抜けないでフレッシュなビールが楽しめるよ!実際試してみたら、まるで魔法のよう!翌日も栓を抜いたばっかりのような泡がたつビールが飲めました。びっくり。飲みかけのシャンパンとかにも有効な技だそうです。

開けたが最後、一滴残らずすぐに飲みきっちゃうわたしたちにはあまり御用がなかったりして。。。


最後まで読んでくれてありがとう。ランキングに参加中です。
クリックしてもらえると嬉しいな!コメントも、気軽に残してくださると喜びます☆

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング

テーマ : ビール
ジャンル : グルメ

アルゼンチンの飲み物シリーズ その1 赤ワインのソーダ割り

昨夜はW杯を通じて交流を深めた日本人の仲間たちと、家で飲み会しました。保安が大学関係の出張(!)で不在だったので留守番は寂しかったのですが、みんなが来てくれたおかげで久しぶりの居酒屋スタイルとなり、と~~~っても楽しくて寒さもふっとび、元気になりました!朝7時まで飲んだよ

そうそう、なんとなく思いつきでシリーズものをはじめることにしました。
いつまで続くのかわかりませんが(笑)

(あっという間に終るかも?)

シリーズ第一弾は、飲み物~。
って、南米にいてブログやってる人ならいつかはどこかで書くマテ茶、つうかテレレについては以前書いたんだけど、私は飲ん兵衛なので、このシリーズではアルゼンチンの アルコール ドリンクについてが多くなりそうです。アルゼンチン由来の、とかじゃなくて、単に「ブエノスアイレス周辺でよく飲まれている飲み物」だったりすることが多いので、その辺りはツッコミいれないで軽くボケておいてね~。

(続けばの話ね。)

飲み物シリーズ 第一回目はこれ~。昨日もガンガン飲んだ庶民の味!

用意するものは、スーパーで買える できるだけ安い赤ワイン。つうわけで、陳列棚の一番下にある、紙パックに入っているワインで… お値段占めて、6ペソ程度。日本円にして150円に満たない!どっひゃ!

IMG_5764.jpg

それを氷を入れたグラスの半分くらいまで注ぎ。。。

IMG_5774.jpg

必殺のソーダ割り!!

(注:毛深いですが私の手ではありません)

つか何このペットボトル?って感じでしょ?これ、レバーをスパーと押すと、ブシューとソーダが出てくるんです!優れもの!家庭では、このボトルをリサイクルして、牛乳配達か?のノリでソーダ配達しているところも多くあるよ!古いしきたりのようで、いまどき、やっているのは、おばあちゃんくらいという噂だだけどね!うちの隣のアパートも、よく朝ドアの外に開いたソーダのボトルが出てる。なんと昔は、ガスの入ったボトルみたいなもので、ガスを注入し、自分で炭酸水を作ることもあったとか。

私が一番好きなのは、1:1の割合ですがその辺はお好みで~。とってもさっぱりして飲みやすく、いつまででも飲み続けられます。

(オイオイ)

ただしこれ、

安いワイン限定で

よろしく!マルベックを代表とするアルゼンチンの赤ワインは(白ワインも)美味しいので、ソーダで割らずにそのまま味わいたい。もったいないオバケが出ちゃう!

さぁ今夜も乾杯

最後まで読んでくれてありがとう。ランキングに参加中です。
クリックしてもらえると嬉しいな!コメントも、気軽に残してくださると喜びます☆

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング

テーマ :
ジャンル : グルメ

フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
209位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
4位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。