CHOCO★BLOGG ブエノスの観光スポット(お出かけ記録)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バラ園でお散歩

お腹のベベさんは、私に似たようで、できるだけぐうたらと、心地よい環境で過ごそうと決めたようです。…というわけでまだ出てくる気配もなく。アルゼンチンでは、「初産は早まる」と言われるので、家族親戚などフライングして「まだかまだか」と電話かけてきたり、直接押しかけてきたりと一時期うるさかったですが、そういうのも一旦落ち着いて静かになってから世の中デビューしたいのかも。私だったら、迷いなくそうするしな。外野がうるさいばかりで、私本人が一番落ち着いてるっていうのがなんかウケるんだけどね。保安ママなんか「私も4日遅れで出産したから、全然普通なのよ、気にしなくていいのよ!」とかおせっかい焼いてくるし。てか気にしてない上に、そもそも予定日もまだ過ぎてませんから!何なのその全員一斉に「もう遅れてる」感醸し出してるのは一体!笑

というわけで、もはや暑いくらいのお天気に恵まれた日曜日、両親を連れて、保安官と4人でパレルモ公園内にあるバラ園、Rosedalまでお散歩してきました。ここは、年中バラが咲いて楽しめるようにガーデニングしてあるって話なんだけど、そういえば毎年、この季節くらいにしか行かないので、冬に行ったらどうなってるかとか未だに知らないわ。冬に、周りのトラックを走ることはあっても、何故か、バラ園の中までは入らなかったりするのよね。春→初夏のブエノスは本当にイベントで満載!この日も、公園内だけでも色々やってた。ウクライナのお祭りとかね。

そういえば、パレルモ公園のあたりは、ハカランダの見時も他の場所よりちょっと遅めにずれるのでした。セントロあたりでは、もう葉桜ならぬ葉カランダになってるところも多いですが(それもまたキレイ!)そんなわけでまだまだ満開のハカランダも多く、ちょっと得した気分。

076_2013120310024665c.jpg

バラが一面に咲き誇って、それはそれはキレイでした。でも、欲を言えばもう少し、柔らかな日差しの方がバラにはなんか似合うかな。日曜日は本当に暑かった。

072_20131203100245107.jpg

ブエノスアイレス市がやっている、Ciudad Verdeという政策の一環で、ここの公園もだいぶ改善されてきれいになっていました。マクリ市長は、先進諸国、欧米の真似ばかりして、と揶揄する人も多いですが、私はそういうのはすごくいいと思うんだ。街がきれいになるとやっぱり純粋に気持ちがいいし。こうして目に見えるところを改善してくれると、税金ばっかりとって無駄なことに使って!という気持ちも単純に減るでしょ。

082_20131203100248cc3.jpg

公園には、ガチョウとか、水鳥がたくさんいるんだけど、ちょっぴし汚い池で、この子もすいすい気持ち良さそうに泳いでいたよ。お散歩中に、上の木の方から落し物も落ちてきたけど、ウンがついたかしら。

091_20131203100249046.jpg

とにかくまぁ、お花のきれいな季節。

101_20131203102246548.jpg

ちょうど、インラインスケートのブランドのSEBAのスラロームのイベントもやってました。保安くん愛用のスケートなので、しばし大会(?)を眺める。アメリカ人とか「未だにここの国民はローラーブレードやってんのか!?」ってバカにしますけど、ブエノスはインラインスケートキャピタルと言っていいほど、お滑りさんたちの人口が多いのです。ここの公園でも山ほどスケートしている人がいて、イベントにも黒山の人だかりができていました。

112_20131203102247677.jpg

しっかし、とにかく人手の多い日曜日であった。お花も堪能できたし、まぁ、いいお散歩になったかな。

今年は、ベランダガーデニングも、このデカ腹では思うようにできないので、庭いじりの得意なオカンに、ホームセンターで適当に見繕ってきたラベンダーなどのお花を植えてもらいました。

028_20131203102250aca.jpg

さっそく、悪食のオーディエンスが出てきましたけど。この手前のお花を食べようと狙うので、「ダメダメ」もかわいそうだと、ニャンコ好きの母上が猫草の種もついでに撒いてくれました。猫さんと一緒に毎日お花を眺めるのはいいものです。落ち着いたらベランダも、もうちょっときれいにして、見栄えよくしたいな。


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ : アルゼンチン
ジャンル : 海外情報

パレルモのオーガニックマーケット

もすこしオーガニックの食品とか、感覚とかに自分なりに馴染んでみようと思っている今日この頃。あんまりキチキチしないで、気にしないで、自分の好きな時に自分にできるだけ、テキトーにナチュラルな感じでやりたい。似たようなマインドのお友だちに教えてもらって、今日は一緒に、パレルモのBonpland 1660にある、Mercado de Economía Solidaria Bonplandってとこに行ってきたぞ!

全部が全部、オーガニックってわけじゃないみたいだけど、オーガニックの食品をはじめとし、洋服や本なども置いてあった。時には、単なる手作り作品を並べただけの店があったり、毛糸と手編み作品が置いてあるだけの店があったりと、あんまりばっしり決まりもなく、なんかゆる~くヒッピーな感じで、まったりとしててこういう雰囲気はやたらと落ち着く。お店の人もいい人多いし。来ているお客さんも、心地よいやわらかい素材の服を着てたりして、話すことありそうな、なんか友達になれそうな。要するに個人的には、かなり好みな場所でした。

ディエテティカ(Dietetica)っていうと、ここでは、「健康食品店」っていう感じで、街のあちこちにあるんだけど、それが集合したマーケットって感じがしました。野菜とか、ハーブ、ジャムやはちみつ、お茶に鶏肉、卵にシリアル…などなど、せっけんやシャンプーにいたるまで色んなものが買える。野菜はちょぴっとしおれた感じのが今日は多かったんだけど、土曜日がどうも入荷日のようで、土曜に行くと新鮮な野菜がたくさん買えるんだとか!ちなみに、開店日は、火曜日、金曜日、土曜日、いずれも朝10時から夜の22時まで。

230420131649.jpg

いくつもお店があります。お店で買い物すると、「袋いる?」って結構普通に聞かれて、あれっ。オーガニックマーケットなのに袋とかくれるんだーってのが意外とびっくり。自分で買い物袋持ってったけど。最近、ブエノスでもエコ風に、買い物袋持参がかなり浸透してきた。

230420131650.jpg

外には、なんか壁画(じゃないけど…)があったりしてゆるめな気分満載。

230420131653.jpg

入り口。いつから始まったのか知らないけど、意外と始まってから長いことたってそうな雰囲気。中は倉庫みたいな感じで、ハトが住んでいて、買い物が終った後、落し物が落ちてきました…運がついたな。この頃、道でワンコのできたてほやほやウンにょとか踏んだり、何かと運気ついてる。おそらく都会ブエノス暮らしに未だついていけず、いつもより注意力散漫なだけ。

004_20130424121723.jpg

今日の戦利品。オーガニックのレモンといんげん。レモンはオーガニックということで無農薬だろうし、最近マイブームの、はちみつレモンつくろうと思って。あとルッコラも買ったけど、水につけてて写真とるの忘れた。それと、オーガニックの大豆が売っていたので買いました!ちゃんと

「オーガニックってことは、遺伝子組み換えじゃないってことだよね?」

と聞いて確認済み。

「そうだよ、遺伝子組み換えじゃないよ。」

というので、

「アルゼンチンの大豆ってほとんど遺伝子組み換えなんでしょ?オーガニックで作るには、400メートル四方、他の畑と周りを隔てたりなど、大変な苦労だとビデオで見たけど。」

というと、

「そうそう、うんちゃらヘクタール(私はこのヘクタールというのが、島国人間の脳内ではスケールが違いすぎてどうも換算できない)周りに必要でどうちゃらこうちゃら」

と横にいたおばさんも出てきて色々話し出した。産地はサンタフェだそうです。おお!サンタフェ!!うちに帰ってきて、それを保安官に伝えると、

「うちのパートナーは、クールでセクシーなサンタフェシーノなのよーって教えた!?ねえ言った!?」

といつものアルゼンチン風ジョークが来ました。うん、クールでセクシーは別としても、うちのはサンタフェシーノだと一瞬言おうと思ったけど言わなかった。

それから、ブエノスのヒッピー情報満載っぽい、冊子をいくつかもらってきました。お店の情報とかのってる。肩肘張らずにゆるりと参加できそうなイベントとかもありそうで、楽しみに読んでみます。

帰り道、Bonpland沿いを歩きながらAv.Santa Fe方面に歩いていると、またしても健康食品のお店を発見したので、入店。手作りの洋服を置いてあるお店と場所をシェアしてた。そこで、オーガニックの玄米と、ゴボウを買いました。玄米は健康的だけど、胚芽を含む分、農薬を含みやすいと聞いたことがあるので、オーガニックだとなんだか安心。日本食って、健康食品店によく置いてある。米酢、昆布、ひじきやごぼうなどの野菜。ものによっては、ヘルシーな食品として浸透している。

013_20130424121717.jpg

今日はとりあえず、買ったオーガニックいんげんで、シンプルに、したゆでしたのを、にんにくとオリーブオイルで炒めて、最後に水をじゃっと入れて、ちょっとソース風にしてみた。こういうの大好き。向こうに見えるのは、冷蔵庫にあったゴーヤと豆腐とばら肉&卵でゴーヤチャンプル。ゴーヤをほったらかしにしておいたら、黄色くなってた。半分に割ってみたらなんと種が赤い!!こんなゴーヤ初めて見た…しかし熟しているだけだ、ということにして普通に食べました。黄色くてもうまかった。

ちなみに、妹から聞いたゴーヤチャンプルテクニック。ゴーヤは薄切りにして、塩水に5~10分くらい放っておいたあと炒めると、苦すぎずさっぱり食べられる。そして豆腐は、ちぎって、最初にごま油で焼き目をつけるようにじっと焼いてから、取り出しておき、豚肉をいためてあとで全部いため合わせる。これやるだけでだいぶ美味しいので以来ずっとこの方法です。豚肉には、醤油&酒、卵には軽く塩、で下味を漬けておくとさらに良し。

近いうち、オーガニックマーケットで買った大豆でお豆腐でも作ってみたいと思います。あと、Punto Verdeっていうオーガニックマーケットにも行ってみたい。一度、オーガニック野菜に目覚めると(ってほど全然目覚めてないけど)冷蔵庫に普通に鎮座してる、普通にスーパーで買った野菜たちがなんか、バイキンマンのように思えてくる…オーガニック食品店でみかける、不揃いで不恰好だけど、愛しくかわいい野菜ちゃんたちを見てしまうと余計そう思います。その愛らしさは、うちのオトンとオカンがやってる家庭菜園で取れる野菜に似てた。


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング

テーマ : 食品・食べ物・食生活
ジャンル : ライフ

農業な一日 その2

メルカドセントラルに行った後、重い荷物を置いて出かけたのは、家畜市。別に、狙ったわけじゃないんですが、日にちの関係で、なにやらすっかり農業な一日に。

La Exposición Rural 2012- La Exposición de Ganadería, Agricultura e Industria Internacional

(今年は今月31日まで。…って明日かい!)

ラ・ルラルっていう名前の農業家畜市が、ラ・ルラルという会場であったのですが…同じ名前でややこしいな?同行したお義母さんによれば、この会場自体が、この家畜市をやっている団体(農業牧畜業組合みたいなもの)の所有物なんだそうです。なるほどー!そういうことだったのかー!!

(この会場、東京で言うと、ビッグサイトとか、幕張メッセのような役割をするもの?色んな催し物がいつも開かれているところ。私は実は、はじめて中に入りました。いつもアレ行きたい、コレ行きたい、と思っているうちに催し物終るタイプなので…)

この家畜市も、毎年あるんだけど、行きたいー!よしゃー!と思ってるうちに、あれっ、もう終ってた…の繰り返しだった。もうそういうぐうたらのんびりすぎる性格、っつか人生はやめようよ自分、と思って、今年こそ行動に移した次第(笑)。

家畜市って、なんのこっちゃ、というわけですが。簡単に言うと、カンポ(巨大農業、牧畜業)をやっている人たちに向けた展示会。なので、そういうところに向けた車や、機械類、牛や、羊などの家畜、それらの産業から生み出された食品や、織物などが展示してあり、実際に購入できるようになっています。もちろん一般人(私とか)にも楽しめるようになっています。

カンポについて興味のある方は、前に全6回でブログに書いたことがあるのでどうぞ。

カンポの夏休み その1 ~働く生き物たち~

025_20120730120133.jpg

こんなデッカイ、農業に使う機械類の展示もあったよ!

その他、田舎道を突っ走れる4WD的な車中心に、トヨタ、フォルクスワーゲン、フォードなどなどの会社が車を展示してました。会場内の一角を使って、試乗できるようにもなっていた!こちらに写真がのっています。

031_20120730120132.jpg

やっぱり、食品販売コーナーがイチバンの賑わい。みんな食べるものには目がないねー(アンタがね)。わたしは、グリーンのオリーブの大~きな瓶詰めを買ったよ。

外には、サラミや、生ハム、チーズなどのお店も出ていました。こちらもまたすごい人だかり。チョリソや手作りワイン、チーズなどがパックになったお買い得セットを保安ママがゲットして後ほど美味しくいただきました。

034_20120730120131.jpg

ガウチョ(アルゼンチン風カウボーイ的なもの)グッズのお店がたくさん。とにかく、アルゼンチンらしさが凝縮されているな~と感じる展示会で、誰か、家族とか、友達がアルゼンチンを訪ねて来てくれた時にやっていたら、こういうところにつれてきてあげられたらいいなぁと思いました。

056_20120730120130.jpg

外では、ガウチョのお馬さんさばきショーみたいのがやってた。人だかりでよく見えなかったけど、カッコいいなあ。

そして会場内には、ドナドナ売られていく家畜さんたちと、非売品の、賞をとったオラっちとこの自慢用の家畜さんなどの展示が。牛がとにかくたくさん。あとは、馬、羊、鶏、珍しいところでは、チンチラが!!「えっ!!っていうことは食べるの!?」とは一緒に行った友達。あっ、そうか、そういうことか!!

猫のチンチラじゃなくて、あのねずみのでっかいのみたいなカワイイ小動物ね。あんなにかわいいもの食べるってどういうことなのー!!家畜市だし、そうなんだよねー!!涙

って保安に聞いたら(グーグルイメージ検索で、チンチラの写真見せながら「この動物なんていう!?」って)、

「チンチシャ!!」

だって。あそっか、llaだからラじゃなくてシャになるのねここだと。。。

「食べるのー!?」

って聞いたら、

「チンチラとチンチシャは違う!!チンチシャは皮が高く売れるんだ!!」

って。で、Chinchillaで検索したらやっぱりチンチラの写真でてきた。。。わからんもう脳みそ停止した。。。かわいそうすぎる。。。(とかいいながら牛や豚さんは美味しくいただいているありがちな人)

041_20120730120130.jpg

はい、その牛さんたちは、毎日のモデル業で、みなさんぐったりお疲れでした。

062_20120730120129.jpg

牛とひとくちにいっても、でっかーいタマタマがぶらぶら~~んとさがった、体も巨大で筋肉質な、トロさんたち。マグロの美味しいところじゃなくて、高価なオスの種牛さまさまたち。

069_20120730123322.jpg

コブのある白い変わった牛さんもいました。アルゼンチン北部に多くいるらしい。コブは水と脂肪で、長いこと水を飲まなくても大丈夫なんだって。ラクダ牛?

064_20120730123508.jpg

そして、おなじみの美味しいこの方たちも、ちゃんといましたよ!さぁ、何でしょう!?

066_20120730123508.jpg

そうです、日本が誇る、その名も「WAGYU」でございます!!

スコットランドなんちゃらという羊もいたし、色んな種類がいました。てか、この展示会、19日からはじまってて31日まで続くんですが、その間彼らは、みなこの小さな檻の中で人の目に晒されるのでしょうか?なんかかわいそう、動物虐待。。。動物のみなさんも、お仕事本当にお疲れ様です。。。

家畜の展示されている会場内は、むっと鼻をつくアンモニアの刺激臭が立ちこめていました。目がしみそうなくらい…やはりここに10日間閉じ込められているということか…



アルゼンチンは、農業大国です。カンポあっての、カンポに支えられている国だと思います。しかし、この国にはその昔、相続税がなかったということで(今はあるそうです)、カンポをやっている人たちは、広大な土地を代々増やしていくことができたわけで、お金持ちになるチャンスが大きかった(反面、自然相手の商売だから、失敗して大銭失うチャンスもでかいわけですが)。実際、ラ・ルラルの会場内では、プラダのバッグ持ってウロウロしているアルゼンチンのオバさんなんてはじめて見ました!っていうような富裕層が多くみられた。

ブエノスアイレス市内で、昼間っから公園で子供とのんびりしているような、「人のこと言えないけど、アンタ仕事何?」っていう若めなお父さんとかも、きっと、ブエノス市内からさほど遠くない豊潤な土地にある、立派な、オートメーション化されたカンポのオーナーなんだろうなぁと思ってしまいますが。

今の政府は、カンポにとても厳しい政府なんだそう。要するに嫌われている。何故かと言うと、お金が儲かるから。経済が常にめちゃくちゃな国内に売ると、お金にならないから、良い農業、牧畜製品はどんどん輸出、輸出、に回される。たぶんそういうところがクリスティーナ政権は気に食わないのでしょう、カンポに対しての税金のかけ方や、決め事などがかなり厳しいとよく聞きます。しかし、カンポなくしてアルゼンチンは成り立たない。たくさんの農業と家畜さんたちがあってのアルゼンチン。どうして、抑圧せずに、うまく他とバランスをとる方向性へ持っていかないのか、わたしにとっては大きな疑問です。

以上は、わたしが勝手に思っている自分なりの観点なので、本当は違うのかもしれません。さらにカンポがよくなって、正しく国に還元でき、アルゼンチンがもっともっと素敵で住みやすい国になっていけばいいのになぁと思います。そして全体として栄え、治安も経済もよくなっていけばいいのにな。そのポテンシャルが多いにある国なのに、政治がうまく回らずに悪い方向へ流れてしまう繰り返しが続いているのが、なんとももったいないのです。

都会を通り過ぎたらなんにもない、カンポと、カンポがないところはあとは大自然しかない、のがアルゼンチンのいいところのひとつだと思います。


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

農業な一日 その1

ずっと行ってみたかった2つの場所、今週末やっと果たしてきました。

まずは、Mercado Central de Buenos Aires。メルカドセントラル、ブエノスアイレスの中央卸売市場。同じく行ってみたかった友達数人と連れ立って行ったのですが(運転手は保安官にお任せ…ありがとう保安官!)、もはや遠足状態でわくわくしすぎて前日は興奮してよく眠れず、何度も夜中に「あれ時間まだ!?」と言う感じで目覚める始末。

いやー行ってみたら、想像していたのと比べ物にならないデカさでした。すごい人ごみであることと、物騒といえないこともない人で溢れているので、カメラを出しっぱなしにしている勇気がなく、写真は少ししかとれませんでしたが…まぁさすがにこういう公なところだと大丈夫だとは思うんですが、念には念を入れて。目をつけられて、会場から出た後に狙われるというパターンもあるので。それ以前に、日本人というだけで目立ちますからね。

002_20120730055825.jpg

私たちにとっては、まるでアミューズメントパークのようでした!

004_20120730055827.jpg

かわいいー!って違うし。食べるとはこういうことなんだと、つくづく思わされる風景も。ムダにせず、感謝していただくのが私たち消費者の役目。

006_20120730055826.jpg

とにかく広い。何でもある。初心者の私たちは、とりあえず今回は、野菜を中心に購入しましたが、街で買う値段の半分、物によっては1/3以上安いものもありました。そして、とにかくフレッシュ!小売店の野菜の保存の仕方、流通のシステムそのものがなっていないとしか思えないブエノス、新鮮度は街とは比べ物になりません。

メルカドセントラルは、いわゆる築地で言う、場内市場と、場外市場にわかれているようです。私たちが行ったのは、一般人に小売をしてくれる場外市場の方で、毎日あいているようですが、土曜日が一番盛り上がるみたい。場内の方は、平日の午前中しかやってません。

場内の方は、スーパーや小売店など大口の購入に向けたもので、じゃがいも一袋50キロ!とかで買わないとダメみたい。私たちの行った場外では、だいたいキロ単位で購入できるようになっていました。

日系の方で農業をされている、佐藤農園の方、青木農園の方のスポットもありました!ブエノスの中央市場で、日本語で買い物ができるなんて、何かとても嬉しかったです。佐藤農園の佐藤さんは、確か70歳とおっしゃっていましたが、過去19年っておっしゃったかな?29年だっけな?詳しく覚えていませんが、長きに渡って、毎週土曜日は1度も休むことなく、ここで元気に、オーガニックの新鮮野菜を売り続けていらっしゃるんだそうです。私は、1キロ(6つ)の美しく美味しい柿、12ペソ(約200円)と、今までこんな新鮮なものは見たことない、大きなラディッシュの束と、ルッコラ3束を買いました。ラディッシュとルッコラの値段忘れてしまったけど、5ペソとかくらいだったような…ルッコラ3束で、とかですよ!

099_20120730061823.jpg

しかも、ルッコラ一束でこんなにモサモサと大きいの!マッタク、先週の、カッコつけばかりで、ヘボいオーガニックマーケットはなんだったんだろ!

場外でこれだけ安いんだから、場内だとどうなってしまうんでしょう。。。しかもどれもクオリティの高い野菜たちだし。

そのほかにも、超フレッシュなほうれん草4束で10ペソ、ジャガイモ4キロ10ペソ、レモン2キロで5ペソなどなど…両手に保安官と私2人がかりで持ちきれないほどの野菜とフルーツを買いました。値段の安さと新鮮さも、もちろん魅力なんですが、ディスプレイの美しさとか、果てしなく並んだ野菜のダイナミックさとか、市場の活気とかがもうねー、テンションあがりますー。旅行しているような気分になりました。

お肉も、チーズやパンも売っていたけど、特にお肉はどこも行列で、全部見切れず。生活用品や、洋服などのスタンドもたくさんあり、何から何まで揃う。お魚も、土曜日だけ、小売をする市場が、出るそうですが、野菜などとは別の場所になるようです。こちらも、行列がすごいそうなので、それに耐える忍耐力、それと、早めに行けば行くほどお魚があるようなので、早く行く気力が大事とウェブサイトにありました。

とにかく、インフレで何もかも高い今日この頃。そして、要領が悪いのかなんなのか(レジのお金に触る仕事、というだけで触れない人と比べて賃金を多く払わないといけないからではないか=お金に触れる係りの人が少ない、のが理由じゃないかというのは保安の考え)ブエノスのスーパーの行列といったら、この街の名物といってもいいほどで、それを考えたら、メルカドセントラルに月1くらいで通ってもいいかなと思いました。楽しいし、高速道路に乗っていったら、時間もそれほどかからないし。



知らないと場所がちょっとわかりづらいと思うので、↓ のサイトで予習してから行くといいかと思います。

Guía de Frutas y Verduras del Mercado Central - Al Central

行き方についても、どこでアウトピスタを降りるかなどの細かいポイントがビデオで説明されています。たくさん買い物することになると思うので、帰りが大変かと思いますが、バスで行くこともできます。

既に終了しているようですが、ワールドバザール21という番組のウェブサイトでも詳しくレポートされていました。ただし、これ2004年当時の取材みたいなので、値段が違いすぎてもはや笑える…ちなみに、2012年現在、文中にあるものと比べると、5倍程度の値段になっています。ブエノスがどのくらいインフレーションの激しい場所かよくわかるでしょ。。。

世界の市場紀行 ワールドバザール21 ~国境を越えて~ アルゼンチン中央市場

世界の市場を紹介して回るというテレビ番組のようで、ハイ!その仕事かなりやりたいです!!面接行きます!!とかなり立候補してしまいたくなる番組だなーこれ。

092_20120730061824.jpg

そして憧れのー!連なったニンニクを買いました~!大きなニンニクが25コだか26コだかついていて、40ペソでした(写真はいくつか友達と分け合った後)。昨日さっそく使ってみたけれど、みずみずしく香りが高くてとっても美味しかった。魔よけになりそう(笑)。

さて、午前中はメルカドセントラルに、午後からは芝刈りに…じゃなくて、また別の農業な場所へ行ってきたのですが、長くなるのでそれについてはまた明日。


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

レコレタのショッピングモールにいった話

寒い、寒い、と外に出ないでいると、身も心も実際より余計に寒くなるということに今更ながら気づき、用事のない日でも、1日に1度は必ず外にでるという、20センチくらいの誰でも飛べる低めのハードルでひとまず目標を掲げました。

また寒波がしばらく来ていて、めっきり寒くなったブエノスアイレスですが、昼間はお日様が出ていれば暖かいし、出ていなくても、「寒いのは寒いでまたいいもんだなぁ~」と柄にもないことを思う今日この頃です。

土曜日は、保安官の提案で、Recoleta Mallまでお散歩に行ってきました。歩いているうちに体も暖まります。

114.jpg

レコレタのこのショッピングモールといえば、私がはじめてブエノスに来たときは確か開いていて、デート(?)にいったような覚えがありますが、それ以来、長いこと閉まっていました。去年の9月に(ウェブサイトによれば…もっと最近な気がしてたけどなぁ)改装を終えて(それかオーナーが変わったのか知りませんが)、再オープン。行こう行こうとは思っていたけど、今回初めて行ってきました。

中には思ったより、たくさんお店がありました。3階建てくらいで、お店がぎっしり。外から見ると小さめなので、大きな印象を受けました。レコレタという土地柄か、お店のセレクトも結構センスよさげ。保安官は、

「ほとんど全部アルゼンチンの会社だねー」

と感想をもらしていましたが、そういわれてみれば確かに。まぁ、リーバイスとかラコステとかその辺はありましたが。この頃、アルゼンチンは国として、国内生産に力を入れたり、アルゼンチンペソをもっと安定させようと、様々な政策をもって試みていますが、この、国内のレーベルがショッピングモールに多いことなども何か関係しているのでしょうか?少なくとも悪いことではないと思います。アルゼンチンにも、おしゃれな洋服ブランドなどは、たくさんありますから。品質や値段について語り始めると、話はまた別としても。

私の中でポイント高かったのは、Kitchen Companyっていう、結構レベル高いキッチン用品を置いてる店の店舗があったこと。みてみたら、こちらはどうも、もともとはスペインの会社っぽいですが。

コギレイで素敵なキッチン用品のお店ほど楽しいものはないですねー。じっくり見入ってしまいました。しかも、私たちが、いつも欲しいなーでももうちょっと待とうーとしている高級品(?)、プジョーのペパーミルが置いてあったので更にポイントアップ!プジョーっていうと、車を思い浮かべると思いますが、なんと、超高性能のペパーミルを生産しているのでも有名なのでした。そのうち絶対手に入れるぞ。あっとこれも当たり前ですが、アルゼンチン製品じゃないっすね。

そして…

アルゼンチンのスイス!?バリローチェの有名なチョコレート屋さん、Mamuschka(マムーシュカ)の店舗が入っていました。わーい!めっちゃかわいいお店でした。美味しいって噂だけど、食べたことなかったので、さっそくこれまた高級(!?)チョコレートを10つほど見繕ってお持ち帰り。

160-001.jpg

なんとなく、うちにいたマトリョーシカさんと並べてみました。袋がまたかわいんですわー。ちゃんとBarilocheって書いてあるね。

バリロチェは、私は残念ながらまだ行ったことがないですが、アルゼンチンの南の方(=寒いほう)にある街で、気になる人はググってみるとわかると思いますが、まるでスイスな山に囲まれた美しい、ウィンタースポーツでも有名なところ。

それもそのはず、スイスからの移民が多いんだそうで。スイスからの移民が多かったから、スイスっぽい街になったのか、スイスを思い起こさせる自然がそこにあったから、スイス人が集まってきたのか、鶏と卵の関係はよく私の知るところにありませんが、まーどっちでもいーっしょ!とりあえず、スイス人が美味しいチョコレートをアルゼンチンにも持ってきてくれたんだから!

アルゼンチン=移民の国、がこんなところにも作用してくれて、お陰で世界の色んな美味しいものが食べられてラッキー。

153.jpg

袋がかわいいだけでなく、中身のお味のほうもばっちりとろけるうまさでした。好きな味を選んで量り売りで買えるんだけど、同じ味を2つずつ買って、保安官と仲良くいただきました。

冬はやっぱりチョコレート(も)だね☆


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング

テーマ : アルゼンチン
ジャンル : 海外情報

フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
219位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
4位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。